現在17271個の困ったを解決できます!

2014月11月21日更新

アメリカの秘境アラスカを100%楽しめる観光スポット6つ

228 views

●はじめに



アラスカと聞くと、どんなことを連想しますか?寒い、遠い、エスキモー、オーロラ…大体こんな感じだと思います。これにプラスして、『秘境』と言う人もいるかもしれません。アラスカはアメリカ合衆国の一部ですが、その位置関係などからも、まさにアメリカの秘境と言えるでしょう。


 


アラスカはカナダ、北極海、太平洋と接しており、海上にはベーリング海を隔ててロシアとも国境があります。地図上で見てもわかるように広大な土地であり、アメリカの州の中で最大の面積を誇っています。


そんな広大な土地を有しつつも、人口の約半分がアラスカ最大の都市であるアンカレッジ市やその近郊に住んでいることや人がほとんど住んでいない地域があることからもわかるように、人が住む環境としてはかなり厳しいものとなっています。


ちなみに1867年にアメリカがロシアから買収してアメリカとなりましたが、正式に州となったのは1959年のことです。


 


手つかずの自然や生態系を残した、地球上でも数少ない場所であり、州の愛称はそれにちなんで「The Last Frontier(最後のフロンティア)」となっています。今回はそんな秘境アラスカの観光スポットを、『アメリカの秘境アラスカを100%楽しめる観光スポット6つ』と題して紹介していきたいと思います。


 



●1.ザトウクジラやラッコが見れる?キーナイ・フィヨルド国立公園



アラスカと言えば、迫力のホエールウォッチングが魅力の1つです。このキーナイ・フィヨルド国立公園では、そんなホエールウォッチングのできるクルーズツアーがあり、ザトウクジラやラッコを見ることができます。


 


キーナイ・フィヨルド国立公園にはクルーズの会社が2社あり、ほぼ同様の内容と値段でツアーを行っています。違いと言えば、ランチがついたり、国立公園のレンジャーがついたりするところでしょうか。ここはお好みで決めて良いと思います。


個人的なおススメはレンジャーがつくツアーです。詳しく説明をしてくれるため、ツアーをより楽しむことができます。


 


アンカレッジから日帰りをしようと思うと片道約3時間程かかるために1日潰れることは確実ですが、ザトウクジラを始めとしてトドやアザラシ、ラッコなどの野生生物にたくさん遭遇できるため、おススメ度はかなり高いです。


残念ながら氷河は少なく、どちらかと言うと野生動物の観察を楽しむクルーズとなっています。


運が良ければザトウクジラのジャンプを見ることもできますよ。



Gregory "Slobirdr" Smith


 



●2.歩いて行ける?マタヌスカ氷河



筆者の記憶にはないのですが、数年前にポカリスエットのCMに登場したこともあるというマタヌスカ氷河が続いてのおススメ観光スポットです。近くから見るだけではなく、実際に歩いて氷河へ行くことができます


 


アンカレッジから車を走らせること約2時間30分、広大な山の中にマタヌスカ氷河はあります。入口が私有地ということで、そこで入場料を支払います。トレイルの入口まで行き、車を停めてから30分程歩けば氷河の入口に到着します。


道順がきちんと示されていますので、入口までは安全に行くことができます。


 


もちろん入口より奥に行くこともできますが、自己責任ですので十分な装備をした上で行って下さい。そしてその際はガイドをつけたり、ツアーに参加したりしてください。本格的なトレッキングを楽しむツアーもあるようですので、興味のある人は是非。


 


長さ約43km、幅3.2kmの巨大な氷河は、道路から見てもかなりの存在感を放っています。キラキラと光る巨大な氷河は一見の価値ありです。



Frank Kovalchek


 



●3.感動のマッキンリー!デナリ国立公園



北米大陸最高峰であるマッキンリーのある、デナリ国立公園。今回ご紹介するのは、そのデナリ国立公園の中にあるアイルソン・ビジターセンターです。デナリ国立公園の入口からバスで約4時間の所にビジターセンターはありますが、その途中景色の良い所で何度か休憩があります。


そして、バス乗車中にはグリズリーなどの野生動物と遭遇することも珍しくありません。


 


朝出発してビジターセンターに着くのがお昼、帰ってきたら夕方と1日がかりになってしまいますが、ビジターセンターから見るマッキンリーの迫力は感動ものです。


天気が良ければ綺麗に見えて迫力満天ですが、ビジターセンターのスタッフの方曰く綺麗に見えることは少ないとのことでした。どうやら見えたらラッキーのようです。


 


ビジターセンター内には地域の写真や資料が展示してあり、映像の展示もあるので楽しめると思います。見て回るのに時間はかからないので、さらっと見た後に外でランチをするのがおススメです。


雄大な自然の中で食べるサンドイッチは格別でした。綺麗な景色を楽しめるトレイルもありますので、食後に歩いて周るのも楽しいと思います。



Gregory "Slobirdr" Smith


 



●4.大自然の中で入る温泉は格別!チェナ・ホットスプリングス



アラスカに行くことがあれば是非訪れて頂きたいのがチェナ・ホットスプリングスです。オーロラが見られることで有名なフェアバンクスにある温泉ですが、一帯がホテルリゾート地になっているので、オーロラの季節でなくても楽しめます。


 


温泉の質がとても良く、肌の調子がとても良くなります。入った後はつるつるになるため、一日に何度も温泉を楽しみました。日本の温泉と言えば裸で入るものですが、外国の温泉は水着着用で入ります。イメージ的には熱いプールです。


冬に行くと、体は温かいのに髪の毛が凍るという不思議な体験ができます。筆者もモヒカン~と髪をいじって遊びました。


 


アイスランドのブルーラグーンも大自然の中にあってオーロラを見ることのできる温泉施設として有名ですが、そちらと比べると温泉自体の規模は小さく感じました。ただ、泉質はチェナに分があると思います。それくらいつるつるになるので、特に女性におススメです。



Rosie Rosenberger


 



●5.26ヶ所の氷河を見ることができる!プリンス・ウィリアム湾の氷河クルーズ



アンカレッジから日帰りツアーも出ているのがこのプリンス・ウィリアム湾の氷河クルーズです。約5時間のクルーズですが、クジラやラッコ、湾に住み着いているシャチの家族などに遭遇することができます。


クルーズ中はレンジャーが素敵なガイドをしてくれるため、ずっと楽しめます。もちろん氷河も迫力満天で、全部で26ヶ所の氷河をクルーズ中に観ることができます。


 


ほとんど揺れないので船に弱い人でも大丈夫かなと思います。ただ、心配な方は酔い止めを持って行って下さい。お昼ご飯が付いているクルーズなので食事の心配はありませんが、軽食ですのでお腹いっぱいというわけにはいきません。


氷河の氷でウイスキーを飲むことができますので、お酒が好きな方は是非召し上がってみて下さい。雄大な自然の中で傾けるグラスはなかなか格別です。



dancingnomad3


 



●6.オーロラを見るならやっぱりフェアバンクス!



冬季限定ではありますが、やっぱり見たいオーロラ。それをアラスカで見るならやっぱりフェアバンクスなのです。先程ご紹介したチェナ・ホットスプリングスのあるホテルリゾート地を拠点にする人が多いです。昼間は温泉で楽しみ、夜にオーロラを見に行くのです。


 


チェナのホテルリゾートから歩いてすぐの所にオーロラ観測ポイントがあるため、とっても寒いですが歩く時間は短くて済みます。運が良ければ綺麗なオーロラを見ることができます。


ホテルから見ることもできるようですが、観測ポイントの方がやはり綺麗に見えるそうですので、せっかく行くなら観測ポイントまで行くことをおススメします。



Jason Ahrns


 




●まとめ 



『アメリカの秘境アラスカを100%楽しめる観光スポット6つ』と題して、大自然の宝庫であるアラスカの観光スポットをご紹介してまいりました。ここで紹介した以外にも、アラスカには自然を満喫できる観光スポットがたくさんあります。


時間があれば、トレッキングに参加して、雄大な大自然を全身で感じることをおススメします。夏の時期は花が咲いていてとても綺麗なので目でも楽しむことができます。


 


アラスカは自然を楽しむ所ですが、想像している以上の自然があなたを迎えてくれること間違いなしです。是非一度、「秘境」アラスカを訪れてみてください。きっとその魅力にはまってしまいますよ。

2014年11月21日

written

by tabisapo


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop