現在17271個の困ったを解決できます!

2014月11月28日更新

カナダへ移民が増えている?カナダの移民問題について

1358 views

 移民のハードル




日本は移民を簡単に受け入れる国ではおりません。対照的に、カナダでは多くの移民を受け入れています。
理由の一つとして、良い人材を海外に取られているという問題があり、人材が足りないので移民で受け入れて、その人たちに活躍してもらうように期待して受け入れています。移民になるには、政府が設けている条件をポイント化され、言語のレベルや、受けてきた教育、職業経験などで67点以上必要になります。


 


1番良いのは、カナダで教育を受けている事です。良い人材の中の仕事に、医療関係があります。医者や看護師もカナダでの資格が必要となりますので、カナダで教育を受け、医療関係で働く事は国としては大変有り難いことです。


 


移民の中にも医者や看護師の資格を自分の国で持っている人はいますが、カナダで再度試験を受ける必要があるので、移民してもタクシードライバーなどで生計を立てています。医療の現場の人不足は深刻ですが、移民の良い人材が入ってきても直ぐに働く事が出来ない点は、課題となっています。高い英語力が必要になりますが、折角なので移民してからも医療関係で働いてほしいですね。


 


カナダは土地は広いのですが、仕事が沢山あるわけではありません。
そのため、移民が安定した職につけるかどうかもカナダ政府としては大事なポイントです。




富裕層の中華系移民




様々な国からの移民がいますが、
移民のほとんどは中国系の富裕層の移民です。移民の割合を見ても、80%は中国系です。彼らは、現地で自分たちで仕事を作り商売をするので、良い人材でカナダのために働いて欲しいカナダ政府としては、趣旨からずれているという見解のようです。また、あまりにも中国系の人が多いため、看板も中国語で書かれることもあり、英語とフランス語を公用語としている国民はあまりよく思ってない人もいます。


 


富裕層の中国人達は、家を借りてもそこに住んでない事があるようで、そこに住みたい人たちが入居出来ないなどの問題があります。富裕層なのでそのようなことができるのでしょう。羨ましい限りです。
移民をするということは、新しい国に適応していく必要があると思います。


 


しかし、中国系の移民は中国の文化をそのまま取り入れてしまう人が多いようで、そのため現地の人と衝突する事もあるようです。
筆者が見たトロントのチャイナタウンは、中国を感じる事ができ、カナダにいるという感じがしませんでした。
中国語が飛び交い、看板も中国語のものばかりです。街の雰囲気が一気に変わります。本格的な中華料理も楽しめると思います。


 


バスを乗る時、皆さんは列に並ぶと思いますが中国ではそのような習慣はないようで、割り込みなどは当たり前のようです。それを見ていたバス乗り場の職員は、注意していました。


文化の違いですが、カナダという国がどんな国かという事に慣れない人もいるようです。お互いに認めながら、生活出来たらいいですね。

2014年11月28日

written

by tabisapo


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop