現在17271個の困ったを解決できます!

2014月11月28日更新

時差や物価もこれで完璧!オーストラリア旅行の前に知っておきたい基本情報まとめ

0 views

 初めてのオーストラリア旅行は分からないことがいっぱいで不安だらけ。今回は、「行く前にこれだけは!」という基本情報をまとめてお伝えします。



これがないと始まらない!パスポートとビザ



 当たり前ですが、海外旅行にパスポートは必須。それに加え、オーストラリアでは、観光でもビザが必要になります。オーストラリアの観光ビザはETAと呼ばれる電子ビザで、オンラインで申請します。パスポートにシールを貼ったりする必要はありません


 



オーストラリアは国内でも時差がある



 オーストラリア本土は3つのタイムゾーンに分かれており、州をまたいで旅行する時は注意が必要です。また、オーストラリアには「夏時間」がありますが、実施していない州もあります


夏時間は10月の第一日曜日に始まり、4月の第一日曜日に終わります。夏時間でない期間の日本との時差は、シドニー・メルボルン・ブリスベンなどの東部は+1時間、アデレード・ダーウィンなどの中部は+30分、パースなどの西部は-1時間となっています。


現在夏時間を実施していない州(クイーンズランド州・ノーザンテリトリー・西オーストラリア州)も今後変更する可能性もありますので、最新情報をチェックすることをお勧めします。


 



通常のタイムゾーン



※日本は+9です。



WonderWhy


 



夏時間のタイムゾーン




WonderWhy


 



オーストラリアの物価は意外と高い



  近年の円安傾向とオーストラリアのインフレの影響で、オーストラリアの物価は、ズバリ、「高い」です。オーストラリアの消費税は10%で、通常、表示価格に含まれているため、なおさら高く感じるかもしれません。


都市によっても差があり、日本人に人気がある都市は比較高めになっています。ですが、せっかくの旅行ですので、賢く両替する、無駄な出費を抑えるなど工夫をして、十分に楽しみましょう。



入国の時は気をつけて!とっても厳しい検疫



 オーストラリアは検疫が非常に厳しいです。中には「こんなものまで!?」と思うものも。基本的に、食品・植物・動物製品・薬は持ち込み不可です。ただし、申告すれば持ち込みOKなものや、粉ミルクなど例外もあります。


自己判断はせず、迷ったらとりあえず申告(入国カードに「Yes」と記入)してください。申告漏れや申告忘れは高~い罰金が待っています。




オーストラリアのお金事情あれこれ



 オーストラリアの通貨単位はオーストラリアドルオーストラリアセント。オーストラリア国内では「$」「¢」と表示されます。1セントコインはなく、端数は切り上げ、もしくは切り捨てされます。一般的に、オーストラリアではチップは必要ありません


大きな額のお札は拒否されることもあるので、小額の現金を用意しておきましょう。


特に、$100札を持ち歩くのは「旅行者(オーストラリア初心者)ですよ」と言っているようなもの。スリなどに狙われる危険が高くなります。両替の際は、小さい額のお札で替えてもらうか、$100札は早めに崩してしまったほうがいいでしょう。


 


joshua aaron



Nuno Cardoso


 


 


 以上、事前に知っておいたほうがいいことをまとめてお伝えしました。しっかり準備して、楽しいオーストラリア旅行にしてくださいね。


 


 


 


 


 

2014年11月28日

written

by tabisapo


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop