現在17271個の困ったを解決できます!

2014月11月21日更新

初めてのフィリピンならここ!定番観光スポット7選

137 views

フィリピンと言えばやっぱりショッピングと美しいビーチ!!


でもそれだけではないフィリピンの定番観光スポットをご紹介します。


  



イントラムロス



 


出典


 


イントラムロスとは16世紀のスペイン統治時代に建設された城壁のことです。スペイン語ではそのまま「壁に囲まれた街」


マニラの旧市街で、観光の中心地になります。


古い城壁の中には歴史的な建造物が多く、マニラ大聖堂やサン・アグスティン教会、サンディエゴ:ガーデン、サンチャゴ要塞などノスタルジックな雰囲気を味わえます。


またイントラムロスの周りにはゴルフコースがあり、城壁から一望できます。古き良き時代の街を眺めながらゴルフを楽しむのもオススメです!!


 


 



チョコレート・ヒル



 


出典


 


チョコレート・ヒルとは、ボホール島のほぼ中央にある高さ30mから50mほどの円錐形の可愛い山が集まった場所です。


チョコレートの名前は、乾季になると山々の植物が茶色に枯れてチョコレート色になるからです!!


何故こんな地形になったかははっきりとした定説がありませんが、山はサンゴ礁から出来た石灰岩がほとんどだそうです。元は海だったのかも!?


どこまでも続くチョコレート色のこんもりした山を見るために、毎年たくさんの観光客が訪れる人気の観光スポットです!!


 


 



グロリエッタ&グリーンベルト



 


出典


 


メトロマニラのマカティ市にある巨大ショッピングモールです。この辺りは高級ホテルや美術館などが徒歩圏内にあり、マニラで最も便利で洗練されています。


マニラで買い物をしたい方はぜひ行ってほしいエリアです!!


グロリエッタとグリーンベルトは歩道橋でつながっていて、車道に出ること無く行き来できるので家族連れでも安全!!


服飾中心ならグロリエッタ、食事や服飾以外のショップを楽しみたいならグリーンベルトがオススメです。


グリーンベルトには公園もあり、人波に疲れたら休憩ができるのが嬉しいポイント。


 


 



マラカニアン宮殿



 


出典


 


マルコス元大統領の追放劇で有名になりましたが、元は18世紀に造られたスペイン貴族の離宮です。


1863年に大地震によりイントラムロスに大きな被害が出たため、キアポ地区にあるこの離宮に総督邸が移されました


現在は一般公開されておらず、外観のみの見学となっています。ただし申し込みをすれば有料で内部の見学ができます。


 


 



ココナッツパレス



 


出典


 


1981年にローマ法王を迎えるための迎賓館として建てられました。


ココナッツパレスは名前のとおり、建物はもちろんテーブルやシャンデリアまでココナッツを素材に作られています。


ココナッツの材料、貝殻や珊瑚、大理石なども全てフィリピンの素材で作られているこだわりよう!!


現在は副大統領の公邸として使用されているため、見学は事前に許可が必要になることがあるので注意。


 


 



タール湖



 


出典


 


タール湖はマニラから南へ約70㎞の場所にあり、日帰りの観光コースとして観光客に人気のスポットです。


水深172m、フィリピンで一番深い湖です。ここではティラピアという魚の養殖が盛んで、近くの街には美味しいレストランがあります。


タール湖の真ん中には、世界一小さなタール火山があります。標高300mの可愛いサイズの活火山です。


火山へはボートで渡ることができます!!


所要時間は30分ほど。近くのホテルでボートのチャーターを受け付けています。


 


 




ラプ=ラプ像とマゼラン記念碑



 


出典


 


セブ島と2本の橋でつながるマクタン島。


ホテルが立ち並ぶマクタン島は、フィリピン随一のリゾートエリアです。


ラプ=ラプは、マクタン島の酋長でした。


そしてかつてマゼランがセブ島でキリスト教化を行い、マクタン島へも布教を広げようとした時、ラプ=ラプはマゼランと戦い勝利します。


それを記念して、ラプ=ラプの像とマゼラン記念碑が建てられました。


 


 


いかがでしたか。歴史や買い物、リゾートエリアなど盛りだくさんのフィリピンの旅を楽しんでみませんか。

2014年11月21日

written

by tabisapo


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop