現在17271個の困ったを解決できます!

2015月1月14日更新

歴史ある美しい街ドブロブニクの絶景ポイントまとめ

645 views

●はじめに



別名『アドリア海の真珠』と呼ばれるクロアチアの街の名前をご存知ですか?近年日本でも人気の観光地となっておりますので、ご存知の方も多いかと思います。そう、その街の名前はドブロブニクです。日本人には少し言いにくい街の名前ですが、一度聞いたら忘れない名前でしょう。


 


1979年に世界遺産に登録されてからと言うもの、観光客が一層増えたようです。また、日本人にはお馴染みの宮崎駿アニメである「魔女の宅急便」に出てくる街のモデルになったり、同じく宮崎アニメの「紅の豚」の舞台になったことでもよく知られています。


 


アドリアン・ブルーと呼ばれる美しい青い海と、眩しいオレンジ色をした屋根の家々…。高台から見るその景色は絶景と言って良いでしょう。ドブロブニクの別名である『アドリア海の真珠』とは、この美しいアドリア海に浮かぶオレンジ色の屋根のことを真珠と比喩しているのです。高台から見ると、まさにその通りに見えます。実はヨーロッパには「○○の真珠」と呼ばれる場所は多く存在しています。ですが、このドブロブニクは特に美しく、真珠という言葉がぴったりな場所は他にはないとも言われています。


 


そんなドブロブニクの街には絶景ポイントが多く存在します。今回はそんな絶景ポイントを『歴史ある美しい街ドブロブニクの絶景ポイントまとめ』と題してご紹介していきたいと思います。ドブロブニクの街歩きの参考になれば幸いです。それでは、どうぞ!



Vladimir Tkalčić


 



●ドブロブニクとは?



まず最初にドブロブニクについて簡単に説明していきましょう。ドブロブニクはクロアチアの都市であり、その位置はアドリア海に面した所にあります。アドリア海沿岸の都市は景観が美しいことでよく知られているのですが、このドブロブニクはその中でも傑出した景観であると評されることが多い都市です。


 


古くから海洋貿易で栄えた街であり、現在では多くのクルーズ船が寄港するなど、人々が生活や暮らしを送る街は海と密接に繋がっています。歴史的に見ると、現在のクロアチアになるまでに様々な国によって統治されてきた場所であり、複雑な歴史背景を持つ街です。


 


そのような時代を経験し、1991年には街の約70%が破壊されるという事態にまで陥りましたが、世界中からボランティアが集まり、街は修復されました。現在はその修復後の状態ではありますが、屋根や彫刻、レリーフなどはまったく同じ素材によって再建されていますので、元の状態に近いと言えるでしょう。


 


日本からドブロブニクへ行くには、複数の方法があります。まずは、日本からドブロブニク国際空港へ行く方法ですが、こちらの場合は一度EU圏のどこかでトランジットし、ドブロブニク国際空港へ行くことができます。ルフトハンザ航空や、時期によってはフィンエアーも飛行機を飛ばしているようです。


 


その他の方法としては、日本からザグレブまで飛び、ザグレブから長距離バスに乗るという方法があります。こちらは日本からザグレブということで、飛行機を飛ばしている会社も多く、少しお安めのチケットも販売されているため、長時間のバス移動に耐えられるのであれば、こちらも良いかと思います。


 


残念ながらクロアチアの各都市とドブロブニクは鉄道では繋がれていないため、その点には注意して下さい。また、市内を移動する際にはタクシーか路線バスでの移動となります。



Justin Swan


 



●写真を撮るならここ!ドブロブニクの絶景ポイント



ドブロブニクと言えば、忘れてはいけないのが『アドリア海の真珠』を眺めることができる絶景ポイントです。旧市街には、そんな絶景ポイントと呼ばれる場所がいくつか存在しています。こちらでは、その有名な絶景ポイントについてまとめてご紹介していきたいと思います。


 


まずご紹介したいのは一番有名な絶景ポイントである、スルジ山です。こちらへはロープウェーで行くことができます。ロープウェーは運行時間が決まっており、しかも季節によって運行時間が異なりますので注意が必要です。夏場は深夜まで運行しているので、昼間の景色と合わせて夜景も楽しんでみてはいかがでしょうか。


 


ロープウェーの料金は往復で94クーナ、日本円に換算すると1600円から1700円程になります。高いですが、せっかく行くなら乗った方が良いです。約4分弱の空の旅ですが、その間の景色もとても素敵です。


 


だんだんと小さくなっていくオレンジ色の屋根が光に照らされてキラキラと輝く様は感動的です。ちなみに展望台から見る景色はもっと感動的で絶景です。展望台にはカフェ・レストランもあるので、お茶や食事を頂きながら『アドリア海の真珠』を楽しんでみてはいかがでしょうか?


 


さて、ロープウェーですが、行きだけロープウェーを使い、帰りは徒歩で降りるという方法を取る人もいるようです。徒歩で降りながら、絶景ポイントを探すのだとか。登山道もあるのですが、道はそこだけではないので好きな角度等を考慮して探してみると良いかと思います。展望台と違い、あまり人はいない(というか、いない)ので『アドリア海の真珠』を独り占めすることができるようです。ただ、当たり前ですが登山道を歩くのは疲れますのでその点だけ注意して下さい。


 


続いてご紹介する絶景ポイントは、ロープウェー乗り場から東へ300mくらい上がった所辺りです。基本的にロープウェー乗り場の東側は角度的に綺麗な景色が見えるようで、旅行会社のパンフレットなどの写真は、やはり東側から撮られているような物もいくつかありました。また、プロチェ門から15~20分くらいの位置にある所が道路や木の映り込みも少なく絶景を楽しむことができるようですので、探してみるのも良いかもしれません。


 


また、城壁やロブリイェナツ要塞から見る景色も美しいとされています。が、こちらからだと少し高さが足りないかな…という感じがします。やはり、一望できるという意味ではある程度の高さから見下ろすことのできる場所が絶景ポイントだと思います。


 


もちろん、低い所から見ても美しいですが、せっかく登れる高い所があるのなら、そちらから見て頂きたいと思います。ただ、城壁や要塞はお散歩コースとして周囲にいろいろなお店もあって絶景以外の楽しみ方もできるので、そちらはそちらで訪れて頂ければと思います。



Mike McHolm


 




●まとめ



『歴史ある美しい街ドブロブニクの絶景ポイントまとめ』としてドブロブニクの美しい街を眺めることのできる絶景ポイントについてご紹介してまいりましたが、いかがでしたでしょうか?街を歩きながらふっと見た景色が絶景のことも多々ある街ですので、自分だけの絶景を探してみるのも良いかもしれません。


 


今回ご紹介したロープウェー乗り場の東側ではなく、西側にも良いポイントもあるとは思います。ただ、西側からだと結構離れた所から見た方が綺麗なのではないかと感じました。そして昼間の景色も素敵ですが、夜もなかなか素敵なのでそちらもおススメです。


 


また、ドブロブニクのホテルはほとんどが眺めの良い位置に建っており、ホテルからの景色も美しいのではないかと思います。宿泊するホテルを決める際は、そういったことも考慮して決めてみるのも良いかもしれません。是非、あなただけの絶景を見つけてみて下さい。それでは、良い旅を!



Marjan Lazarevski

2015年1月14日

written

by tabisapo


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop