現在17274個の困ったを解決できます!

2016月11月2日更新

一度は乗ってみたい!憧れのシベリア鉄道の運賃&乗り方ガイド

20021 views

鉄道での旅行にすごく憧れています。シベリア鉄道には是非乗ってみたいのですが、乗り方って難しいのでしょうか?(大学3年生・男性)

Martha de Jong-Lantink




 シベリア鉄道は、ロシアの東西を繋ぐ全長は9,297kmの世界最長の鉄道です。アジアとヨーロッパを繋ぐ交通として、空路を除くと最速の移動手段となります。
 
 氷点下50℃を記録する地域を走る路線のため、使用される列車は耐寒仕様だったり、石炭ストーブが設置されている等、ここでしか体験できない驚きの要素のある車両も。





シベリア鉄道の特徴




Martha de Jong-Lantink




 ロシアを東西に貫くシベリア鉄道には、2種類あります。一般的に"シベリア鉄道"と広義で言われている路線と、第二シベリア鉄道と称されるバイカル・アムール鉄道、バム鉄道の路線があります。




 長距離列車であるため、寝台車を利用する事になります。一番ポピュラーなロシア号はモスクワ・ヤロスラヴリ駅(ウラジーミル駅経由)~ウラジオストク駅と、モスクワ・ヤロスラヴリ駅(モンゴル経由)~北京駅の2経路があり、それぞれどちらを利用してもモスクワ行きの上り列車は6泊7日です(下り列車は+1日)。





 ロシア号と同じ車両にとりあえず乗ってみたい、というのであれば、オケアン号がハバロフスク駅~ウラジオストク駅の区間列車で、1泊2日です。





 基本的に乗車方法は日本と同じで、チケットを買い、チケットを見せて改札を通り、自分の寝台に行く、という流れです。





 客室の等級は3種類で、





・ソフトクラス




 (日本の寝台列車のA寝台のイメージ:定員2名のコンパートメント)





・ハードクラス




(日本の寝台列車のB寝台のイメージ:定員4名のコンパートメント)





・ツーリストクラス




(コンパートメントではない開放型の3段寝台)





となっています。




 日本の寝台車両の場合と同様に、定員2名のコンパートメントを一人で使用する場合は、2名分の料金がかかります。もし1名でソフトクラスを予約した場合、同じように1名でソフトクラスを予約した人と相部屋となります。
 この相部屋になるルームメイトが同性ではない場合があるので(男女の区別がされない)、注意が必要です。





 また、シベリア鉄道は生活のための鉄道でもあるため、沿線の住民が使用しています。
 同室になる可能性があるのは、ロシア人、モンゴル人、中国人、外国人観光客といった感じで、バラエティに富みます。





 シベリア鉄道の列車内のトイレに備えつけられているトイレットペーパーは日本のものと比べると品質が悪く、またそのまま流す事ができません。使用済みのものを捨てるゴミ箱が別途設けられているので、そちらに捨てる事になります。
 その紙はわら半紙のように硬いので、気になる方はトイレットペーパーを準備しておく事をお勧めします。






シベリア鉄道での旅予算




 ロシアは物価の変動が激しく、それに関連して料金も変わるため、予約直前に料金を調べる必要があります。また最近は、シーズナリティでの追加料金変動も発生するようになっています。





 寝台用のシーツが別料金となっている路線もあります。そのような路線の場合は、30ルーブル程度を利用する車両の担当車掌に支払い、シーツを受け取る事になります。
 ロシア号ではシーツと枕の入った袋が配られますので、別途の料金は必要ありません。





Garrett Ziegler




 
 食堂車が連結されていますが、長距離の移動の間に食材の補給がないため、売り切れると閉鎖する事があります。料金はきちんとした食事だと、1食で500ルーブルほど(日本円で2~3千円)かかります。簡単な食事であれば、日本円で500円程度のものもあるようですが、値段の割にはおいしいという評価はあまりないようです。




 US$での支払いも可能です。なお路線によっては、食堂車の利用料金が込みになっている場合があります。




Garrett Ziegler




 停車駅では、連結・切り離し・車両点検・給水などで十数分から数時間停車する事があり、その際に一時下車が可能で、買い物や地元レストランで食事をする事も可能ですので、食事代を予算としてあらかじめ用意しておくといいでしょう。
 駅のホームで売り子さんが、日本の駅弁販売のようにピロシキなどを販売している場合もあります。





 駅で下車する場合は、やや治安が悪いという事を頭に入れて行動してください。





 給湯室はいつでも無料で利用可能なので、お湯で作れるインスタント食品やコーヒーなどを持ち込むのもいいでしょう。






チケットの購入方法




Garrett Ziegler




 チケットの購入は、ロシアではビザが必須ですので、その申請とあわせ、旅行業者に手配してもらうのが一番手軽で確実です。
 特にビザの発給は、旅行業者を経由しないと許可が下りにくいため(バウチャー・システム*旅行日程の確定と、ホテルと交通機関の全ての手配が完了している証明をもってビザを発給する)、ロシアは今なお個人でのビザ発給の敷居が高い国ですので、よほどのこだわりがない限り、旅行会社に相談するのがベストな選択と言えるでしょう。





 個人でチケットを手配する場合は、ホテルの手配や往復の交通手段を手配したのち、ビザを申請する必要があります。




 ビザをすでに取得している場合は、チケットを日本で列車の手配をするのと同じ感覚で、現地の駅の窓口で購入できます。現地購入は空席がないと購入できない事があるので、事前に日本で手配した方が安全です。
 Webで購入したチケットは、e-チケットとして発給されるので、プリンターで印刷した物をそのままチケットとして利用できます。最近は飛行機でよく使われているシステムですが、シベリア鉄道でも導入されています。





 なおシベリア鉄道は経由地として、同じくビザが必要な中国、モンゴルも含まれまれますが、シベリア鉄道に乗車する場合は滞在日数が短いため、ビザ免除期間内に各国を通過できるので、それぞれの国の国内情勢が大きく変わらない限りは考えなくても大丈夫です。





 チケットは乗車日の45日前から発売されます。





 料金はソフトクラスで12万円~、ハードクラスで7万円~ で、季節別の料金変動があります。





 旅行会社のパッケージツアーを利用すると、ビザの申請手続きなどを含め、ハードクラスで最低でも15万円~ となるようです。中国までの飛行機代が込みとしても割高ではありますが、トラブルなく目的の列車に乗るためには、現在はまだツアーの利用が現実的といえます。
 





 また長距離移動ならではの事故やトラブルが発生した場合、旅行業者が手配していた場合は、条件によっては補償が受けられたり、旅行会社現地法人のサポートを受けられるので安心です。






まとめ




Martha de Jong-Lantink




 シベリア鉄道の利用は、一人旅でもトラブルが少なく、かつてない体験が出来るとして、昨今は観光客の利用も増えてきました。特に日本からは夏休みの利用が多いようです。





 生活列車としての雑然とした雰囲気は薄れつつありますが、同室になった人との交流なども、大変思い出深い物になるでしょう。



2016年11月2日

written

by tabisapo


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

海外・留学記事ランキング

pagetop