現在17271個の困ったを解決できます!

2014月11月28日更新

知っておこう!バリ島の治安と気をつけたいこと

5709 views

 バリ島はインドネシアの中でも観光業が盛んで、日本人も多く訪れていることから


治安がいい、なんて話も聞きますがやはりそこは海外。


自分の身は自分で守るという意識が大切です。


 


治安の現状を知っているだけで気をつけられることも多いのです。


 


 



男女関係に注意が必要



 


 Oliver Hoffmann


女性は特に夜間の外出は出来るだけ避けましょう。ジゴロにも気をつけて下さい。


 


ジゴロとは簡単に言うと旅行者をナンパしていい仲になって金品を貢がせる男性のことを指します。


 


個人手配したガイドや、正規タクシーでないタクシー運転手、


チャーター車の運転手などが結果ジゴロだったという話もありますし、


お金をぼったくられた、お金を多めに請求され、強引に支払わされた。


という話もあります。


 


他にもローカルな市場(パサール)だけでなく、スーパーマーケットでも、所構わず


女性に声を掛けてくる地元の男性が結構います。


 


かわいいね付き合ってなどと日本語で話しかけてくるのでつい振り向いたり


目をやってしまったりしますが、それ以上の態度をみせると近寄ってきたり


仲間が増えて囲まれたりしますからご注意下さい。


 


最近は日本人の男性が現地の女性にダマされるケースもあるようなので


お酒の飲み過ぎや貴重品の持ち歩きにはくれぐれも注意して下さい。


 


 



旅行者狙いの売りつけ




 Ronald Tan


バリ島の人々は親日家が多く、日本人に気さくに声を掛けてきます。


それは嬉しいことですが、お店の方や、タクシーの運転手、ビーチでの物売りなど


しつこく声を掛けてくる人たちも結構います。


 


日本人は愛想良くしてしまう人が多いのでバリ島の人達も買ってくれるかも?と


期待をします。でも結局買わないとなると怒り出したり、大声を上げたりするので


注意が必要です。


 


必要無いときははっきり断りましょう。


 


 



連絡先の交換はしない




 Master OSM 2011


現地の人と少し仲良くなると、海外の友達が出来た!なんて気分が高まる気持ちも分かります。


ですが、いい人ばかりとは限りません。


 


海外はどの国でもそうですが、特にバリ島には日本人が大好きアピールを


してくる人が多く、こちらも気持ちを許してしまう環境があります。


 


電話番号や住所はもちろん、facebookの友達に追加してしまうことも場合によっては


危険なんです。安易に人と繋がる環境があるとついしてしまいがちですが、


少し考えて見て下さい。


 


IDやPWを盗まれたら?GPSで自分の行動を見られているとしたら?


 


ちょっと考えれば凄く恐いことですよね。


 


 



値段交渉をきっちり行う




 Marco Wessel


スーパーなど、値段が付いている場所ではあまり気にしなくて良いですが


市場(パサール)などでの値段交渉には気をつけて下さい。


 


あまりにも高い金額を言ってくるので興味の無いものならスルーしましょう。


少しでも足を止めてしまうと安くするからと店の中へ誘導されます。


 


あまり交渉が長引くと隣のお店の人まで出てきて何で買わないのか?


これだけ商品を出したり触ったりして買わないのか?と声を荒げて言ってきます。


その迫力に負けて買ってしまった。という失敗談もあるくらい


値段交渉でのトラブルは多いのです。


 


これくらいの値段なら買えるという値段設定を自分の中で決めた上で


交渉に臨んだり、迷いそうな商品は目星だけ付けてお店の前では悩まないなど


自身で工夫して下さい。


 


 



地域によって治安が違う




 Tanti Ruwani


 


バリ島の中でもヌサドゥアは観光開発特区で、高級リゾート地という感じの場所です。


インドネシア政府が観光目的で開発した土地なので、


それなりのホテルやお店ばかりのため治安が良いです。


 


ヌサドゥアに続いて、サヌールジンバランが治安の面で安心な場所です。


 


逆に繁華街のクタは街を見ても分かりますがごちゃごちゃしていて車やバイクも激しく走り


ひったくりや危険ドラッグなど身近に感じる地域です。


バリ島らしいローカル雰囲気はありますが、深入りしないように注意が必要な地域です。


 


 




最後に



バリ島は神々の島なので、普通に観光していれば平和なのです。


ですが、実際に邦人女性の殺人があったり、ぼったくりやひったくりがあるのもまた事実。


警戒するに越したことはありません。


 


その上でバリ島の旅行が素敵な思い出になるように楽しんで下さい。

2014年11月28日

written

by tabisapo


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop