現在17271個の困ったを解決できます!

2015月1月14日更新

絶対に見逃せない!アテネの歴史ある有名観光スポット厳選5つ

233 views

●はじめに



紀元前から現在に至るまで遺り、存在している古代遺跡。それは歴史とロマンを感じさせる物として、いつの時代も人々の興味の対象となっていました。そんな遺跡が多く残っていることで有名な場所と言えば、そう、ギリシャのアテネです。アテネには世界史に出てくる古代ギリシャの遺跡が今なお多く遺されています。そして、その遺跡を見に世界中から人々がやって来る場所となっています。


 


筆者自身も古代の遺跡に造詣が深いわけではありませんでした。ただ、何となく興味があったからです。それでも実際に行ってみたらその不思議な魅力にとりつかれ、結局ほとんどの遺跡を見に出かけてしまいました。造詣が深くなくても、ロマンを感じると人は惹かれるものなのだとその時気付き、世界中から多くの人々が古代遺跡を見に来る理由が何となくわかった気がしました。


 


ギリシャのアテネと言えば、古代ギリシャの遺跡が今なお、観光できる形で多く存在していることで有名です。それこそ世界史の授業に出てくるような建物が多数あり、街全体に遺跡が点在しています。そしてその遺跡はどれも、有名観光スポットとして知られています。今回は、そんなアテネの有名な観光スポットを『絶対に見逃せない!アテネの歴史ある有名観光スポット厳選5つ』と題してご紹介してまいります。それでは、どうぞ!


 



●1.アーチが美しい、アドリアノス門



アテネの大通りであるアマリアス大通りに面しているため、アテネを訪れた場合は必ず目にする位置にあるのがこのアドリアノス門です。思ったより薄く、よく壊れずに現存しているなぁと多くの人は思うようです。現に筆者もそう思いました。場所としては、アクロポリスの丘の東南、新アクロポリス博物館からシンタグマ広場の方向に歩いていくと見えてきます。そしてアマリアス大通りの終点の位置にあるため、わかりやすい場所と言えるでしょう。


 


観光地!という感じで目立つ存在のわけではなく、道を歩いていたら突然現れます。それくらい街に溶け込んでいるのですが、2世紀から建っていて、その頃の人達もこの門をくぐっていたんだ…と思うと鳥肌が立ちます。実際にくぐることもできるのですが、そんなことを思いながらくぐると何だかドキドキしてしまいます。


 


このアドリアノス門と言えば、そのアーチの向こうに見える景色で有名です。ご存知の人も多いと思いますが、このアドリアノス門のアーチの向こうにはパルテノン神殿が見えます。ですので、アーチ越しに見えるパルテノン神殿を写真に収めよう!という人が結構います。アングルを工夫すれば写真でもかなり綺麗にパルテノン神殿が収まります。


 


この門自体は近くにあるゼウス神殿の入口となる門なのですが、特に入場料を取られるわけでもなく、街の景観に溶け込んでいます。門の彫刻は結構細かく、しかも綺麗に残っているため、何かの観光のついでに訪れてみると良いでしょう。



Sean Dwyer


 



●2.今でも現役!イロド・アティコス音楽堂



アクロポリスにある、2世紀に建てられた音楽堂です。その後修復されながらも現存している歴史ある遺跡なのですが、実は今でも現役の音楽堂であり、コンサートやリサイタル、古代劇やバレエ、オペラなどが開かれています。それらを観賞する際にしか中には入れないのですが、外側からも見ることができます。と、言うのも、アクロポリスの丘に登って行く坂道にあるため、パルテノン神殿に行く途中に見ることができるのです。


 


キャパは約5000人と大きく、半円形で自然の地形を利用して建てられています。現在は屋根のない屋外音楽堂ですが、当時は屋根があったそうです。屋根のある姿はどんな感じだったのだろう?と興味が湧きます。リハーサルの音などが聞こえてくることもあるのですが、エコーが良い感じに聞こえてきて素敵でした。


 


ここで音楽や演劇を観賞したい!という人は、チケットを入手しましょう。現地で購入することができます。ただ、こちらで行われる演目はとても人気があるものが多く、チケットを取るのは至難の業のようです。ですが、古代から現代まで生き続けている音楽堂ですので、機会があるのなら是非観賞して頂きたいと思います。古代の人々もこうやって音楽を楽しんだのかなと思いながら観賞すると、また一味違った感動がありますよ。



_skynet


 



●3.ギリシャの宝物が集合!国立考古学博物館



古代史や遺跡に興味のない人にも是非行ってもらいたいのが、これから紹介する国立考古学博物館です。こちらにはギリシャの宝物とも言えるであろう、遺跡から発掘された物などの超貴重な物が展示されています。その展示物の量はとても多いため、古代史や遺跡に興味のある人にとってはいくら時間があっても足りない!と言える場所でしょう。


 


何も予習せずに行っても十分楽しめる展示内容となっていますが、せっかく行くのなら、一通りギリシャの地理や歴史的背景などを簡単に予習して行くことをおススメします。そうすることにより、より深い楽しみ方ができます。出土場所なども表示されているので、「あぁ、あの遺跡で発掘されたんだな…」なんて思いながら見て回ることができます。撮影もOKですが、フラッシュ撮影はNGなので注意して下さい。


 


少し疲れたら、中庭にあるカフェで一休みしましょう。出土品に囲まれながら飲むコーヒーはなかなか良いものです。オシャレな雰囲気のカフェですので、ゆっくりと思いを馳せるのにぴったりです。また、ミュージアム・ショップも博物館巡りの際は外せないものですが、こちらのミュージアム・ショップは早く閉まりますので、見たい人は早めに覗いておいた方が良いでしょう。


 


ちなみに、こちらの博物館まで行く際は最寄のオモニア駅ではなくヴィクトリア駅から行きましょう。何故なら、オモニア広場は少し危険だからです。海外旅行の際は、自分のホームではないのでできるだけ危険なことは避けるようにした方が無難です。ですのでヴィクトリア駅から歩くのをおススメします。



Martin Beek


 



●4.優美さ漂うエレクティオン



ギリシャと言えば、パルテノン神殿!のパルテノン神殿とセットで見て頂きたい遺跡です。場所も近いので、合わせて見ることをおススメします。紀元前408年頃に建てられ、その後焼失してしまったり壊れたり修復されたり…の繰り返しで現在に至ります。


 


パルテノン神殿と比較して評されることの多いエレクティオンですが、実際に見てみるとそれがよくわかります。パルテノン神殿の柱の太さには男性的な雰囲気を感じますが、こちらのエレクティオンの柱からは女性らしい優美な雰囲気を感じ取ることができます。実際に、その柱の彫刻は少女像です。そういった点からも、セットで見た方が良いと思います。場所もパルテノン神殿の左側に位置しているのでわかりやすく、行きやすいです。


 


エレクティオンと言えば、カリアティディスと呼ばれる6人の少女像が支柱として建物を支えていることで有名です。その少女像はちょうど入口のポーチに建っています。そして、現在のエレクティオンの少女像はレプリカです。オリジナルは新アクロポリス博物館にありますので、こちらも合わせて見て下さい。レプリカと言えど、エレクティオンの少女像は見る価値があります。



xiquinhosilva


 



●5.ギリシャと言えば、アテネのアクロポリス!パルテノン神殿



最後にご紹介するのはギリシャと言えば…!の代表的存在である、アクロポリスのパルテノン神殿です。言わずと知れた超有名な遺跡です。その姿は壮大であり、アクロポリスの丘から見下ろすアテネの街は絶景です。ただ、高い位置にあるため登りはきついです。


 


とても有名な遺跡ですので観光客がとても多く訪れます。時間帯によっては人が多すぎてゆっくり見られない!という場合もありますので、できれば午前中の早い時間帯に行くことをおススメします。朝が一番人もいなくてゆっくりできます。


 


修復中の場合も多いのですが、それっでも見る価値の十分ある遺跡です。夏に行くと暑くて仕方ありませんが、ギリシャに行くのであれば絶対に押えておきたい遺跡です。また、このパルテノン神殿付近は他の遺跡も多く存在しているので、ついでにいろいろと見ることができ、時間を有効に使えると思います。夜になるとライトアップもされているので、そちらも荘厳な雰囲気がありますので、そちらも是非見てみて下さい。



Karl Baron


 




●まとめ



『絶対に見逃せない!アテネの歴史ある有名観光スポット厳選5つ』ということで紹介してまいりましたが、アテネには遺跡や博物館などの有名観光スポットが多いため、5つだけでは全然足りません。今回ご紹介した観光スポット以外にも見て頂きたい所はたくさんあります。アテネを訪れる際は、それらの遺跡を見るために効率的に移動することをおススメします。


 


アテネと聞くと古代遺跡のイメージが強いのですが、博物館も多くあるので、そちらも一緒に見るとまた一味違った楽しみ方ができます。是非合わせて見て頂きたいと思います。この展示品はあの遺跡で出土した物なのか…ということが多く、楽しんで見ることができます。


 


今回の記事がアテネ旅行の際の参考になれば幸いです。それでは、良い旅を!

2015年1月14日

written

by tabisapo


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop