現在17271個の困ったを解決できます!

2016月5月2日更新

行ってはダメ?台湾の治安で心配なところ

17376 views

台湾って治安がよいと聞きますが、本当に安心してよいのですか?(大学2年生・女性)



海外旅行に行く時は、かならずその土地の治安情報を
調べていくのが基本です。




台湾の今の治安は一体、どのようにになっているのでしょうか。





外務省海外安全ホームページ





海外の危険情報などを知りたいときは、外務省海外ホームページが便利です。
台湾は比較的に穏やかな地域で、外務省海外安全ホームページをみましても
今のところ格別危険という地域はありません。





ただ、広域情報として全土に気をつけて知っておいたほうがいいところがありますので
お知らせしようと思います。最新情報は、随時更新されますので、
お出かけになる際は、かならずチェックしてください。










外務省海外安全ホームページ





MERSコロナウイルス感染





場所を特定されているわけではありませんが、
広域にわたって台湾で注意勧告が2014年に出ていたのは
MERSコロナウイルス感染です。





こちらは、サウジアラビア、イギリス、イタリア、ヨルダン、フランスなど
たくさんの国から感染者がみつかっています。
一般的にコロナウイルスは飛沫感染や接触感染で伝播し、
風邪などの症状を引き起こします。





通常その毒性はそれほど強くありませんが、
ウイルスが変異した場合は強い毒性を持つ可能性もあり、
注意が必要です。
もし、台湾を訪れて、高熱、咳、呼吸困難等の症状が見られた時は、
早めに医師の診断を受けましょう。








hydlide





鳥インフルエンザ





鳥インフルエンザA(H7N9)のヒト感染症は
中国で大変流行いたしました。
もちろん台湾でも注意勧告が多数出ていました。
注意しておきたいこととしては、生きた鳥を扱う市場や
家禽飼育場への立入を避けたり、死んだ鳥や放し飼いの家禽との
接触を避けることが挙げられています。





鳥の排泄物に汚染された物との接触を避けことも言われていますので
過度に心配する必要はありませんが、野鳥が多いところや
鳥の糞にもしも触れたら手洗い、うがいにつとめ、衛生管理を心がけることが
必要なのかもしれません。





心当たりがなくても、海外や帰国後、
突然の発熱や咳など、呼吸器感染症の症状が現れた場合には、
速やかに最寄りの医療機関を受診しておいた方が良いでしょう。








Eben Selker





トイレ事情





日本のようにどこもきれいなトイレがあるとは限らないようです。
中には、トイレットペーパーなどの紙をトイレに
流せないところもあります。
そういう場合は、張り紙があったり、
トイレ脇のゴミ箱に捨てるようです。
不衛生な場所もたくさんあります。





紙を流せないのは、流れないからのようですので、
誰もみなかったからといって流すと逆流するなど
とんでもないことにもなりかねないので注意しましょう。
デパートや飲食店など、事前にチェックしときたいものですね。







Luke Ma





一般道路のバイク車





危険な地域は格別ないという人も、ほとんどの人はあげているのが
一般道路の危険度です。
日本では、信号を守り、歩行者も車もバイクも
きちんと交通規則を守っていますが、
台湾の交通事情は、そうではありません。





とくにバイクは規制がないのか、追い越しや道路すれすれ、
歩行者すれすれをスピードをかなりだしていますし、
車もそうです。
交通事故、とくに人身事故の多いのも台湾の特徴です。
いってはいけないとこはないけど、日常は気をひきしめていたほうが
良いようです。








rapidliner






夜間のタクシー





タクシーは、日本では便利ですが、台湾では知らないとこや
夜間はタクシーに乗るべきではないということを
よく口コミなどでみます。





外務省海外安全ホームページでも、夜間タクシーは
女性だけでなく男性も気をつけるように書かれています。
窃盗、強盗、婦女暴行などの事件も夜間タクシーがらみで
怒っているようですし、一方通行や地域によって
お金が必要な場所をとおるなど
現地の人しかわからない場所も多数あるようです。
わからない場所に連れて行ってもらう日本のタクシーとは
違うと思っていたほうが安全です。








Zhao !







いかがでしたでしょうか。




台湾は、比較的安全で日本人も快適にすごせるようです。
ただ、法律が厳しいものもあり、地下鉄などでは
飲食や喫煙は禁止で、罰金をとられるということもあります。




犯罪なども他の国と比べればすくないようですが、
やはり夜間の外出などは気をつけるべきでしょう。




2016年5月2日

written

by tabisapo


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop