現在17271個の困ったを解決できます!

2016月6月17日更新

見どころ満載!台湾最大の観光スポット・故宮博物館のおすすめ展示8選

13737 views




国立故宮博物院は、世界一の中国美術工芸コレクションとして
大変有名です。国立故宮博物館ともいわれます。





フランスのルーブル、アメリカのメトロポリタン、
ロシアのエルミタージュと並んで
世界四大博物館の1つに数えられている
今回は、国立故宮博物院の魅力に迫ってみます。





1.故宮博物院の歴史




中華民国は、建国13年目に清朝を退位した溥儀皇帝を紫禁城から追放し
1925年10月10日、紫禁城故宮博物院として正式に設立させました。
この時から、歴代皇室と宮廷が所蔵していた世にも稀なる貴重な文物は、
中華文化遺産として永く後世に伝えられることとなり、
全ての人々が自由に宮廷に出入りし、国の至宝を鑑賞できるようになったのです。





南京に設立された中央博物院籌備処の文物は、
1937年11月、戦火を逃れるため水路により西の重慶へ移され、
1939年には昆明、楽山にそれぞれ運ばれました。





四川省南渓の李荘に安置されましたが、1945年8月、
日本が降伏すると、奥地に移されていた中華文物は、
再び全てが南京へ運ばれました。
1948年の秋、国共内戦の形勢が逆転したことで、
蒋介石率いる国民党中央政府は、故宮博物院および中央博物院籌備処の
優れた文物を台湾へ移すことを決定しました。





同年末、第1陣の文物が南京を出発し、
海路により基隆に到着。翌年には第2、第3陣の文物も合わせて、
2972箱が台湾に運ばれました。
しかし、これらは北京から南遷した文物の22%に過ぎませんでした。
また852箱の中央博物院所蔵の文物は、
その殆どが逸品で占められていたのです。
そのことから
中国の古いもの珍しいものもたくさん展示されています。







台湾観光旅行ガイド 台北ナビ





2.翡翠の屏風(清朝)





48枚の翡翠でできていて
驚くのは両側の彫りがまったく同じだということです。




昭和天皇のもとにありましたが、終戦後返却しました。
このことから考えると、翡翠の屏風に、もし心があれば、
わたしたちの知らない天皇家のすべてを
見てきて終戦した時にどのようなことを思ったのでしょうか。





美しいものというのは、
いつでも権力者のこころを奪い、さまざまな
歴史上の秘密を共有してきたのかもしれません。









台湾観光旅行ガイド 台北ナビ






3.象牙鏤彫提食盒(清朝)





清代の象牙の透かし彫りです。なんと、3代かかって完成している
時間も人の手もかかった繊細で美しい作品です。
食物保管箱と言われてますが、これは鑑賞用に作られた美術品
実際に食物を入れる容器ではありません。
彫刻の技術はたいへんに細やかで、
本体部分には透かし彫りの象牙を用いました。





人物、鳥、獣、庭園の様子と船なども彫刻されていて、
東方の楽園のよう。蓋のつまみ、本体の枠、手提げ部分の文様は、
淡い青と赤で色染めされています。手提げ部分には中国民間に伝わる
八人の仙人の彫刻が施されています。
蓋のつまみは西洋風の赤いリボンで飾られています。








台湾観光旅行ガイド 台北ナビ





4.紅・白玉髄筆洗と 清 黄玉 髄三蓮章 (清朝)





こちらは、ひとつのつなぎもなくひとつの石から
掘り出したものです。
どうやって掘り出したのかも全く想像がつきませんが
大変貴重なお宝のようです。
ちょっと、個性的で、おもしろいですよね。








台湾観光旅行ガイド 台北ナビ






5.嵌孔雀石緑松石鳥獣尊 酒器 





背中からお酒を入れて、傾けて口から注いだ酒器です。
きっと、お酒が入りやすいように
飲兵衛向けにお腹ぷっくりにしているような
気がするのは、わたしだけでしょうか。





きっと昔もお酒の席は、大変大事な社交場であったはずですから、
酒器で財力を競ったり、おもてなしとして
客をたのしませたりしていたのでしょう。








台湾観光旅行ガイド 台北ナビ





6.西周晩期 散氏盤 





故宮収蔵の青銅器の中で、有名な3つの青銅器
うちの一つにあたります。
西周晩期のこの散氏盤は、手洗いの器の形をしていますが、
実際に使用されたわけではありません。
この器の中には銘文が刻まれ、全部で350文字あります。





内容は、西周時代に起こった散国と矢国の土地争い、
またその後の講和談判での契約についてです。
前半には土地の調査実況、後半にはその調査に参与した人名
矢国の人の誓いの言葉が、力強い線で書かれています。
たくさんの想いがこもっているからこそ
とても重みをかんじますよね。







台湾観光旅行ガイド 台北ナビ





7.乾隆帝 竹絲纏枝花卉紋多宝格円盒





宝物が48個入で、閉じれば円形、開けば屏風、
逆にすれば四角柱になる皇帝用の竹絲纏枝花卉紋多宝格円盒です。





皇帝の玩具箱と言われ、
使用された材料は象牙やべっ甲、七宝で、
中には卓さんのしきりや引き出しがいっぱいあります。
いわば皇帝の宝箱といったところでしょうか。
男性はコレクション好きな方が多いですが、
今も昔も国も関係ないようですね。









台湾観光旅行ガイド 台北ナビ






8.宮廷レストラン「故宮晶華」





敷地内には「晶華酒店」がマネージングする
宮廷レストラン「故宮晶華」があります。
料理も内装も外観も、「故宮」をぐんと引き立てる異色のレストランです。
食事のことを心配せずに故宮を一日かけて回れます。
府城晶華」は、同じ建物の地下一階です。
台湾の伝統料理は台南にあるといいますよね。
そんな台南料理を故宮のそばで食べるなんてとっても粋ですよね。





館内にはミュージアムショップが3ヶ所もあります。
一番大きいのは本館の地下1Fです。
また本館1Fと第二展覧エリアのカフェ「富春居」に併設されたミニショップがあります。
精巧な収蔵品レプリカ、美術解説書のほか、
オリジナル文具、Tシャツ、キーホルダーはもちろん、
クッキーやお菓子なども揃い、有名デザイナーや企業提携商品も増えています。





故宮郵便局も展覧館B1入り口ロビーにあり、
両替や郵便物発送、預貯金の引き出しなどの業務を行っております。
こういった便利な施設もあることからも人気が高く
観光名所にもなっています。








台湾観光旅行ガイド 台北ナビ





いかがでしたか?




大変広い故宮博物院ですが、HPなどで
目的別のルートを案内しています。





書画参観ルート、図書文献参観ルート、器物参観ルートなどが、
代表的ですが、興味のある展示物や書籍によって変えてみたり、
レストランなどこまない早い時間に行くなど、
事前に自己ルートを数点考えているとスムーズに
探索できます。





事前に、展示物の背景の歴史なども
知っておくと、より興味深くみることができますよ。



2016年6月17日

written

by tabisapo


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

海外・留学記事ランキング

pagetop