現在17271個の困ったを解決できます!

2015月10月7日更新

知っておこう!多種多様なヨーロッパの民族事情 

7286 views


CASA DEVOTO




はじめに


ヨーロッパの民族とは、幾多の離合を繰り返して複雑に入り組んでいますが、大きく分類すれば3種類存在すると言われています。




第1にイギリス・フランス・ドイツ・ノルウエー等のゲルマン民族


第2にロシア・ポーランド等のスラヴ民族


第3にイタリア・スペイン・ギリシャ等のラテン民族です。




ゲルマン人


「ゲルマン人」とは、そういった民族がいたということではなく、あくまで「部族」を指しています。


実在性も推測の域を出ません。




ゲルマン人の出自を自称しているのは、主にドイツ、オーストリア、スイス、ルクセンブルク、オランダなど地中海から四方へ広げた地域です。




ヨーロッパ大陸は長い歴史の中で様々な文化集団の離合集散が繰り返されており、特定の国や民族を「ゲルマン民族」や「ゲルマン人」として考慮するのは画一的で短絡的と言えます。




さらに、「ゲルマン人」という呼び方はローマ帝国がゲルマニア地方(今のドイツ、ポーランド、チェコ、スロバキア、デンマーク方面)の人々を呼ぶ際の他称が始まりとされています。元は一部の地域の人々を指す呼び名に過ぎませんでした。




「ゲルマン民族」という呼称が着目されたのは第一次世界大戦後、ドイツのナチス時代からです。


ナチスのアイデンティティやナショナリズムを確立するために「ゲルマン民族という統一された民族共同体が存在していた」と盛んに喧伝されました。


古代に文化を築き上げたゲルマン民族を「高貴な者」という意味の「アーリア人」とも名づけ、「アーリア人の血を引くドイツ国民こそ優秀な民族である」という学説が元にされています。




しかし、「ゲルマン人」とはあくまで一地方に住む人々への呼び方に過ぎないのであり、血統を指しているとは言えません


長い歴史の中で集合離散を繰り返してきたヨーロッパの中では当然異端の学説であり、現在では無論提唱する人は殆どいません。


何より、「ゲルマン民族至上主義」がもたらしたのはユダヤ人排除政策など歴史上稀にしか見られない血生臭い事件だったのは言うまでもありません。




スラヴ人


こちらも、特定の民族を指している訳ではなく、「インド・ヨーロッパ語族スラヴ語派に属する言語を話す諸民族集団」という概念に基づきます。




ウクライナ人、ベラルーシ人、ロシア人を一括して東スラヴ人。スロバキア人、チェコ人、ポーランド人を一括して西スラヴ人、クロアチア人、セルビア人、ブルガリア人を一括して南スラヴ人、と総称されます。


ただし、西スラヴ人と東スラヴ人の間には有史以前より断絶しており、文化的な関係は希薄です。




ラテン人


イタリック語派に属する古代民族のことです。




イタリア中西部に居住していた勢力に端を発し、紀元前1000年前頃から東西に移民を開始。


後に世界帝国へ躍進するローマ文明の礎を築きます。




ゲルマン民族やスラヴ民族よりは実在性や各国に分かれたラテン人同士での関連性が強いとされています(但し、成立過程には諸説あります)。


ラテン人同士の同属意識が強いこと、ラテン人独特の神話が語り継がれていることが大きな特徴です。





Cuba Gallery





おわりに


多くの民族が入り乱れて歴史を紡いだヨーロッパの民族事情を、日本人の価値観で判断すると多大な誤解を招きます。


しばし戦争の元になりやすい民族事情ですが、「まず民族ありき」という概念から始めれば理解しやすいかと思われます。

2015年10月7日

written

by tabisapo


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop