現在17271個の困ったを解決できます!

2015月1月14日更新

特別な思い出作りに!セーヌ川クルーズの予約方法について

273 views

パリ市内の中心部をゆったりと流れるセーヌ川。その水面は日本の河川と比べると非常に凪いでおり、大都会の中心部ながらそこが雄大な大陸であることを想起させます。セーヌ川に架かる橋も川沿いの建物も、この川と共にパリの歴史を形作ってきたのです。


 


そんなセーヌ川を豪華に、あるいはロマンチックに船で行くクルージングツアーがあるのをご存知ですか?もちろん日本語のサイトもあるので予約はとっても簡単!






 



セーヌ川クルーズにはどんな種類がある?




Photo by John Weiss


セーヌ川クルーズは大きく3種類に分かれます。予約を必要とする食事つきのもの、観光に最適な遊覧クルージング、そしてパリ市内を移動するための足として便利な水上バス形式のものです。もちろん、それぞれ所要時間や発着場が異なりますので目的に応じて使い分けてください。



バトー・ムッシュ(Bateaux Mouches)




Photo by Melodie Mesiano


セーヌ川クルーズの代表とも呼ばれるのがこちら。優雅に食事を楽しむことができる高級感溢れるクルージングとして知られています。アルマ橋から出発しサン・ルイ島を回って自由の女神へと至り、再びアルマ橋へと戻ってくる、セーヌ川を満喫できるコースです。



高級感溢れるディナークルーズとリーズナブルなランチクルーズがあり、いずれも予約が必要です。下記公式サイトが日本語での予約に対応しています。また、両コース共にドレスコードがありますのでご注意ください。



なお、観光をメインとした遊覧コースもありますが、こちらは基本的に予約は必要ありません。


バトー・ムッシュ・ジャポン日本語版公式サイト
電話:03-3578-7134(日本時間:月~金の12:00~17:00)



バトー・パリジャン(Bateaux Parisiens)




Photo by David McKelvey


同じくサン・ルイ島から自由の女神像までしっかり堪能できるのがこちらのツアーです。出発地点はエッフェル塔に近いイエナ橋となります。ライトアップされた後のパリを堪能する時間設定や、特別な日のプロムナードクルーズなど何パターンもコースが用意されているのもこのツアーの特徴です。もちろん予約不要の遊覧コースもあります。



ランチクルーズは比較的カジュアルな格好で問題ありませんが、ディナークルーズにはコースの種類を問わずドレスコードがあります。こちらも下記公式サイトが日本語に対応していますので、コース名を選択し、予約選択画面へと進んでください。


バトー・パリジャン日本語版公式サイト
電話:(+33)01-71-670-170(フランス時間:9:00~18:00)




ヴデット・デュ・ポンヌフ(Vedettes du Pont Neuf)




Photo by Martyn Davis


シテ島の西の端であるポン・ヌフが発着場となるのがこの遊覧クルーズ。観光地にほど近いため利用しやすいクルーズの一つです。食事コースなどは無く、予約も不要。基本的に窓口に直接訪れて乗船チケットを購入することになります。


 


ただし下記公式サイトから1年間有効の割引チケットを買っておくことができますので、乗船予定のある方はご用意いただいた方がお得です。天候や日程と相談しながら乗船日を現地で選ぶことができるこのシステムは、フリープランが複数日設定されているツアーだとなかなか便利です。


ヴデット・デュ・ポンヌフ公式サイト(英語・フランス語)クーポン券は画面右端から
電話:(+33)01-42-77-65-65


 




バトービュス(Batobus)




Photo by Martyn Davis


いわゆる水上バスです。停留所があちこちにあるため、短時間でセーヌ川クルーズを体験したい、あるいは移動手段として利用したいという方には便利です。パリの街の中は道路が細く車が多いため存外時間がかかるもの。一方、水路ならば渋滞を回避して移動することができます。


 


また日数を限定した乗り放題券があるので複数の時間帯に跨って乗船したいという方にも好評なのだそうです。ただし、遊覧クルーズではないのでしっかりとした観光地ガイドやBGM等のサービスはありません。



公式サイトからは定期券や一日券(FORFAIT 1 JOUR)、二日券(FORFAIT 2 JOURS CONSÉCUTIFS)などの予約が可能です。下記リンクからONLINE BOOKINGへと進んでください。また、シャルル・ド・ゴール空港やRATPのツーリストオフィスでも購入することができます。ただ、一番簡単なのは現地の停留所で直接購入する方法です。本数が多いことからどのシーズンも購入できなくなる心配はありません。


 


バトービュス公式サイト(英語・フランス語)オンライン予約を押すとPparis-exceptionというページから予約できるようになります。


電話:(+33)08-25-05-01-01






セーヌ川の両岸には歴史的な名所が連なっています。河畔の眺めが時代によって移ろってきたのと同じように、季節によって、あるいは時間帯によって今もまたそこには「その時にしか見ることのできないセーヌ川」があります。その眺めはきっとかけがえのないパリ旅行での1ページになってくれるはずです。

2015年1月14日

written

by tabisapo


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop