現在17271個の困ったを解決できます!

2014月11月28日更新

ドイツの思わず買いたくなる可愛いすぎるお土産7選

1007 views

ヨーロッパの中でも日本人にとっては馴染みやすい国ドイツ。


 


多くの人が持っているイメージと言えばドイツビールにソーセージ?ベルリンの壁?といったところでしょうか??


 


実はドイツには可愛くてオシャレなものがいっぱい。


可愛い雑貨屋さんもたくさんあります。


 


今回はそんな中から、お土産にお勧めの可愛いものたちを7つご紹介いたします。


 




1.アンペルマングッツ



 


estorde


 


ドイツのお土産と言えばアンペルマングッツ。


最近ではそんなイメージが固定化されつつあり、日本国内でのドイツフェアなどでもアンペルマンを見かけることが多くなりました。


 


アンペルマンとは…歩行者用信号機の中の人のこと。


 


日本の信号機と違ってドイツの信号機の中の人はとってもお洒落。帽子をかぶり、紳士的です。


従ってそのアンペルマンをモチーフにした雑貨もとってもオシャレ。


 


“お土産”という野暮ったい感じはなく、普段の生活にアクセントになりそうなものであふれかえっております。


ちなみに、アンペルマングッツのお店がいくつかあるのでそちらに行くと一度にたくさんのグッツを購入することができますよ。




 2.ベルリンくまさん



 


 Gannon


 


United Buddy Bears。ベルリンのあちこちに立っているシンボル的くまさん。


 


なぜベルリンにくま?と思われるかもしれないですが、理由はシンプル。


Berlinの“Ber”が Bear(くま)を連想させるからだとか…。


 


いろいろな柄に装飾された両手を挙げたくまさん。


実際に街中にあるのはとても大きなものですが、お土産用にいろいろなサイズのものが展開されています。


1つだけお部屋にちょこっと飾っても可愛いですし、いくつか並べても可愛いと思います。



3.ハリボーのグミ



 


 sevgi.k


 


こちらも“くま”繋がり。日本でもよく見受けられる可愛くてカラフルなハリボーのベアーグミ。


 


実はハリボーはドイツの会社なんです。


しかも日本には入ってきていない形があったり、不思議な味があったり、値段もチープでばらまき土産にはもってこいです。


 


ちなみに…ハリボーのグミを冷凍すると美味しいんですって!


是非お試しあれ。




 4.オーガニックハンドクリーム



 


Steven Lilley


 


BIO(オーガニック)への関心が高く、専門店も多いドイツ。


 


オーガニックコスメの種類もとっても多いです。


その中でも冬場は寒く乾燥するドイツのハンドクリームは超優秀!


 


日本ではちょっとお値段のはるオーガニックコスメですが、ドイツのドラッグストアに行けばお手頃価格で手に入る上に、パッケージも可愛いのでお勧めです。



 5.スーパーのエコバッグ



 


Birger Hoppe


 


オーガニックに続き、環境保全についても関心が高いドイツ。


スーパーにいくと必ずと言っていいほどエコバックを売っています。


 


しかも各スーパーマーケットのロゴが入っていたり、オリジナルのデザインだったり。


日本で普段使いが出来ちゃうくらい可愛いものもあります。




 6.ベルリーナヴァイスシロップ




basegreen


ビールが苦手な人でも飲めちゃうビール。


ベルリーナヴァイスは18世紀前からベルリンで作られている酸味の強い小麦のビールです。


それだけ聞くと、とても飲みにくいように感じますが、


なんと…ベルリンではそのビールにラズベリーやヤエムグラのシロップを入れて飲みます。


 


見た目はまるでカクテル。味も甘くてとっても飲みやすいです。


(お土産にもいいですが、是非本場で飲んでみてほしいユニークなビールです。)


 


そのシロップがスーパーに売っているのですが、お決まりのマークがはいったパッケージが可愛い!色も可愛い!


もちろん日本に持って帰って、ビールと混ぜて飲むのもいいですが、私はクッキーを作る時に混ぜたり、かき氷にかけたり、オリジナルカクテルを作ってみたりいろいろな使い方をしています。


お菓子作りやお料理が好きな方にはお勧めなお土産です。もちろんビール好きさんにもお勧めします。


 


ちなみにドイツのスーパーではバニラシュガー(ドイツ語だとバニラザッカー)というバニラの香りがついたお砂糖も売っていて、これもお菓子作りには便利です。バニラエッセンスがいらなくなります。


 




7.グリューワインのティーパック(冬限定)




 


 Luca Moglia


冬のドイツと言えば、暖かいグリューワイン。


簡単に言うと、ホットのサングリアみたいな感じでしょうか。


ワインにスパイスやフルーツを入れて温めた飲み物です。


 


クリスマスマーケットでよく見かけられ、冬のドイツには欠かせないアイテムですが、グリューワインを自宅で簡単に作れる為のティーパックがスーパーなどで売られています。


中にはシナモンをはじめとするスパイスとフルーツを乾燥したものが入っていて、ワイン1本に1つ入れて鍋で温めて香りをつけます。


 


あとは、はちみつかお砂糖を混ぜるとできあがり。帰国後の女子会などで盛り上がること間違いなしのアイテムです。


 


 


以上、ドイツで手に入る可愛いお土産をご紹介いたしました。


 


歴史的な街並みと現代的なアート・デザインが混じり合う国ドイツ。


少し距離は遠いですが…


是非、次の休暇に訪れてみてはいかがでしょうか??


 

2014年11月28日

written

by tabisapo


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop