現在17272個の困ったを解決できます!

2014月6月16日更新

お風呂あがりの10分間だけ!骨盤のゆがみ矯正術

4485 views

最近ストレッチにはまっています。簡単にできる骨盤を矯正する方法がありましたら、教えてください。(大学四年生・女性)


abc

© naka - Fotolia.com

骨盤が歪んでいると、肩こり、頭痛、腰痛、冷え、整理痛、代謝が落ちて太りやすくなる、など体に様々な悪影響を及ぼします。病気でもないのに、このような不調で悩んでいる方は、骨盤のゆがみが原因かもしれません。そこで、整体に行く時間が無くてもお金をかけず、自宅で簡単、お風呂上りに出来る骨盤のゆがみ矯正方法をご紹介します。

 

1.腰回し



足を肩幅に開き、両手を腰にあてます。フラフープを回すように腰をゆっくり大きく水平に回します。出来るだけ上体を動かさないように回すのがポイントです。これを左右各30回行います。

 

2.おしり歩き



足を伸ばして床に座ります。手は膝の上に置きます。膝が曲がらないように、おしりだけで前に進みます。前に進んだら、後ろに下がります。このときに、手を膝の上ではなく、腕を振って進むのも良いでしょう。このときに肩甲骨も意識すると、肩甲骨の回りの筋肉がほぐれ、肩こりやダイエットにも効果があります。

 

3.足首回し



仰向けに寝て、足首を回します。足のつま先が大きく円を描くように回すのがポイントです。左右20回行います。

 

4.足のストレッチ



うつ伏せに寝て顔を上げ、手はあごの下に組みます。足を肩幅に開きます。外向きにむいたかかとを、内側に倒しくっつけるようにします。この状態を10秒間保ちます。これを5回繰り返します。

 

5.ひざを内側に折るストレッチ



仰向けに寝て両膝を立て、肩幅よりも広く足を開きます。手は、床につけておきます。息を吐きながら左ひざを内側にゆっくりと倒し、吸いながら元に戻します。右足も同様に行い、これを10回繰り返します。

 

6.体をねじるストレッチ



仰向けに寝て両膝を立て、両膝をくっつけます。このとき、手は頭の下に組みます。かかとをおしりにくっつけるようにします(無理はしないでできるだけおしりに近づけるようにします。)。息を吐きながらひざを左側に倒します。吸いながら元の姿勢に戻し、右側も同様に行います。これを10回繰り返します。

 

7.下腹を浮かせるストレッチ



仰向けに寝て両膝を立て、両膝をくっつけ、かかとがおしりにくっつくようにします。手は下腹におきます。腰を浮かせ、元に戻します。出来るだけリズミカルに行います。これを20回繰り返します

 

8.ゆりかご体操



仰向けに寝て両膝を曲げ、腕で抱え込みます。体を前後に大きく揺らします。これを20回繰り返します。このとき、背中を痛めないように、マットの上で行うようにしましょう。

 

ストレッチ行うにあたって注意すべきこと



もし、体に痛みが出たら、すぐにストレッチを中止しましょう。痛みが出ているのに、骨盤ストレッチを行うのは逆効果になってしまいます。また、生理中も無理をして行わないようにして、体をゆっくり休ませる期間にしましょう。焦らず、無理せず、行うことが大切です。

 

いかがでしたか?お風呂上りの体が温まっていて、心も体もリラックスしているときにストレッチをすると、体も伸び易く、ストレッチ効果が上がります。骨盤のゆがみを直して、様々な体の不調も直しましょう。ダイエット効果も出て一石二兆です。骨盤ストレッチを一日のリラックスタイムとして、毎日無理せず、少しずつでも行い、不調知らずの体と、しなやかなボディーラインを手に入れましょう。

 

2014年6月16日

written

by yamamayu


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

ファッション・美容記事ランキング

pagetop