現在17271個の困ったを解決できます!

2015月1月18日更新

実はベルギー発祥だった!小便小僧の像の歴史

3087 views

実際に見たことがなくてもなぜか知っている「小便小僧(Manneken Pis)」の像。インパクトある姿ですよね。本記事では、小便小僧の歴史についてお話しします。



Niels Mickers




小便小僧



小便小僧ってなに?



小便小僧は放尿する少年の姿をした噴水で、世界の様々な国に同様の姿の像があります。ベルギーのブリュッセルにあるものが元祖といわれていて、14世紀にはすでに現在の位置に噴水があって市民に飲料を提供していたようです。


 


1988年に生誕600周年が祝われた小便小僧は、「最も年をとったブリュッセル市民」として愛されている大切なシンボル。


 


現在の像はもともと彫刻家ジェローム・デュケノワ(Jerome Duquesnoy)が1619年に依頼を受けて制作したものですが、1960年代に紛失してしまいます。現在設置されているのはそのレプリカといわれています。


 


ベルギーの本家小便小僧の他、世界中には100体以上のレプリカがあるとされていて、もちろん日本にもありますよ!


 


 



小便小僧の由来は?



小便小僧の由来は諸説ありますが、一つは1142年、戦いの際に軍が兵士達を鼓舞するために、幼くして父の跡を継いだまだ乳児のゴドフロワ2世をゆりかごに入れて木につるしました。幼い支配者は、そこから敵軍に向かって小便をして軍を勇気づけ国を勝利に導いたといわれています。


 


また、侵略者が城壁を爆破するためにしかけた爆弾の導火線をジュリアンという少年が小便をかけて消し、町を救ったという武勇伝が由来という説もあります。


 


この少年にちなんで小便小僧は「ジュリアン坊や(Le Petit Julien)」という愛称でも呼ばれているそうですよ。


 


[参考:trabel.com(英語)]
[参考:小便小僧物語]


 


普段は水の出る噴水ですが、ビール会社のイベントの際などは水の代わりにビールが出て、市民に振る舞われることもあるそうです。



Vase Petrovski



世界中から衣装を贈られる衣装もち



小便小僧はその長い人生の中で何度も盗難にあっていますが、ルイ15世時代に酔っぱらった兵士がふざけて小便小僧を盗み出し、それに対して怒った市民デモを巻き起こしたといわれています。当時からとても人気があったのですね。


 


その際、ルイ15世は自らの兵士が起こした不祥事への謝罪の意味を込めて小便小僧に豪華な宮廷服をプレゼントしました。これが発端となり、その後は世界中から様々な衣装が贈られるようになったということです。


 


その衣装の多くはグランプラスにある『ブリュッセル市立博物館(王の家)』に所蔵され、訪れる人々の目を楽しませています。


 


【小便小僧へのアクセス】
 住所:Rue de l'Etuve 46 1000, Brussels


 


小便小僧は人気者。周辺には毎日「ひと目、小便小僧を見たい!」「記念写真を一枚撮りたい!」という観光客が大勢押し寄せるそうです。ベルギーにいったら、世界中で愛されている小さなその姿をぜひ見ておきましょう!

2015年1月18日

written

by tabisapo


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop