現在17271個の困ったを解決できます!

2014月11月28日更新

戦争の爪痕が未だに残る、サイパンの「バンザイクリフ」とは

800 views

 


バンザイクリフはその昔太平洋戦争で沢山の犠牲者を出した場所でもあります。


未だに戦争の爪痕が残るこの場所で、人は何を想い何を感じるのでしょうか。



Photo by : Aaron Shumaker


 



アクセス



中心街であるガラパンから車で約20分程のサイパン最北端の位置にあります。


正式名称はプンタンサバネタ(プンタン平原)です。


 



悲劇の断崖



太平洋戦争中、日本軍の司令部がサイパンにありました。


アメリカとの激戦の末投降を求められた日本兵でしたが、それには応じず「天皇陛下、万歳」と両腕を挙げながら海へ身を投げ自決したことから後にバンザイクリフと呼ばれるようになりました。


この時身を投げた兵士や民間人は約1万人を上ったといい、海は一面真っ赤に染まったといいます。



Photo by : @kevinv033


 


 



スーサイドクリフ



マッピ山北面の崖のことをいい、このスーサイドとは英語で自殺を意味します。


この場所もバンザイクリフと同様、太平洋戦争でアメリカ軍に投降を説得されたものの応じずに多くの方が自決された場所です。


この崖からはバンザイクリフを見下ろすことができます。


岩肌には艦砲射撃によるものなのか、とても大きな穴が開いていて闘いの凄まじさを物語っています。



Photo by : NOAA Photo Library


上にある写真の慰霊碑の後ろに見える崖がスーサイドクリフです。


 



サイパン戦での犠牲者数



日本兵・在留日本人:55000人以上


アメリカ兵:3500人以上


チャモロ人(マリアナ諸島の先住民):900人以上


 



平和記念公園



現在は平和記念公園として慰霊碑や寺院が建てられ、多くの犠牲者が弔われています。


石碑にはそれぞれ弔いの言葉が彫られており、色々と考えさせられます。


しかし、中には慰霊碑を傷付けたり破損させるという心無い行為も多数ある為ガードマンが常に監視をしているそうです。



Photo by : chotda


 



歴史を肌で感じる



バンザイクリフからの景色は、とても戦争があったとは思えない程の絶景が広がっています。


この場所であんなに悲しい出来事があったとは到底思えないでしょう。


同じ日本人として想うことは多々ありますが、この地で一番感じるのは「同じ過ちを繰り返してはならない」ということです。


沢山の犠牲者が眠るこの地で、私たちは様々なことを考えなければならないと思います。


平和の大切さや生きることの尊さを、この地は教えてくれるのです。


〝生きて虜囚の辱めを受けず〟との意思から自決していく彼らは、どのような気持ちだったのでしょうか。


そう、想いを巡らせるだけでも胸が張り裂けそうになります。



Photo by : ctsnow


 




まとめ



バンザイクリフ…その名に込められた沢山の想いを感じました。


戦争という悲惨な過去をより身近に感じられる場所です。


何気なく過ごしている日々がどれだけ貴重で幸せなものかを再確認できます。


戦争を知らない世代にとってはとても貴重な体験となるので、是非訪れてみて欲しい場所です。


バンザイクリフを回るツアーも各種あるようなので、初心者の方は利用してみてください。


時代を越えて感じる何かが必ずあります。


ここ、バンザイクリフは【平和とは何か】を深く考えさせてくれる地です。


 


 


 


 


 


 


 


 


 

2014年11月28日

written

by tabisapo


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop