現在17271個の困ったを解決できます!

2014月11月28日更新

絶対行きたい!モロッコの定番観光スポット5つ

0 views

●はじめに



モロッコはアフリカ大陸の北部に位置しており、アフリカ大陸の国の中では比較的治安が良く、旅行しやすい国として人気を集めています。近年の世界情勢の変化により、治安面は若干悪くなっているようですが、それでもまだなお旅行しやすい国ということに変わりはないようです。筆者にとっては初めて訪れたアフリカ大陸の国であり、思い出深い場所の1つでもあります。


 


地中海を挟んでヨーロッパの国々とも国境を接しているため、古くから行き来が盛んであり、食文化や文学、建築物などもヨーロッパの影響を受けた物が多いと言われています。実際に行ってみると、他のアフリカ諸国との違いに驚かされることに間違いはないでしょう。特にスペインとの結びつきは強く、スペインのアルヘシラスとモロッコのタンジェの間には毎日定期的に運航されているフェリーや高速船があります。フェリーで約2時間、高速船ではなんと40分という近さです。


 


今回は、アフリカとヨーロッパとアラブの文化が混ざり、エキゾチックな雰囲気が満天のモロッコについて、『絶対行きたい!モロッコの定番観光スポット』と題して紹介していきたいと思います。モロッコ旅行の参考になれば幸いです。それでは、どうぞ!


 



●1.モロッコのリゾート地、エッサウィラにあるメディナ



まずご紹介するのはモロッコのリゾート地であるエッサウィラにあるメディナです。エッサウィラはモロッコ中央部の都市マラケシュの西にある、大西洋岸に面した港湾都市です。メディナとはアラビア語で「町」を意味しており、多くは「旧市街」の意味で用いられています。


 


エッサウィラは旧名をモガドールと言い、欧州の人に人気のリゾート地であり、観光客も多い場所となっています。そのためモロッコっぽい雰囲気は少なく、どことなくヨーロッパの雰囲気の漂った不思議な街です。2001年に世界遺産に登録されており、世界中から観光客が集まる場所となりました。


 


城壁で囲まれた旧市街はぶらぶらと歩くだけでも楽しく、それほど大きな地区でもないため十分歩いて見て回ることができます。入り組んだ路地にはモロッコの工芸品やかわいい雑貨を扱ったお店が多く並び、見ていて飽きません。この街は古くから芸術家に愛された街であり、絵画を扱ったお店やギャラリーも見られます。


 


夕方には海沿いの城壁から美しい夕焼けを見ることができますので、そちらも時間が許せばご覧頂きたいです。大西洋に沈んで行く雄大な夕陽はとても美しく、見応えがあります。迷路のような路地が広がり、アーティスティックな雰囲気が漂う旧市街はコンパクトで歩きやすいため、是非訪れて頂きたい場所となります。



Antonio Cinotti


 



●2.美しいモザイク装飾はどこにある?ヴォルビリスの考古遺跡



続いてご紹介するのはモロッコの首都ラバトから東に約130kmの所にある都市、メクネスにあるヴォルビリスの考古遺跡です。メクネスの北部に位置しており、タクシーをチャーターしてでないと行けない場所にあります。


 


古くからヨーロッパ諸国と結びつきの強い国であったモロッコですが、このヴォルビリスの考古遺跡もその名残と言えるでしょう。ローマ帝国の西限に位置する重要な都市であり、ローマ属州の時代も中心都市として栄えていました。そして、このヴォルビリスの考古遺跡は北アフリカにおける、古代ローマ都市の最良の保存状態を誇る遺跡の1つとして1997年に世界遺産に登録されました。


 


一帯が遺跡群であり、カラカラ帝の凱旋門やユピテル神殿、公衆浴場などが広がっています。草原の中に突然現れ、パッと見ただけでは荒廃した土地が広がっているだけに見えるのですが、ガイドさんの説明を聞くと、そこに住んでいた人々の文化的な暮らしを垣間見ることができるのでおススメです。ちゃんとした説明などはほぼないため、ガイドさんを付けるかきちんとした資料を持って行くようにしましょう。でないと何が何やらわからない状態になります。


 


こちらの遺跡で是非探して頂きたいのが、保存状態の良い美しいモザイク装飾です。ガイドブックなどによると、30以上のモザイク画が点在しているとのことです。そんな貴重な物が当時のまま野ざらしで残っているので、せっかくヴォルビリスへ行くのなら探してみましょう。ガイドブック片手に探して回ることになるのですが、特に何か目印があるような遺跡ではないので、自力で見つけられた時の感動と言ったらありません。


 


場所的にも観光客がウヨウヨいるような場所ではないため、ゆっくりと見て回ることができおススメです。ただ、とにかく暑いので、訪れるのなら午前中の早い時間に訪れるのが良いでしょう。暑さ対策はしっかり、水分も持参して下さい。周りに売っている所はありません。



Stephan van Es


 



●3.街歩きならここ!マラケシュ旧市街



世界遺産にも登録されているマラケシュ旧市街には、これぞモロッコ!というような雰囲気がとても漂っています。お土産物屋さんやレストラン、カフェなどが物凄く多く並んでいて、まるで迷路のようです。この旧市街の中には観光地が多く存在しているため、モロッコを訪れるのであれば必ず訪れて頂きたい場所となります。


 


観光客が多く訪れる場所として、カフェのたくさん並ぶジャマエルフナ広場(通称フナ広場)、壁の彫刻やタイルが美しいバヒア宮殿、マラケシュのシンボルとも呼ばれるクトゥビーヤモスクとミナレット、イスラム教徒でなくても入ることのできるマドラサ・ベン・ユーセフ学院、旧市街を取り囲む城壁にあるアグノウ門、庭園も美しいサアード朝の墳墓群などなど、挙げればきりがない程多くの観光地がこのマラケシュ旧市街に点在しています。


 


旧市街の街並みは美しく、観光地以外でも写真を撮りたくなる場所が多く存在しています。昼間も楽しいのですが、夜も賑わっていてとても楽しいです。十分気を付けて楽しんでみて下さい。また、ガイドブック片手に歩いても迷ってしまうような場所ですので、ほしいと思ったお土産があればその時に買ってしまいましょう。それくらい元の場所に戻るのが本当に大変な街です。


 



Paul


 



●4.映画のロケ地としても有名!世界遺産アイット・ベン・ハドゥの集落



続いてご紹介したいのは、モロッコの中部の都市ワルザザート近郊の集落である、アイット・ベン・ハドゥの集落です。この集落にはカスバと呼ばれる邸宅が数多く建築され、その構造は城砦に匹敵すると言われている程のものです。入り組んだ通路に1つしかない入口と、まさに城砦と言えるでしょう。


 


1987年に世界遺産に登録されており、それだけでも十分観光客は多かったのですが、映画『アラビアのロレンス』や『グラディエーター』のロケ地として使用されたということで更に観光客が増えたと言われています。もちろん映画のセット自体は既に取り壊されていて見る影もないのですが、写真が多く残されているため、その当時に思いを馳すことができます。


 


こちらは世界遺産に登録されていますが、現在でも実際に人が住んでおり、日々の生活を送っている場所でもあります。そんな家は数戸しかないようですが、一般の家も存在しているため、暮らしぶりを垣間見ることもでき、そういった面からもおススメの場所と言えるでしょう。ちなみに、晴れると青い空と赤っぽい建物のコントラストが素敵です。



Chris Zielecki


 



●5.モロッコと言えばやっぱり!サハラ砂漠



最後にご紹介するのは、モロッコと言えばやっぱりこれ!のサハラ砂漠です。どうせ行くのなら、1泊2日の砂漠滞在がおススメです。ラクダに乗ったりデザート・サファリを楽しんだりとイベントが盛りだくさんです。


 


1泊2日の砂漠滞在ツアーの場合は、広大な砂漠の中で朝陽と夕陽を見ることができます。どちらもとても美しく、砂漠で見る朝陽と夕陽は雄大で感動的です。その景色は絶景と言って良いものです。夜は夜で真っ暗な砂漠には空との境界がなくなり、満天の星を独り占めしている気分になります。そして美しい星が降ってくるような感覚に浸ることができます。


 


なかなかできない体験ばかり体験することができますし、広大な砂漠の中にいると、自分自身がとても小さな存在に思えてきます。そしてその自分が悩んでいることなんて本当にちっぽけなことなんだなぁと思えてもきます。日々の生活とは全く違う、まるで異世界にいるようにも思えてくるサハラ砂漠。是非訪れてみて下さい。



Dennis Stauffer


 




●まとめ



筆者は過去に2度モロッコを訪れています。1度目はスペイン旅行の際に思いつきで、2度目はきちんと計画してモロッコをしっかり観光するためにです。今回はその2度目の訪問の際の日記帳を引っ張り出して記事にしてみました。もう随分と前のことになるので忘れていたことも多いのですが、改めて思い出してみて、また行きたいなぁとしみじみ思いました。モロッコは、そういった魅力のある国です。


 


『絶対行きたい!モロッコの定番観光スポット5つ』と題して5ヶ所紹介してまいりましたが、ここに出てきてはいませんが、訪れて頂きたい場所は多くあります。ツアーなどではなかなか立ち寄らない、だけど良い観光スポットもたくさんあります。せっかく旅行へ行くのなら、そういった所も是非訪れてみてください。きっと、新しいモロッコの一面を知ることができると思います。それでは、良い旅を!

2014年11月28日

written

by tabisapo


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop