現在17271個の困ったを解決できます!

2014月12月3日更新

エメラルド色が美しい、フィリピンの秘境「エルニド」

4142 views

●はじめに



東南アジアは、世界的に有名なビーチリゾートが多く集まっていることでよく知られています。タイやマレーシア、インドネシアなど名だたる大リゾート国が集まっています。その中でも、英語が普通に通じるため人気が高まっている国があります。


そう、日本からも近いフィリピンです。


 


フィリピンと聞くと、どうしても治安の悪さが先行してしまう、そんな人も多いと思います。ですが、実際それは一部の街とその中のスラム街の話です。もちろん治安が特別良い国ではありませんので、十分注意する必要はあります。


ただ、そんなことを言い始めると、日本以上か同等の治安を維持している国なんて、世界の国々の中ではほんの一握りです。


リゾート開発されている場所は比較的治安が良く、のんびり過ごせるとしてよく知られています


 


フィリピンと言えば人気のリゾート地が多く存在する国であり、日本でもお馴染みのセブ島は、美しい海の広がるリゾート地として有名です。他にもボラカイ島やボホール島、ルソン島やミンダナオ島など、多くの島々がリゾート地として開発されており、どこも人気の高い場所です。


 


今回はそんなリゾート地の多いフィリピンの中でも、フィリピン屈指のダイビングスポットであり高級リゾートと呼ばれている「エルニド」をご紹介していきたいと思います。題して『エメラルド色が美しい、フィリピンの秘境「エルニド」』です。それでは、どうぞ!



Andy Enero


 



●エルニドへの行き方



まずは日本からマニラかセブへ飛びます。いずれのフライト時間も約4時間と短めです。たったそれだけのフライトなのに、飛行機を降りるとそこはもう南国一色。日本では見ることのできないエメラルドブルーの海の広がる美しい国、フィリピンへ到着です。


エルニドへはパラワン諸島の北部に位置しているため、マニラかセブから更に国内線での移動が待っています。


 


パラワン島のプエルトプリンセサの空港までは約1時間20分、そこからはバスかバンに乗って行きます。調べてみると、マニラからエルニドまで小型機の直行便も出ているようですが、筆者は国内線とバンの組み合わせで行きましたので、そちらをメインに紹介していきます。


 


プエルトプリンセサ空港からエルニドへ行くバスに乗るためには、空港を出て少し移動しなければなりません。まずは空港から出て大きな通りまで出ます。そこでトライシクルをつかまえて街へ出ます。街に出たら、エルニド行きのバスが出ているサンホセ行きのジプニーに乗りたいと言えば、案内してくれます。


サンホセのバスターミナルに着いたら、あとはバスかバンに乗るだけです。日本を出てエルニドに到着するまで、移動で1日潰れそうな勢いですが、そんな疲れを吹き飛ばしてくれるような景色が着いた先には待っていますので、頑張りましょう。


 


余談ですが、フィリピンはかなり英語の通じる国です。しかもその英語は日本人でも理解しやすいスピードや発音のため、他の東南アジアの国と比べても、言語の面ではかなり旅行しやすい国です。


スペイン語も通じますので、どちらかができれば問題なく旅行することができます。ぼったくりなどに注意すれば、トライシクルやジプニーに乗ることも怖くはありません。



Gareth Williams


 



●「フィリピン最後の秘境」、エルニド



エルニドはフィリピンきっての高級リゾート地として知られています。現在4つのリゾートが展開されており、その全てが個性的かつラグジュアリーな雰囲気をもっています。


4つのリゾートにはそれぞれコンセプトがありますので、滞在するリゾートを決める際には、自分がエルニドでどのように過ごしたいかで決めると良いと思います。


 


さて、エルニドは「フィリピン最後の秘境」と呼ばれている場所です。


その呼称にも納得してしまう程の美しい自然がたっぷりと残されており、特に海には絵具の緑と青を混ぜたような美しいエメラルドブルーとコバルトブルー、ターコイズブルーなどの美しい色彩のコントラストが広がっています


その美しさは特筆すべきもので、是非ゆっくりと満喫して頂きたいものです。


 


マリンアクティビティも多くあり、美しい海でシュノーケリングを楽しんだり、アイランドホッピングで島々を巡り、探検するのも楽しいです。また、エルニドは世界でも有数のダイビングスポットがありますので、ダイビングをする人も満喫できます。


筆者も実際に潜ってみましたが、その美しさにはため息が出ました。ダイビングをする人にはおススメです。


 


何もせずにただただ美しい海をぼんやり眺める…何とも贅沢な時間の過ごし方をすることのできる、そんな場所のエルニド。日常の喧騒から離れて、ゆっくりしたい人、リラックスしたい人、元気をもらいたい人には是非訪れて頂きたい場所です。



Andy Enero


 




●まとめ



『エメラルド色が美しい、フィリピンの秘境「エルニド」』と題してエルニドについてご紹介してまいりました。文章ではなかなか伝わらないのですが、本当に美しい場所です。


写真で見ても十分美しいのですが、実際に行ってみて、その場所で見る景色は言葉に表せない程の美しさです。ただ、こればかりは実際に行ってみないとわからないことです。


 


筆者がエルニドへ行ったのは、ついでのようなものでした。それこそセブに住んでいる友人に会いに行って、その帰りにボラカイ島にでも寄ろうかな?なんて考えていた時、「それならエルニドに行ってみたら?」と友人に言われ、それで行ってみたのです。


行ってみたら、その美しさに驚きました。日本から行くと移動が大変ではありますが、それでも行く価値のある所です。


 


海が好き!日本から離れてゆっくりしたい!というあなた、次の旅行先はエルニドにしてみませんか?行ってみて後悔することはないくらいの美しい景色と、ゆったりとした時間が待っていますよ。それでは、良い旅を!


 


2014年12月3日

written

by tabisapo


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop