現在17274個の困ったを解決できます!

2016月10月25日更新

リオオリンピックで話題のブラジル!!首都がブラジリアになった3つの理由

81896 views

ブラジルの首都がブラジリアに移された理由について教えてください(大学2年生・男性)



「ブラジルの首都は?」と聞かれ、「そういえば何だっけ?」と、あまりイメージが湧かないかもしれません。






ブラジルで知っている都市といえば、リオ・デ・ジャネイロやサンパウロを思い浮かべる方も多いはずです。


「リオのカーニバル」でも有名なリオ・デ・ジャネイロはかつての首都であり、またサンパウロは人口2000万を抱える






経済都市である一方、首都ブラジリアの認知度はそれほど高いとは言えません。















2.




写真を見ると分るかと思いますが、ブラジルの首都であるブラジリアは、「アマゾン」、「サッカー」、






「サンバ」、「ラテン」といったキーワードから連想するブラジルのイメージとは遠い、






人工的でどこか近未来的な印象を受けます。


整然とした区画や近未来的な建築物が立ち並ぶブラジリアは、1956年に大統領に就任した






ジュセリーノ・クビチェック氏により、かつて広大な高地にわずか5年あまりで完成しました。






「50年の進歩を5年で」のスローガンのもと、ジュセリーノ・クビチェック氏の5年任期以内に間に合うよう、






工事は急ピッチで進められたのです。


では、何故、計画都市ブラジリアに首都に移す必要があったのでしょうか。




理由①:多民族国家ブラジルの象徴となる都市が必要だった


実は、ポルトガル植民地時代の18世紀から、リオ・デ・ジャネイロのある沿岸部から内陸部へ


首都を移したいという想いはあり、独立後の19世紀末には、適切な土地を求めて、地質学者たちによる調査団が、移転先の地域を調査していました。


植民地時代からの首都であるリオ・デ・ジャネイロには、建築物やインフラなど旧宗主国ポルトガルの影響が






色濃く残っており、多くの民族を有するブラジルには、ポルトガルの影響が非常に強い都市でした。


そこで、多民族国家ブラジルのアイデンティティーとなるべく、ポルトガルの影響がない新しい首都が必要になったのです。






新たなスタートを踏み切るために、これまでの首都とは違う「未来的」な都市が必要だと考えたのかもしれません。




理由②:内陸部への人口分散が必要だった






ポルトガル植民地時代からの首都リオ・デ・ジャネイロや最大の経済都市サンパウロは、大西洋沿岸地域にあり、






ブラジルの人口の大多数が沿岸部に集中していました。


一方で、内陸部はアマゾンや草原地帯が広がり、沿岸部に比べ人口はまばらでした。






ブラジリアは、沿岸部のリオ・デ・ジャネイロから1000キロ程離れた内陸部にあり、過度に人口集中した沿岸部から、






内陸部へ人口を分散させるのに適した土地であったのです。




理由③:内陸部の開発のため






ブラジル内陸部には「ブラジルのサバンナ」と言われるセラード(低木草原地帯)が広がっており、






その土地を開発し農業などの産業を振興させようという意図もありました。






そのためには、首都移転をきっかけとして、人(労働力)の移動やインフラの整備が必要であったと言われています。















Joao Vicente










計画都市ブラジリアの抱える問題






新首都建設を急ピッチで進めるために必要な莫大な建築費は、ブラジルの国家財政に大きな負担となって残り、1970年代から1980年代にかけて起こった経済不振と高インフレの原因とも言われています。






また、当初の計画よりはるかに大きく発展してしまったことが、周辺都市に大きな影響を及ぼしています。


当初の計画では「2000年に人口60万人」という予測であったが、予想以上に大きく発展し現在では200万人以上の人口を抱える都市になり、周辺に衛星都市が開発されていきました。


しかし、国家プロジェクトとして計画的に開発されたブラジリア市とは対照的に、衛星都市は無秩序に発展し、幹線道路の脇の土地を不法占拠するなど、インフラや治安の面で格差が広がっていると言われています。






いかがでしたでしょうか。






ブラジリアがブラジルの首都である理由がわかりましたか?






ポルトガルから独立したブラジルの未来を託した都市という歴史のありますが、個性的な建築物が数多くあり、近代建築に興味のある方にも魅力的な街だと思います。




リオオリンピック開催中でもありますし、これを機にブラジルについてもっと調べてみるのもいいかもしれませんね。



2016年10月25日

written

by tabisapo


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

海外・留学記事ランキング

pagetop