現在17271個の困ったを解決できます!

2015月1月22日更新

カナダドルと日本円をお得に両替する方法

561 views

海外旅行の持ち物リストの上位である「外貨両替」


米ドルと違って近所の金融機関で手に入りにくいのが、「カナダドル」というわけで、
今回は旅行前の「お得に」カナダドルを準備する方法をご紹介していきます。


 



wikipedia


 



ステップ1:旅の予算、費用の予定を立てる



 


旅行スタイルによって、旅の予算は異なりますが、
おおまかでもいいので1日に使う予算×日程で旅行全体の費用を計画しましょう。


 



ステップ2:予定額の6-7割を両替する



 


必要以上に両替をしないのは、お得に旅行する鉄則!
外貨の種類には、大きく分けて①現金 ②トラベラーズチェック(T/C)があります。


 


 


基本的に短期の旅行であれば、現金両替のみで充分。実際に、カナダはカード社会なので「デビットカード(銀行のキャッシュカードによる即時決済)」または「クレジットカード」が主に使用されています。


 


万が一、予算オーバーの場合は、現金がなくてもクレジットカードで補えるので(実際にカード決済の方が両替手数料は安い)、旅行途中で予算オーバー気味に気がついたら、クレジットカード払いで調整し、手元に現金を残す方法もあります。


 


トラベラーズチェックのメリットとしては、盗難、紛失にあった場合再発行ができること。基本的には、長期の滞在時に銀行に多額のお金を預ける場合におススメ。


 



ステップ3:両替するタイミングを決める為替レートを確認



 


旅行が決定してから出発の1週間前くらいまでは、ニュースで為替レートをチェック。または、ネットでも手軽に外国為替はチェックできます。極端に「円高」「円安」の動きがある場合は、見極めを。


 


1000ドル以下の両替であれば、基本的には余り大きな差はありませんが、「○年ぶりの円高!」なんていうときは、両替をお勧めします。



ステップ4:両替する場所を決める



 


基本的には、空港内の両替所でカナダドルの両替は可能です。24時間営業の両替所もありますが、ご自身のフライトの時間により混雑している場合もあるので、出発日前に時間があれば主要都市にある外貨両替コーナーにて両替しておくのもおススメ。


 


Toronto Pearson International Airport




ステップ5:出発直前まで友人の海外旅行の計画をチェック(おまけ)



 


余談になりますが、身の周りでカナダへ旅行に行ったことがある知人がいれば、まだ外貨を持っていないかを聞くのも手。両替所での日本円からカナダドルへの両替手数料は約3%。


 


なので、直接知人と交渉し、お互いにとってメリットのある両替を行うのもありかも。もし、硬貨があればもらっておくと便利。


 


カナダの空港での公衆電話の利用、カート利用、など25cなど小銭があると助かることも。
ちなみに、硬貨は両替はできないので、カナダに滞在中に使い切ってしまうことがおススメ。


 


Yorkdale Shopping Centre


以上、予算の6-7割を目安に、出発前にタイミングをみて両替、硬貨は帰国前に使い切る!ことをキーワードに、お得にカナダドル両替の準備してくださいね。

2015年1月22日

written

by tabisapo


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop