現在17271個の困ったを解決できます!

2015月1月22日更新

知っていれば安心!アメリカのチップが必要な場所と渡し方について

348 views

アメリカは日本とちがってチップが必要な文化です。


日本はサービス込みの文化なので、最初はすこし変な感じがしたり、


戸惑ったりするかもしれませんが、アメリカではサービスを受けた際には、


感謝の気持ちを込めてチップを渡しましょう。


 


 


今回は、どんな時にチップが発生するのか、


どうやってチップを渡せばいいのかをまとめました。


 



レストラン




masashi nagai


テーブルに担当が1人つくのがアメリカ式。


基本的に、注文やお願いなどは全てこの担当の方にお任せします。


なので、最初に自己紹介をされたときは顔と、


可能であれば名前を覚えておくことをおすすめします。


 


 


レストランでのチップの目安は15%~20%


担当の方のサービスに満足すれば多めに、


残念ながら満足しなくても目安は支払うようにしましょう。


 


 


チェックを頼めばレシートを持ってきてくれます。


その際、”Do you need change?(おつりはいりますか?)”と聞かれるので、


チップを含めた金額を渡したのであれば


”No, thank you. It’s all set.(いいえ、おつりはとっておいてください)”や、


”Keep the change.(おつりはとっておいてください)”などと伝えて下さい。


 


 


おつりをうけとってからチップを置く場合は、


”Yes, please.(はい、ください)”と答えて、


その後改めて計算したチップをテーブルに置いていきましょう。


 


 


カードで支払う場合は、サインのレシートにTipの金額を記載する欄があるので、


そこに渡したいチップの額を書いて、


Totalに金額+チップの額を書いて渡しましょう。お店側で処理をしてくれます。


 


 


ハイランクのレストランには、トイレにメイドさんがいて、


ペーパータオルやハンドクリームなどを渡してくれる場合があります。


その場合に備えて、トイレに行くときは1ドルを持って行くことをおすすめします。


 



タクシー




Shinya Suzuki


タクシーでは大体15%を目安に支払いましょう。


プラスして、スーツケース1つにつき1ドルが目安。


 


 


タクシーの場合も、チップ込みで”Keep the change.(おつりはとっておいてください)”を伝えたり、


支払いすぎの場合は”Give me ○ dollars back, please(○ドルだけ返して下さい)”と


伝えたりして、調整してください。


 




ホテル




Eustaquio Santimano


ベルボーイさんには荷物を持ってくれたお礼に1ドルを。


荷物が多い場合や重い場合は、もう1ドルプラスして


渡すのもいいかもしれません。


 


 


また、ハウスキーピングの方にも感謝の気持ちを込めて、


ベッド1台につき1ドルを枕元に置いておきましょう。


 


 


この時注意したいのは、ホテルのテーブルや枕元にお金を置き忘れてしまうこと


悪気はなくても、チップだと思ってもらわれていってしまう場合があります。


 


参考になりましたでしょうか。


 


裏ワザとして、わたしは計算するのが苦手だったので、


15~20%のチップが発生する場合は、


消費税の額に2を掛けたもの(3ドル消費税なら6ドル)を支払っていました。


いちいちちゃんと計算するのがめんどくさい!という方は、


こちらも参考にしてみてくださいね。


 


旅行の予算を組む際は、チップのことも考えて組むと円滑にいくかもしれませんね。

2015年1月22日

written

by tabisapo


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop