現在17271個の困ったを解決できます!

2015月1月18日更新

シドニーの天気・気温・服装について

297 views

シドニーは日本の大部分と同じ温帯性気候なので、似た点が多く、四季もあります。


ですが、南半球なので、日本とシドニーは季節が真逆。つまり、日本が冬の時、シドニーは夏です。


 


日差しが強いため、晴れている時と曇っている時では感じ方がかなり違います。また、天気が変わりやすいので、昼間は汗ばむほどなのに朝晩は冷え込む、ということもシドニーでは珍しくありません。


 


また、紫外線が強いので、冬でも日焼け止めを塗ったほうがいいでしょう。


 


シドニーの雨量は年間を通して大差がなく、日本のように雨季や梅雨はありません。


 


MickiTakesPictures


 


 


それでは、季節ごとにシドニーの天気・気温と服装について詳しく見ていきます。


 



春(9~11月)



平均して最低気温は11℃台、最高気温は25℃台です。


 


晴れた日は半袖でも大丈夫ですが、天気が悪い日・朝晩は長袖や上着が必要です。特に、海辺は風が強いのでかなり寒く感じるでしょう。


 


先に述べたように、シドニーに雨季というものはありませんが、他の季節と比べると雨は少ない傾向にあり、一年で一番旅行に適している時期と言えるかもしれません。


 


Neerav Bhatt


 


 



夏(12~2月)



平均最低気温は17℃台、最高気温は28℃台になります。


 


シドニーの真夏は最高気温が40℃を超えることもあります。日本のようにジメジメしていないので、日陰に入ると意外と涼しかったり、比較的過ごしやすいですが、シドニーは日差しが強いので天気の日は「刺すような」暑さです。


 


ですが、朝晩は気温が下がったり、室内やバスの車内などは日本人にとって冷房が効き過ぎと感じることが多く、夏でも羽織れるものがあったほうが便利です。


紫外線が強いので、サングラスも必須です。



Hank 


 



秋(3~5月)



平均の最低気温は11℃台、最高気温は26℃台です。


 


雨の日や朝晩は、厚めの服や重ね着が必要な日も出てくるでしょう。とはいえ、他の季節と同じように、シドニーは一日の中で気温差が大きいため、晴れた日中は半袖でもOKだったりします。



Daniela Valencia 


 



冬(6~8月)



平均最低気温は7℃台、最高気温は19℃台です。


 


常夏のイメージがあるかもしれませんが、シドニーでも冬は寒いです。


日本の冬と比べると暖かいですが、コートやマフラーが必要でしょう。シドニーは海に面しているところが多いので、風が強く、体感温度は更に低くなります。


 


ただし、冬でも天気がいい日中は、割と軽装でも大丈夫なこともあります。



Peter Hindmarsh 


 




まとめ



シドニーも四季があるとはいえ、日本と比べると年間の温度差は小さく、またハッキリした雨季は無いので、年間を通して楽しむことができます。


ただ、天気が変わりやすいので、調節しやすい重ね着スタイルが便利です。


 


シドニーは、夏時間が始まる10月から「日中」が長くなり、気候もよいので、春がベストシーズンと言えるかもしれません。


 


ですが、ビーチを楽しみたいなら夏がおすすめなように、旅行の目的によってシドニーを訪れる最適な時期は変わってきます。


 


シドニーでも秋になれば紅葉が見られますし、また、美術館や博物館など室内で楽しめるところがたくさんあるので冬でもシドニーを満喫できます。


むしろ、夜景を楽しみたいなら、空気が澄んでいて日が早く落ちる寒い季節のほうが向いています。


 


その季節なりの、その時しか体験できないシドニーを楽しみましょう!


 


 

2015年1月18日

written

by tabisapo


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop