現在17271個の困ったを解決できます!

2015月10月7日更新

カナダの電圧事情と変換器について

2472 views

外国に旅する時に一番気になるのが、日本の電話製品は現地で使えるのか?ですよね。




「携帯の充電どうしよう〜」「ヘアドライヤーは持って行けるの?」など、事前に現地の電圧事情を押さえておくと準備もスムーズです。


さて、早速カナダの電圧について調べてみました。




カナダの電圧って何ボルト?


答えは110〜120Vとなります。


日本の電圧が100Vですので、若干高めとなりますが、普段使いのものであれば、短期の滞在では特に変圧器を使用しなくても問題なく使えます。




ですが、留学等、長期の滞在となると少なからず電子機器に負担をかけますから変圧器を準備した方がよいかもしれませんね。


ちなみに電圧を調べるときに周波数に付いてもカナダは60ヘルツと記載がありますが、日本においては元々関西地区が50ヘルツ、関東地区が60ヘルツと国内で違う周波数が混在していた影響で周波数フリーの製品がほとんどです。よって周波数は気にしなくても大丈夫!




プラグの差し込み口の形は?


変圧器は用意しなくて大丈夫、でもプラグは日本のものがそのまま刺さるの?という疑問をお持ちの方も多いと思います。


結論から言うと、カナダは日本と同じ、A型、A型のプラグでも刺さる形状のB型が混在しています。




※ちなみにA型、B型という呼び方はまだ世界共通のものがないようです。ここではウィキペディアを参考にしています。





Photo by torotorokon




ですので、日本製の電子機器のプラグが刺さらない!という事態は起こりませんのでご安心を。


ただし、お土産で電子機器を買うときは注意が必要です。それはなぜか、を次項でご説明します。




カナダの電子機器のプラグの形について


カナダで電子機器をみて、日本より価格がお手頃だな〜と購入したくなったとします。ですが、カナダの電子機器のプラグは日本のものと形が違います。


先ほどご説明した通り、A型、B型のプラグが主流なカナダです。




B型のものは日本で使えないのは形状から見てもお分かりだと思うのですが、実はA型も日本のものとは形状が少し違うのです。



Photo by torotorokon




向かって左側の差し込み口が少し大きめになっているのが分かるでしょうか。




カナダの電子機器はこちらの差し込み口にあうように、コンセントの片方が少し大きめに作られているので、日本のコンセント差し込み口に差し込む事が出来ません。


従って、カナダ製の電子機器を日本で使用するときには、プラグの変換機が必要ですのでご注意下さい。





おまけ情報


カナダを旅行中、携帯の充電が切れそうになったり、モバイルパソコンをどうしても使いたくなったりする事があるかもしれません。




その場合はお近くのスターバックス、もしくはマクドナルドにGO!


お客さんが自由に使える電源差し込み口が高確率で用意されています。ちなみに無料のWifiもあるので心強いですね。




では、準備をしっかりして、カナダへの旅をお楽しみ下さい!!

2015年10月7日

written

by tabisapo


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

海外・留学記事ランキング

pagetop