現在17271個の困ったを解決できます!

2015月1月18日更新

安くて便利!台湾のタクシーの使い方

105 views

 初めての地、土地勘もない状態で駅から遠い目的地を目指すのは難しいですよね。


またお買いものをいっぱいしたためホテルまで送り届けてほしいなど…


理由は様々ですが、タクシーをうまく使いこなせると旅行が格段にスムーズになります。


 


でも言葉が通じないし、料金がいくらくらいかかるかわからない。


不安はたくさんあると思いますが、台湾のタクシーはとってもリーズナブル


親日的で優しい運転手さんも多いので、どうやったらうまくタクシーを利用できるかのヒントをご紹介いたします。



1.タクシー代どれくらいかかるの?




 James Chao


台北のタクシー初乗り(1.25kmまで)は70台湾元


だいたい日本円で210円くらいになり、日本に比べるとってもリーズナブルです。


 


その後250m毎に+5元(約15円)ずつ増えて行きます。


最初に乗るときはピピッというメーターの音にドキドキハラハラしますが、1回なるごとに約15円なのでさほど心配する必要はありません。


 


ちなみに深夜料金は23:00-翌06:00の利用+20元になっています。


 



2.タクシーの選び方



 


Christopher


タクシーの選び方と聞くと、違和感を覚える方も多いかもしれません。


 


台湾のタクシーの運転手さんはフレンドリーで良い人が多いですが、


やはりそこは海外なので運転が荒かったり、観光客だからバレないと思ってわざと遠回りをしたり、中にはそんな人たちがいるのも事実です。


 


そこで、“車の見た目が綺麗なタクシーを選んでください”


見た目が綺麗というのは、車のボディーに傷や凹みがないという意味です。


そんな単純でいいの?と思われるかもしれませんが、


台湾人のお友達もそうやってタクシー選びをしているそうなので間違いないと思います。


 



3.小さめのお金を用意しておくこと




jun


よく旅行に行くと困るのが、両替の際に大きい額の紙幣に変えてしまうためタクシーなどのお釣りが限られた場所に行く時、お釣りが足りない。なんてことがあります。


出来るだけ小さめのお金を準備してから乗りましょう。


 



4.台湾タクシーのドアは自動ではありません



 


Hyungjun Ham


日本のタクシーに慣れてしまっているため、タクシーにドアは自動で開閉するように思いがちですが、台湾のタクシーのドアは手動です。


特に乗る時は自分で開けないと乗ることが出来ないのでちゃんと開けますが、


問題は降りるとき、ついつい忘れてしまいがちです。


運転手さんが困ってしまうので気をつけてあげてください。


 




5.行き先の伝え方



 


Dan Cederholm


タクシーの運転手さんで日本語・英語が話せる人はとっても限られているため、


中国語が話せない場合は住所や行きたい場所の名前を紙に書いて行くといいと思います。


幸い日本人は漢字が書けるので便利ですよね。


 


ここで注意したいのが、英語で住所を書いてしまうと通じないということ。


たまにガイドブックで英語で住所を記載しているものがありますが、運転手さんは英語で書かれてもわからないので気をつけてください。


 


以上の注意点に気をつけて上手くタクシーを利用してみてください。


 


運が良ければ日本語が話せる優しい運転手さんに巡り合えたり、日本だからテレサテンの音楽をかけてくれたり、いろいろ頑張って台湾について説明してくれたりしますよ。

2015年1月18日

written

by tabisapo


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop