現在17271個の困ったを解決できます!

2015月3月9日更新

これは恋愛対象外!痛い女の行動10パターン

9132 views

恋愛対象外に見られてしまう行動とかしぐさってやっぱりあるんでしょうか?(大学2年・女性)

 


恋愛対象外の痛い女にNOという男性

 

ありますね。「うわー、この人痛いなー」と思ってしまう女性の行動って確実にあります。

もしかしていくつか当てはまっていることがあるかも?ということで。


今回はそんな、痛い女の行動10パターンを紹介します。




(1)    笑い方がおおげさ



いっぱい笑っていることはすごくいいことなのですが、その先を超えてしまうとただのうるさい人になってしまいます。


場を考えず無駄に大声で笑ったり、手をばんばんたたくなど、身振りが大きくなってしまったり。


心理学的にそういった行動は周りに見て欲しい、注目して欲しいという心の表れなのだとか。




(2)    聞かれてもいないのに詳しく説明してしまう



趣味や好きな物に対しての熱い気持ちを、求められてもいないのに専門用語をがんがん入れながら説明し出してしまう女性っていますよね。


そして、その場がしらけきっているのも気付かず最後まで話しきってしまい、自分は満足。(笑)


そこは、相手は興味を持っていないと感じたらうまく引き上げ、場を仕切り直すのがマナーです。つい、好きな物だったりすると熱くなってしまいますが、それはもっと場を考えてしていただきたいですね。




(3)    男性に対して甘過ぎで、執着しやすい



これは痛い上に、怖いです。


これしてあげて、あれしてあげて・・・と一見すごく尽くすいい女性に見えますが、ふとした時に発する言葉が、会いに来てほしかったのに風邪引いてこれないっていうからすねた、一緒に帰りたいから仕事終わるまでずっと待ってた、など相手を考えていないような重ためなことが混ざり始めると、ただの男に依存してしまう女性にしか見えません。同性からも痛いですし、男性からしてもそれ、自分がされたらきついわーと思う人たくさんいると思います。


ちょっとそういう傾向がある女性は気をつけて。




(4)    化粧が最先端の中途半端



最近はちょっとポップな化粧が流行っていますよね。チークの入れ方だったり口紅のカラーだったり。


我が道を行く派は何となく雰囲気として分かりますが、それが中途半端になってしまっている女性をよく見かけます。


チークの入れ方、口紅のカラーがちょっと微妙にずれているんですよね。


本人はすごく控えめに流行を取り入れてるつもりが、ちょっと微妙になってしまっている。


またはその逆で、やりすぎちゃってちょっと流行から先に行き過ぎちゃっている女性もいますね。


男女ともに、これは痛さしか感じません。


メイク落としを渡してあげたくなりますね。




(5)    洋服のテイストが明らかに合っていない



お化粧の話ともクロスしてきますが、洋服のテイストが明らかに本人に合っていないものを着ている女性も多いです。


最近の流行を見て取り入れているのかもしれないですが、マネキンをそのまま取り入れているので体型や雰囲気、年齢に合っていないものを選んでしまっているのかも。


いくら洋服がかわいくても自分に合っていなければ100%にはなりません。


最近ではすごく若い格好をしているのに振り返ると結構服の年齢層とは違う女性もよく見かけますが、服よりも年齢を考えていないというだけですごく痛い女性に感じてしまいます。


自分に合った服を選んでいる方がよっぽどすてきですよ。




(6)    自分の話しかしない



どれだけ話題が変わろうと、自分の話に必ず結びつけちゃう女性いますよね。


「私は~」「私の場合は~」など聞いてもいないタイミングで言ってきてしまうところを見ると痛いなぁと感じてしまいます。


男性が面白い写メがあると見せても、反応は薄いは「私の方が面白い」と自分の写メを見せてきてしまう女性など、わりといるとは思いますが自分は極力そうならないようにしようと本当に思いますよね。(笑)




(7)いい人や謙虚な人のつもりなことをみんなに言ってしまう



これも、本人は自覚がないのかとは思いますが本当に痛いですね。


本人はすごくいいことをしてあげたし、相手も喜んでいたと思っていますが、それを周りにアピールしちゃうんですね。


「彼女、こんなことで困っていたから聞いてあげたの」


「彼女の方が一生懸命頑張っていたのに、私が選ばれてすごく複雑・・・」


そんな一言で周りは一瞬にして本人の意図とは反対の印象を受けてしまいますね。




(8)そこまで見た目に変化はないが女性磨きが必死すぎる



「最近ダイエット中で全然食べてないよー」


「半身浴はかかさないよー」


など美容に熱い女性はたくさんいますが、それなりに効果が出てなんぼですよね。


一体この人はいつまでダイエットしているんだ?となるような年中ダイエットしている人っていますよね。


周りに気を遣わせるし、変化が見えなければ周りもただ言っているだけだろうと思ってしまいます。




(9)幸せ、リア中アピールが過剰



まるで自分は幸せだと言い聞かせているような幸せアピールをする女性っていませんか。


本当に幸せならにじみ出ます。


「私今すごく充実しているの!」「楽しい!」


ことあるごとにそんなことを言われてもこちらもある程度よかったね、と言ってしまえばあとは結構人の話です。


場を盛り上げようとしてその話ならなおさらやめましょう。どっちらけです。(笑)





(10)相手の行動をいちいち指示する



ちょっとしたアドバイスを求めただけなのに、こうじゃないああじゃないと否定したあげく、こうしろああしろと長々説教が入る女性。


本人に本当に変わった方がいいと思うからこそしてしまう行動なのかもしれませんが、所詮自分は自分です。


空気を読めないアドバイスはただ痛いだけです。


いくつか自分も当てはまることありました?


やっぱりコミュニケーションなので、人それぞれ痛いと感じることはあると思いますが


「すぎる」のはどんなパターンにしてもよくないですね。


痛い女性にならないように、自分がされたら痛いなと思うこといろいろ考えてみてはどうでしょうか。

2015年3月9日

written

by lusa


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop