現在17271個の困ったを解決できます!

2015月1月20日更新

独自の文化を持つ中国の民族の特徴まとめ

4980 views

 


 


中国には漢民族のほか、55の少数民族が暮らしています。少数民族は人口としては全体の10%以下に過ぎませんが、それぞれ独自の文化を継承しつつ暮らしています。彼らの伝統的民族衣装や独特の建築様式はとても興味深いものですが、残念ながら現代では漢民族化が進み、独自の言語を失いつつある民族もいます。


 


また、都市部の少数民族は、民族衣装を身につけることも少なくなりました。しかし一方で、彼らの文化や言語を保存しようと動きも起こりつつあります。ここではその主な少数民族の特徴を紹介します。


 


 B_cool



チワン族



 人口は約1850万人、少数民族の中で最も人口の多い民族です。広西壮族自治区や雲南省にすんでいます。チワン語を話します。青銅製の太鼓「銅鼓」でよく知られ、歌や踊りも得意な民族です。冠婚葬祭の時には一問一答式で歌を歌う「歌掛け」を行います。


 


 Justin Vidamo



ラフ族



 人口約45万人、雲南省西南国境付近の山岳地帯他、ミャンマー、タイなど広い地域に住んでいます。焼畑農業を基軸としていましたが、最近では定着型農業も行われつつあります。ラフ語を話しますが、古来から文字を持っていません。



 タイ族



 人口約102万人、雲南省シーサンパンナ等に住んでいるタイ系の民族で、水耕栽培を行います。タイ暦正月の水かけ祭には世界中から観光客が押し寄せます。独自のタイ文字による文献があります。タイ語やラーオ語を話します。


 


M M



ハニ族



 人口約125万人、雲南省南部にすむチベット系民族です。雲南省の少数民族としてはイ族、ペー族に次いで多い少数民族です。ミャンマー、タイ、ラオスでは「アカ族」とも呼ばれています。青色の衣服を着ていることが特徴的で、男性は黒色の頭巾をかぶっています。高温多湿の亜熱帯地域でプーアル茶や稲作、トウモロコシ、綿花などの栽培を行っています。


 


Rita Willaert



ペー族



 人口約186万人、雲南省大理ペー族自治州に住んでいます。未婚女性が頭に巻きつける白い羽飾りが特徴的で中国語では「白族」と呼ばれます。かつては大理国を作っており、独特の建築様式を用いた大理三塔は観光地としても有名です。牧畜の歴史が古く、乳製品を作っています。



Michael Mooney




ミャオ族



 人口約894万人、貴州省をはじめ、湖北、湖南、広西などに広く分布しています。モン族とも自称していますが、タイに住むモン族とは別の民族とされています。銀の飾りを多用した民族衣装が有名です。女性の服装によって、青ミャオ、花ミャオ、白ミャオに分類されます。


 


CJ Shane



ウイグル族



 人口約1,247万人、新疆ウイグル自治区やカザフスタン、キルギス、ウズベキスタンに住んでいます。チュルク系イスラム教徒でタクラマカン砂漠周辺のオアシス地域で果実と穀物を栽培しています。豊富な楽器を持ち、情熱的な歌と踊りでも有名です。ウイグル語を話し、アラビア文字を基本とするウイグル文字を使用しています。


 


Robert Thomson



カザフ族



 人口約130万人、新疆ウイグル自治区およびカザフスタンに住んでいます。チュルク系イスラム教徒で、アルタイ山脈周辺で羊を中心とした遊牧を行っていますが、ソ連時代に大規模な定住化が政策として進められ、現在では定住して農業を営む人々もいます。馬術に長けていることでも有名です。


 


 


Ethnocentrics



チベット族



 人口約460万人、チベット自治区、青海省、四川省、雲南省など広範囲に住んでいます。チベット仏教を信仰しています。遊牧生活を続ける人々と、定住して農業を営む人々がいます。中国支配のチベット本土では自治拡大を主張しています。


 


randomix



トン族



 人口約250万人、貴州省東南部を中心に湖南、広西に住んでいます。稲作のほか、雑穀やトウモロコシ、生薬の栽培、林業を営んでいます。「鼓楼」や「風雨橋」という独特な建築物で有名で、近年はその村が観光地として注目されています。


 


manhhai



満族(満州民族)



 人口約985万人、ほぼ中国全土に分布しています。17世紀に現在の中国およびモンゴルを支配する清国を興しました。ツングース系ですが、漢民族との同化が進んでいます。知識人を多く輩出しています。ごく少数の老人を除いて満州語を話す人はほとんどいないと言われています。伝統宗教のシャーマニズム信仰もほとんど残されていません。


 


 


Duc



モンゴル族



 人口約480万人、内モンゴル自治区を中心として広く分布しています。内モンゴル自治区は1947年に中国で成立した最初の少数民族自治区です。モンゴル語を話しますが、キリル文字を使用するモンゴル国のモンゴル人に対して、中国内のモンゴル族はウイグル文字をもとにして作られた旧モンゴル文字を使用しています。歌と舞踊を愛好する民族です。


 


 


Anja Disseldorp




イ族



 人口は約770万人、四川、雲南省に住んでいます。チベット系の民族で武勇を尊ぶことで知られます。独自の文字を持っていて、祭事や治療を行うシャーマンが存在しています。かつては複雑な奴隷制度を持っていました。独自の相撲や競馬の文化を持っています。


 


以上が、中国の主な少数民族の特徴でした。現在ではその独特の文化や習慣が注目され、観光地化が進み、少数民族の村を訪れるツアーなども催行されています。彼らの建築様式の家屋を利用した宿泊施設に泊まったり、民族音楽や舞踊を楽しむイベントなども用意されていますので、各民族の特徴をつかみながら、参加してみましょう。

2015年1月20日

written

by tabisapo


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop