現在17274個の困ったを解決できます!

2016月8月8日更新

サンフランシスコの定番お土産!ギラデリのチョコレートの魅力を大解剖!

1002 views

アメリカの美味しいチョコレートを紹介してください(大学2年生・女性)

おみやげの定番、チョコレート。だけど、チョコレートってヨーロッパの方がおいしいんじゃ?と思われている方も多いのでは?


実はここアメリカ、サンフランシスコにも世界的に有名なブランドがあるんです。今日はGhirardelli のチョコレートと関連商品をご紹介しますね。




ギラデリって何?


(ギラデリ)とは、1800年代にサンフランシスコに創立されたチョコレート製造会社です。イタリア系移民が創設したらしく、いまだに名前を正しく発音・スペリングするのが問題になってるそう。そういう私も主人に何回も頼んで発音してもらいました。


大雑把でやたら甘いだけのお菓子が多いアメリカで、ギラデリのチョコが老舗と呼ばれるのは、そのこだわり。創業以来、160年にわたって、良質のカカオの選定から最終工程である型抜きと冷却にいたるまで、全ての工程をアメリカ国内で行っているそう。アメリカには同じ製造工程を行っているチョコレート会社はほとんど無いのだとか。なるほど。だから違うのか、と納得。実は今までスイスかドイツあたりの会社かと思ってました。それくらいおいしいです。



画像出典




どんなチョコレート?


さてさて、こっからがいよいよ本番!チョコそのもののお話をしてまいります!




やや大きめ一口サイズ


板チョコもありますが、ギラデリといえば、Square (スクエア)。3cmほどの大きさの四角いチョコが個別包装されているのが特徴です。持ち運びにも便利だし、フレーバーによって、パッケージのデザインも違うので、一通り並べると楽しいですよ♪





種類が多すぎて困る??


もちろん、定番のミルクとダークは外せませんが、是非食べていただきたいのは、キャラメル入り。ただし、食べるときには要注意!かじると、キャラメルソースがとろぉ~んとこぼれるから!キャラメル以外にもいろいろあります。個人的にはラズベリーも好きです。





TripAdvisor




季節限定物も要チェック


また、冬の時期に特にお薦めしたいのはHoliday Season 限定アイテム!Holiday というと、クリスマスをイメージしがちですが、アメリカではHalloween の頃からもう Holidays と呼ばれ、各お菓子会社は限定商品を出します。もちろんギラデリも。フレーバーだけでなく、パッケージもデザインが変わり、一気に気分が盛り上がります。
中でも、ホワイトチョコレートに、クリスマスには欠かせないミント味の Candy Cane を細かく砕いて混ぜたPeppermint Bark。白地にピンクのぷちぷちがかわいくて、見た目はもちろん、おいしい!一度食べると病みつきに。Holiday の時期にこちらに来られることがあったら、是非、お試しあれ!








売っているのはチョコレートだけ?


いえいえ、そんなことはありません。世界のギラデリ、他にもいろいろあります。




マシュマロを浮かべて。。。


コストコで個別包装になったものを大量に買ってます。もちろん缶入りもあります。モカ、ダブルチョコなどのフレーバーも揃ってます。寒い冬の夜、小さなマシュマロを浮かべて、ほっと一息。いかがですか?



Amazon.com




秘密のレシピ(?)


アメリカでは、クリスマスにクッキーやケーキを大量に焼く習慣があります。ギラデリにはブラウニーミックスもあって、簡単にあのリッチな味わいが楽しめます。主人がよく、このミックスを使って焼いてくれますが、レシピを聞かれるくらい本格的。ナッツが入っているものやキャラメルフレーバーも揃ってますよ!チョコチップをさらに足してみるのもいいかも。ベーキング専用のチョコもあるので、アイシングやデコもできちゃいます。





ghirardellibrownies.com




コーヒーにもいかが?


カフェモカを作るときにギラデリのチョコシロップを使ってるカフェもたくさんあります。手軽にお店と同じカフェモカが作れちゃいますよ。もちろん、アイスにかけてもOK。さらには、パーティには欠かせないカクテルのデコレーションに使えてしまう優れものです。個人的ですが、プロテインシェイクに使ったりもしてます。





いかがでしたか?


毎年9月にはサンフランシスコで、Chocolate Festival を主催するほどのギラデリ。是非、次回のサンフランシスコ旅行のお土産として(もちろん自分用にも!)お試しあれ!

2016年8月8日

written

by tabisapo


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

海外・留学記事ランキング

pagetop