現在17271個の困ったを解決できます!

2015月1月10日更新

【アメリカ】空中庭園!変化し続ける「ハイライン」の魅力

95 views

 


 


新しいものが多く生みだしてきた街、ニューヨークで、


観光スポットとして人気を集めているハイライン。


トレンディなショップやレストランが立ち並ぶミートパッキング地区から、


アートギャラリーが並ぶチェルシーという街を通って、


ガンズヴォート・ストリートからウエストサイドヤードまで伸びた長い公園です。


 


gigi_nyc


 


そんな空中公園、ハイラインの魅力をご紹介します。


 



変化し続けるハイライン



 


Maciek  Lulko


 


ハイラインはダウンタウンのハドソンリバー沿いにあり、


使われなくなった古い鉄道高架を利用しています。


1930年代に建造された、地上約10mの高さに設置された貨物列車用の線路は


80年代まで使われていました。


その後20年以上放置された高架。


廃線になった列車の高架をリノベーションして公園にしようという案が持ち上がり、


2009年の夏にセクション1(ガンズブールストリート~20丁目まで)、


2011年夏にセクション2(20~30丁目まで)がオープンしました。


ハイラインとは、ニューヨークで注目されている


都市再開発プロジェクトの1つでもあるのです。


 




自分なりに過ごすハイライン



 


Ed Yourdon


 


約20ブロック、全長約2kmの遊歩道


道の両脇には季節の花々や植栽が植えられており、散歩には最適です。


ところどころに古い廃線になった列車の線路の跡が見えるので景色に飽きません。


途中には線路を活用したベンチなども設置されているので、


川沿いの風景を眺めながら日光浴をしたり、読書を楽しんだりすることができます。


 


 またおすすめなのが、写真撮影です。


ハイラインでオススメの撮影場所は3つ。


 


①10番街を臨むウッドデッキからの景色。


車や大型トラックが行き交う道路が広がっており、ニューヨークらしい景色を味わえます。


 


Natalia Olivera


 


②ハドソン川のほど近くの14丁目の景色を眺めることができるサンデッキ。


夕日に染まるハドソン川を見ることができ、何ともロマンチックです。


 


③チェルシー地区のカラフルなストリート・アートです。


流行の最先端ニューヨークを感じられる撮影スポットです。


側道にはオーガニックカフェやアイスクリーム屋など、


さまざまな店があるので撮影途中にぜひ立ち寄ってみてはいかがでしょうか。


 


 



Joseph


マンハッタンを見下ろす空中公園ハイライン。 ニューヨーク市民の憩いの場としても大人気です。


いくつもの流行や新しい物を生み出してきた町ニューヨークの、


古いものを変化させて新しい用途を模索した公園、ハイライン。


散歩したり、写真を撮ったり、くつろいでみたり。


あなたなりの過ごし方で、ハイラインを楽しんでみてください。

2015年1月10日

written

by tabisapo


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop