現在17271個の困ったを解決できます!

2015月1月22日更新

1度は泊まりたい!一晩中オーロラを楽しめる「氷のホテル」

0 views

氷のホテルってなに?




二師兄Allen


スウェーデンとノルウェーの国境近辺、スウェーデン北部のキルナー空港から車で20分ほどのノールランドにある村「ユッカスヤルヴィ(Jukkasjarvi)」。ここで毎年冬の間だけオープンする3つ星ホテルが「アイスホテル(ICEHOTEL)」です。


 


この地方にはトルネ河という河川があるのですが、冬になると凍結する川や湖の氷と雪とを使ってホテル全体が作られます。氷の準備は前年から。ブルドーザーで切り出した氷を冷凍庫に運び込み、翌年のために大切に保管しているそうです。


 


春になると溶けてなくなってしまう数カ月だけのホテルっですが、毎年、いろんなアーティストやデザイナー達が趣向を凝らし、競い合い、楽しみながら一部屋一部屋作り上げていきます。氷のホテルとしては世界最大で、毎冬約3万人もの人が訪れます。でも、気に入ったお部屋があっても、来年は同じ部屋に泊まることができないのはちょっと残念!?


 


ホテルの建物、柱、天井、床、壁はもちろん、ベッド、椅子などのインテリア類にいたるまで、すべて氷でできているというこのホテル。ホテルだけでなく、氷でできたバー、レストラン、劇場や教会まであり、バーで使われているグラスまで氷の彫刻でできているというのですから、徹底していますね。



Louise Leclerc



氷のホテルだと寒いんじゃないの?



昼間でも外気がマイナス30度になることはざらにあるというこの地方。ホテル倒壊の危険を防止するために暖房設備はなく、建物内はマイナス5度からマイナス2度程度に保たれていてるそうです。


 


マイナス5度!寒い!と思ってしまいますが、それでも外から戻ると温かく感じるほど、外側はもっと寒いのでご安心を。


 


氷のベッドは寒そうですが、ベッドにはトナカイの毛皮が敷かれていて、氷の冷たさをシャットダウンしてくれます。また、ホテル宿泊料金には防寒具のレンタル料も含まれています。手袋や寒冷地仕様の寝袋はチェックイン時にあわせて借りましょう。


 


ちなみに、アイスホテルは日中観光客に公開されているため、宿泊客は部屋にとどまっていることはできません。そのため、アイスホテル滞在は1泊のみで、他は普通のホテルでゆっくりするという旅行者が多いようですよ。ご参考まで。



filipe brandão




オーロラの鑑賞スポット



北極圏といえば、夏は太陽の沈まない白夜、そして、冬は暗い夜空を彩るオーロラで有名ですね。特に、このホテルのある地域はオーロラの見どころといわれていて、「トップ・オブ・ヨーロッパ」とも呼ばれています。


 


オーロラは天気が良ければ一年中観られるそうですが、夏の日照時間の長い時期には太陽の光で観ることができません。オーロラ鑑賞に最適な時期は9月から4月頃までの、夜8時から11時ごろといわれているので、この時期にあわせてユッカスヤルヴィ村を訪れてみてはいかがでしょう。


 


アイスホテルについて】


 


 住所: Marknadsvagen 63, Jukkasjarvi 981 91, Sweden
 最寄りの空港:キルナー空港


 


※客室は約60室、ルームチャージは40,000~90,000円ほど。
※氷の部屋の他、暖房完備のコテージや通常のホテルルームもあります。


 


冬季限定の氷の彫刻「アイスホテル」は、自然の雪や氷とデザイナーやアーティスト達のコラボレーションが生み出した芸術作品。一度泊まってみたいですね!



nate2b

2015年1月22日

written

by tabisapo


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop