現在17271個の困ったを解決できます!

2015月1月7日更新

太陽が恋したイタリア地中海最大の島「シチリア島」

219 views

●はじめに



日本人にも人気の渡航先であるイタリア。多くの世界遺産が存在し、歴史のある古い街並みが残ります。また、ファッションに関してもモードの最先端を行き、流行の発信地でもあります。もちろんピザやパスタなどを代表とするイタリア料理もとても美味しく、日本人の口にも合うため食事面で困ることもほぼありません。


 


今回は、そんなイタリアにある島、「シチリア島」をご紹介していきたいと思います。シチリア島は地中海に浮かぶ島の中でも最大の大きさを誇る島です。そこで育まれた文化はイタリア本土とは異なった独特のものとなっており、イタリア人はもちろんヨーロッパの人々にも人気のリゾート地となっています。そんなシチリア島を『太陽が恋したイタリア地中海最大の島「シチリア島」』と題してご紹介していきます。それでは、どうぞ!



Patricia Saco


 



●地中海最大の島、シチリア島



冒頭でも触れましたが、シチリア島は地中海に浮かぶ島の中で最大の大きさを誇る島で、島全体がイタリアのシチリア州に含まれます。州都は西岸の代表的な都市パレルモです。日本からシチリア島への直行便はありませんので、ローマかミラノでイタリア国内線に乗り換えることになります。行き先は西岸の代表的な都市パレルモにあるパレルモ空港か、東岸の代表的な都市カターニャにあるカターニャ空港のどちらかです。どちらも約1時間程のフライトとなります。


 


飛行機以外にフェリーも出ているため、時間に余裕のある場合はフェリーでのアクセスもおススメです。この場合はナポリ港かチビタ・ベッキア港からパレルモ港かカターニャ港に降り立つことになります。


大抵の場合は真夜中に出港して明け方に着くため、宿泊費と交通費が一緒になり費用を浮かすことができます。陸路でも行けますが、途中で車ごとフェリーに乗ることになります。車で走りながら見る景色がとても美しいのですが、時間がかかるため、時間がたっぷりある人にはおススメです。


 


シチリア島と言えば、眩しい太陽と突き抜けるような青い空、そしてどこまでも青い透明な海でしょう。そんな美しい島にはオリーブやオレンジ、レモン、アーモンドが地中海に降り注ぐ太陽の光を受けてたわわに実っています。美しい海やヨーロッパ最大の活火山と言われているエトナ火山をはじめとした雄大な大自然と、オリーブやオレンジなどの多くの大地の恵み、そして島ならではの新鮮で豊富な魚介類、また世界遺産にも登録されている遺跡群や歴史のある古い街並みなどもあるシチリア島は、イタリア本土とは異なる独特の文化を育んでいます。



gnuckx


 



●シチリア島の代表的な観光地



シチリア島は大変歴史のある島ですので、現在でも数多くの歴史的な建造物が残されています。もちろんそのような建造物の多く残る街並みも多く見られ、お散歩ついでに街歩きで散策するだけでも大変楽しめます。


 


シチリア島には現在6つの世界遺産が存在しています。その中でも人気が高いのは東岸と西岸のちょうど真ん中あたりにあるアグリジェントの遺跡群や、西岸のヴァル・ディ・ノートの後期バロック様式の町々でしょう。いずれもパレルモとカターニャを拠点として訪れることができる場所です。散策するにはちょうど良い場所ですので、時間があれば訪れて頂きたい場所です。


 


そしてシチリア島と言えばやはりリゾート地、リゾート地と言えば海、海と言えば美しいビーチでしょう。美しい海に囲まれたシチリア島には美しいビーチが多数存在しています。中でもタオルミーナは世界有数のリゾート地として名高い場所です。映画「グランブルー」の舞台としても知られています。多くのビーチがあり、たくさんの観光客がビーチでのんびりと過ごしています。


 


筆者のおススメのビーチはパレルモのチェファルー海岸です。最近人気が高まってきているようですが、タオルミーナよりは人が少ないためゆっくり過ごせます。ちなみにこちらは映画「ニューシネマパラダイス」のロケ地としても有名ですので、ロケ地巡りをしても楽しいです。


 


島内の移動はバス移動が基本となりますが、車を運転する人ならばレンタカーを借りて自分で周ることもできます。どちらかと言うとそちらの方が時間を有効に使えますのでおススメです。ただ、日本の運転習慣とはかなり異なりますので、慣れていない人には危険が伴いますので注意して下さい。



gnuckx


 



●旅の醍醐味と言えば、食!魅惑のシチリア料理



シチリア島は古くから地中海の十字路として、様々な文化が交流した歴史があります。中でも、様々な文化が交流して育まれた食文化は特筆すべきものがあります。美食の国として名高いイタリアの中でも、シチリアの料理は最高峰と言われています。豊富な大地の恵みと新鮮な魚介類で作られた郷土料理は、どれも美味しく絶対に食べて頂きたいものばかりです。


 


新鮮なイワシを使って作ったパレルモの代表的なパスタ料理であるパスタ・コンサルデや、素揚げした茄子をトマトソースで煮込んだカターニャを代表するパスタ料理パスタ・アッラ・ノルマがパスタ料理としてはよく知られています。その他にもシチリア島の北東、メッシーナではカジキマグロが獲れるのですが、そちらを使った料理も有名です。そしてピーマンや茄子、ズッキーニなどのシチリア産の野菜をトマトソースで煮込んだカポナータも有名なシチリア料理の1つです。


 


食べ歩きメニューとしてよく知られているのがアランチーノというライスコロッケですが、こちらは地方によって形が異なります。例えば東岸のパレルモでは真ん丸ですが、西岸のカターニャでは円錐形となっています。熱々をその場で食べるのが美味しい物ですので、買ったらすぐ食べましょう。


 


シチリア島は魚介類がとても豊富ですので、魚介類を使った料理にまずハズレはありません。特におススメなのはカジキマグロやマグロを使った料理で、どれも日本人の口によく合います。お酒の飲める人ならば、そのような料理に合わせてワインを楽しむのも良いでしょう。西岸のマルセラやエトナ山麓で美味しいワインが生産されています。


 


デザートにはイタリアンジェラートはいかがでしょうか?そう、日本でもお馴染みのイタリアン・ジェラートはシチリア島が発祥の地とされています。街には美味しいジェラート屋さんがたくさんありますので、訪れた際は是非召し上がってみて下さい。



Tè nel Deserto


 




●まとめ



筆者がシチリア島を訪れたのは、イタリアをバックパックで旅行している時のことでした。絶対行った方がいいよとナポリで言われ、フェリーに乗って上陸しました。その時は時間があったのでシチリア島を1周しましたが、事前の評判通りイタリア本土では見られない独特の文化に触れることができ、とても満足したのを覚えています。機会があれば是非もう一度訪れたい場所の1つです。


 


そんな魅力のたっぷり詰まったシチリア島を、『太陽が恋したイタリア地中海最大の島「シチリア島」』と題してご紹介してまいりましたが、いかがでしたでしょうか?旅行でイタリアを訪れた際は合わせて訪れて頂きたい場所となります。それでは、良い旅を!



gnuckx

2015年1月7日

written

by tabisapo


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop