現在17271個の困ったを解決できます!

2015月1月7日更新

本場の味!フランスに行ったら絶対飲みたいワインTop5

195 views

 フランスと言えば、美食の国であるだけでなく、世界でも指折りのワインの産地でもあります。味も格も最高位という名高いボルドーのワインは有名ですよね。しかし、フランスには、ブルゴーニュやモーゼル、ロワール、シャンパーニュなど、他にもたくさんの産地のワインが揃っているのです。今回は、フランスに行ったら是非味わいいおすすめワインをご紹介します。


 



■5位 マムゼル ビュル ロゼ 発泡




出典


 ワインの産地ロワール地方で作られるワイン「マムゼル ビュル ロゼ 発泡」。果実の甘い香りが濃厚な、オーガニックワインです。このワインを作るのは、ショヴァン一家。すべて手摘みされたブドウから作られるワインは、味だけでなく、添加物への心配もありません。「マムゼル ビュル ロゼ 発泡」は、毎日の食事に合う、とてもカジュアルに楽しめるロゼワインです。気軽に味わえる、オーガニックワインです。


 



■4位 カオール




出典


 「カオール」はフランスでも珍しい、「黒ワイン」と呼ばれるワインです。「黒」とはいっても、赤ワインが濃厚な色になったものなのですが、普通の赤ワインよりもポリフェノールが濃く、健康にも良いと注目されているそうなのです。この黒ワインを製造しているのが、ワイン名と同じ地名・カオール地方のシャトー ヴァン ドタン。


ビオディナミという、オーガニック農法を行っているところです。シャトー ヴァン ドタンがあるカオール地方は、なんと、世界3大珍味のうちの二つ、トリュフとフォワグラの産地。世界的にも珍しい黒ワインも、三大珍味のように世界中の人々から愛される日も、そう遠くないかもしれません。


 



■3位 プイィ・フュメ




出典


 「プイィ・フュメ」ロワール地方の小さな7つの村でしか生産されていない、ユニークなワイン。燻製のような独特な香りと、ぴりっとくる刺激の強い白ワインです。色は、白ワインでも珍しい、明るめの黄緑色。とにかくパンチのある味わいが特徴で、個性的な白ワインとして有名です。


 



■2位 プイィ・シュル・ロワール




出典


 3位の「プイィ・フュメ」と同じ作り手によるワインですが、「プイィ・シュル・ロワール」は生産数が圧倒的に少なく、日本ではほとんど出回っていません。プイィ・フュメとの違いは、ブドウの種類。「プイィ・フュメ」が、ソーヴィニョン・ブランという、一般的な白ワイン用のブドウを使っているのに対し、「プイィ・シュル・ロワール」は食用のシャスラ種というブドウが使われているのです。


 


シャスラ種のブドウは熟成が速いため、甘味が強く、このブドウで造られるワインは果実の風味が強くなると言われています。刺激的な味わいの「プイィ・フュメ」ですが、「プイィ・シュル・ロワール」のほうは、口当たりも軽く飲みやすいのが特徴です。現地でしか味わえない貴重なワインを味わってみては?


 




■1位 ヴァン・ジョーヌ




出典


 「ヴァン・ジョーヌ」は世界5大白ワインの一つで、「幻の黄色いワイン」と呼ばれる、稀少価値の高いワインです。この「ヴァン・ジョーヌ」が黄色い色をしているのには、熟成方法に理由があります。


通常、ワインを熟成させるときには、出てきた澱を取り除いたり、目減りした分を補充したりしますが、「ヴァン・ジョーヌ」では澱も取らず、継ぎ足しもせず、とにかく6年間何も手を加えず樽の中で熟成させるのだそう。こうすることによって濃度が濃くなり、世にも珍しい黄色いワインができるというわけです。


 


 いかがでしたか?普通においしいワインは、日本でも楽しめるという、ワイン通の方に是非トライしていただきたい、一癖もふた癖もあるワイン。ワイン王国フランスでの旅を、現地でしか味わえない香りに酔いしれながら、楽しまれてみてはいかがでしょうか。

2015年1月7日

written

by tabisapo


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop