現在17271個の困ったを解決できます!

2015月1月23日更新

魅力溢れるデンマークの「冬の王宮」アマリエンボー宮殿の見所5つ

353 views

デンマークの首都コペンハーゲンの中心からほど近くにあるアマリエンボー宮殿
現王室が冬の居城としているのが、このアマリエンボー宮殿です。


デンマークの人々に親しまれている王室の「冬の王宮」の見所をご紹介します。






デンマークのロココ調建築



アマリエンボー宮殿は1700年代に建設されました。
八角形の広場の周りに建つ、クリスチャン7世宮殿、クリスチャン8世宮殿、クリスチャン9世宮殿、フレゼリク8世宮殿の外観が同じ4つの建物は、デンマークを代表する優れたロココ調の建築物で、4 つのうち、クリスチャン9世宮殿は女王と王の住居のため公開されていませんが、宮殿博物館を有するクリスチャン 8 世宮殿と、要人の謁見の場として使用されているクリスチャン 7 世宮殿が一般開放されています。






豪華な宮殿博物館



クリスチャン8世宮殿には博物館ががあり、王室の今昔を見る事が出来ます。
王室の歴史、集められた工芸品や絵画などが展示されているほか、現在も使われている王室の一部を見ることができます。
コペンハーゲンカードで無料です。






フレデリク5世の騎馬像



広場の中央にはこの宮殿の造営者であるフレデリク5世の騎馬像があります。


フランス人彫刻師、Jacques-Francois-Joseph Salyによって作られ、1771年に設置されました。


世界で最も優れた騎馬の ひとつと評される大きくて立派なで、この像のある場所から見渡すと同じ壮麗な宮殿が周りを囲んでいて圧巻です。






衛兵の交代式



各館の前は銃を携えた衛兵がガードし、女王が在宮の間は屋根の上に旗が掲げられています。
毎日12時には伝統的な衛兵の交代式を見ることができます。
女王が住居にいるときは「王の番人」と呼ばれている最も盛大な式となり、デンマークの国旗が掲げられ、衛兵は音楽隊を伴って交代式が行われます。


 


王子または女王の代理人となる王族がいるときは、ドラムとフルートが伴い、「代官の番人」と呼ばれる交代式が行われます。
それ以外のときは、「邸宅の番人」と呼ばれる、バンドも音楽もなしで行われる最もシンプルな式になります。
特に女王の誕生日である4/16には衛兵は赤い制服となり、とても盛大に行われるのでこの時期に訪れるなら誕生日に合わせて見に行くのがお勧めです。



Beth




ハートのマーク



デンマークの街を歩いていると、いろんなところでハートのマークを目にします。


通貨コインにハートのマークがついているのですが、おもちゃみたいにかわいいのです。


そしてなんと、王宮の衛兵が立っている衛兵小屋には、脇にハートマークが切り抜かれていてとってもラブリー。


これも他の国はないキュートなデザインなのでお見逃しなく。




2015年1月23日

written

by tabisapo


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop