現在17271個の困ったを解決できます!

2015月3月9日更新

急な発熱に!いざという時のための発熱対処法

4190 views

今年から一人暮らしを始めたのですが、急に熱が出たきはどうすればいいでしょうか。教えてください。(大学1年生・男性)


一人暮らし、寮暮らしの学生さん、
急な発熱の時は困りますよね。
熱が出たらどうしたらいいでしょうか、
普段からどのような準備が必要でしょうか、
考えてみましょう。

発熱対処法

 

どうして熱が出たのか?



まず落ち着いて考えましょう。
何による熱なのか?

 

喉が痛い→風邪?咽頭炎?
頭が痛い→風邪?インフルエンザ?
歯が痛い→虫歯の悪化?
お腹が痛い→内臓疾患?

 

熱とともに痙攣が起こっている場合、
意識が朦朧とする場合、
激しい痛みを伴う場合はすぐに病院へ。

痙攣などで自分で行くのが危険な場合は
そばにいる人を呼ぶか、救急車をお願いしましょう。

咄嗟の時に電話番号が出てこないことはよくあります。
救急や警察など、大事な連絡先は目立つ所に書いて貼っておきましょう。

 

友達がいればSOSを出す



一人では不安ですよね。
友達、恋人がいればとりあえずSOSを送りましょう。
パニック状態を防げます。
落ち着いて一緒に考えてもらいましょう。
困った時はお互い様です。
あなたもまわりが困った時は手を貸してあげましょう。

もしSOSに応じてくれなかった時は恨まないように。
相手にも予定や都合があるんです。
対処できない性格の人もいます。
落ち着いて別の友達を探すか、一人で頑張る覚悟を決めましょう。

 

熱の原因について



熱にはいろいろ種類があり、
薬で下げて良い熱と、薬を使わない方が良い熱があります。
落ち着いて判断してみましょう。

 

◎薬で下げてよい熱

単なる風邪などウイルス性のもので熱が上がり続けてしんどい時。
体力の消耗を減らすために一時的に薬で熱を下げて
休息することが目的です。
薬が切れるとまた熱が上がるかもしれませんが、
もう一度薬を飲む時は決められた時間をあけるようにしましょう。
たいていは4時間以上です。注意書きを確認してください。
決まった時間内に薬を追加しないようにしましょう。
薬は正しく使いましょう。

 

◎薬を使わない方がよい熱

インフルエンザだとわかっている場合は
専用の薬がありますので、
自分で薬を飲まずにすぐ病院へ行きましょう。

熱の他にいろいろな症状が伴う場合も
解熱剤を使わない方がよいことがあるので
自分で判断せずに病院へ行きましょう。

 

病院へ行くまでの応急処置



◎タオルに保冷剤や氷を巻いて顔や熱い部分にあてて
やさしく冷やします。
タオルしかない時は水で濡らして使いましょう。
脇の下や太ももの内側を冷やすと効果的です。

 

◎冷えピタシートなどはかぶれる人もいるので注意しましょう。

 

◎小さな氷のかけらを口に含むと少し楽です。

 

◎熱が出ると脱水症状を起こしやすいので水分をとりましょう。

 

◎吐き気がある時はエチケット袋を用意しましょう。
紙袋の中にビニール袋を入れます。

 

◎熱で汗をかいて服が濡れていたら着替えましょう。

 

◎保険証を忘れずに。

 

病院から帰ったら



◎水分補給をしっかりしましょう。

 

◎食欲がない時は数日なら無理に食べる必要はありません。
2、3日食べなくても死ぬことはありませんし、
無理に食べて吐いてしまうこともあります。
弱った内臓を休めてあげることにもなります。
食べられなくても水分はとりましょう。

 

◎「寝て治す」つもりで、しっかり休みましょう。
睡眠は大切です。

 

◎お薬が出ていたら決まった時間に飲みましょう。
無造作に置かず、しっかり管理しましょう。

 

まとめ



急な発熱はびっくりするものですが、
落ち着いて判断しましょう。
風邪をひいた時のために普段から風邪薬や解熱剤を
用意しておきましょう。
冷凍庫には保冷剤を入れておきましょう。

2015年3月9日

written

by


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

ファッション・美容記事ランキング

pagetop