現在17271個の困ったを解決できます!

2015月3月1日更新

【シーン別】ハワイで気持ち良く過ごせる服装のコツ

2282 views

常夏、南国ハワイ!とは言っても寒い場合があります。


乾季 4月~9月 朝晩と気温が高めであり、Tシャツ、短パン、ワンピースで過ごせます。


雨季 10月~3月 日が出ていない時間は長袖があった方がいいです。


長袖??と驚きませんでしたか。意外と長袖が必要です。


ここでは、ハワイで快適に過ごせる服装について紹介していきます。


 



レストラン



昼間ではTシャツ、短パン、サンダルでOKなところがほとんどです。


夜や、高級なレストランはドレスコードがある場合があるのでチェックが必要です。


高級なお店ではもちろん、ビーチサンダルやジーパンはNGです。


男性はアロハシャツ、女性はムームーがあるとハワイらしく過ごせます



画像:Kittens


 



ショッピング



ショッピングセンターや飲食店では寒いぐらいにエアコンが効いているのでさっと羽織れるものがあると便利です。


ワイキキではラフな服装でショッピングを楽しいでいる人が多いです。



画像:Kalihikahuna74(Ryukyu/F・・・


 



ビーチ



日中は水着で過ごせますが、ハワイにも冷たい風が吹く冬があります。


昼間でも長時間水中にいると寒くなりますし、早朝や夕方は水着ではいられない程気温が下がることもあります。


また、濡れた水着のままお店に入るのもNGです。


サーフィンではローカルの人たちは海パンやビキニで楽しんでいても、私たち日本人にとっては、寒いと感じることも。


タッパーや女の子はサーフパンツがあるといいです。



画像:CharlesLee


 


 



Theバスや送迎車などの車内



ツアーガイドや送迎の車内、バスなどはエアコンがガンガンに効いています


少人数や、日本人だらけなら「もう少しエアコンを弱く」と伝えることができますが、ローカルの人たちが乗車している場合はなかなか言えません。


長袖か上に羽織るものが必要です。


TheBUSでは一番後ろの席がエンジンの近くで座席が温かくなっています。


観光客向けのトロリーは夜に乗ると風が吹いて寒いので長袖が必要です。



画像:Susan Sermoneta


 






ダイヤモンドヘッドは比較的緩やかな整備された登山道でラフな服装でも登れないことはありません。


しかし、ハワイには草木を掻き分けて、岩を登ってなんて山道もあります。


地元の人たちは上裸で容易く進んでいきますが、長ズボン、スニーカーで登山をした方が安心です。


登山をしていると暑くなるので、少しずつ脱いでいける服装にしましょう。


またハレアカラ、マウナロアなどに行く方はパーカーの上にウインドブレーカーなどの冬服が必要です。



画像:VikkiHughes


 


 


 


昼間は基本的に暑いので年中タンクトップに短パン、ワンピース1枚で過ごせますが、


朝晩は気温が下がるので薄手の長袖が必要です。


お店や車内はとにかく寒い!ということを念頭に入れて旅行に出かけましょう。


くれぐれも冷えて風を引いてしまわないように気を付けてくださいね。


 


また、日本と違ってハワイは海外です。


日本の感覚でのオシャレが世界から見れば、過度な露出ということもあるので女の子は注意しましょう。


派手な服装やビーチでの濃い化粧は観光客丸出しです。いくら治安が良い、と言われていても護身は必要です。

2015年3月1日

written

by tabisapo


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop