現在17271個の困ったを解決できます!

2015月1月30日更新

南仏ニースの天気・過ごしやすい服装について

2915 views

フランス、コートダジュールの中心に位置するニースは、世界的にも有数の観光地です。
一度は訪れてみたい!そんな方も多いでしょう。


 


地中海に面した土地柄、年間を通じて温暖な気候で、湿度は低めです。


 


旅を快適に過ごすために、四季折々の天気を押さえていきましょう!


 



1、春(3~5月)




Janna Aika Deja


 


3月4月はまだ肌寒い日も多いですが、次第に気温が上がっていきます。


 


5月にかけては、20度に達することもあり、この頃には、日光浴を楽しむ人々が、ちらほら見られるようになります。
天候が不安定になりやすいのも、この時期です。 


 


朝晩はまだ寒く、気温差に対応できずに、風邪をひきやすくなることもあるでしょう。
カーディガンやうす手の上着など、温度調節のできる服装を用意しておくと便利です。


 


紫外線も強くなりやすい季節です。
帽子や日焼け止めで、紫外線対策もお忘れなく!


 


 



2、夏(6~8月)




Fernando Stankuns


 


いよいよ夏本番の観光シーズン到来!
この時期にかけて、ニースを訪れる方も多いかもしれません。


 


7月8月には、20~25度くらいの気温が続き、暑さの厳しいときには、40度くらいまで、気温が上昇することもあります。
1日中ビーチで楽しみたい時期ではありますが、どうぞ熱中症にはご用心ください!
特に、太陽の高い時間帯(11~14時くらい)には、注意が必要です。


 


半袖、ノースリーブなど風通しの良い服装を心掛け、紫外線を防げるような帽子、カーディガン、サングラスなどがあると便利です。
水分をよくとって脱水症状にならないよう、無理をしない程度にバカンスを楽しんでください!


 



3、秋(9~11月)




jacrot christophe


 


9月はまだの熱気を帯びている時期で、海水浴をしている人も見かけます。
暖かい日が続く中、次第に降水量が増えていきます。


 


10月中旬から11月にかけては、よくがふる季節です。


 


日中はまだ暖かいのですが、夕方には冷え込んできますので、薄手の上着を1枚ご用意ください。
また、レインコートや傘などの雨具もお忘れなく!


 


 




4、冬(12~2月)




Patrick-06


 


ニースのは、おおむね温暖な気候です。
晴れも多く、10度前後の気温が続きます。


 


雪もほとんど降りません。


 


ただ、近年では、天候が不安定になることも多いので、念のため、薄手のコートなどを用意しておきましょう。
重ね着をしたり、マフラーや手袋で調整するのもよいかもしれません。


 


乾燥しがちなので気になる場合は、保湿対策をしてみてください。


 


 


いかがでしたでしょうか。


 


常夏のイメージがあるニースですが、朝晩が冷える時期、雨のよく降る時期などもあり、それなりの対策が必要です。
ニースの気候風土を知って、よりよい旅をお楽しみください!


 


 

2015年1月30日

written

by tabisapo


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop