現在17271個の困ったを解決できます!

2015月1月18日更新

旅行に行く前に味わって!東京で食べられるインドネシア料理

162 views

インドネシア料理は、インドネシアの多民族文化を反映していて、


バリ料理や、ジャワ料理、パダン料理、バクタ料理、スンダ料理、マカサル料理、


マナド料理などの各民族の料理を包含します。


食べ方にも特徴があり、右手でスプーン、左手でフォークを持って食べます。


食べ物によっては手で食べることもありますが、その場合注意したいのは、


「左手は不浄」とされているので右手を使います。


諸外国の影響を受けているインドネシア料理、東京で食べることのできるお店を


ご紹介します。


 



バリカフェ モンキーフォレスト




monkey forest


各線渋谷駅から徒歩10分のところにあります。


営業時間はランチタイム11:45~15:30、ディナーが17:45~23:00(LO22:00)となります。


店名のモンキーフォレストとは、バリ島の中でも、芸術の村として知られているウブドの、


メインストリートの名前「モンキーフォレスト通り」からきています。


店内は明るく落ち着いた雰囲気です。


ランチセットは各1995円で3種類あります。


ディナーはアラカルトからコースまで、いろいろあるのでそのときのご希望にあわせて


オーダーできます。


 



バリ・インドネシア料理 Bli Made(ブリマデ)




Bli Made


銀座線外苑前3番出口から徒歩3分のところにあります。


営業時間はランチタイム11:30~15:00、ディナーが18:00~23:00(LO22:00)となります。(ランチは平日のみ)


バリ島出身の店主が本場の味に忠実に、心をこめて作っています。


サンバルやガドガドソースなどはすべて自家製です。


お料理はアラカルトからコース料理までいろいろあります。コースは3000円から。


 



Afuune(エスニック&フードバー)




Afuune


銀座駅徒歩4分、東銀座駅徒歩1分のところにあります。


営業時間は月~木18:00~翌2:00(LO1:30)、金18:00~翌4:00(LO3:30)


土18:00~23:00(LO22:30)、日曜祝日は定休日となります。


本場インドネシアの三ツ星ホテルで経験を積んできたシェフが、ハートフルなお料理を


深夜まで提供しています。


異国ムードたっぷりな時間を、本場のインドネシア料理、それに合わせて


取り揃えられているスペシャルなお酒と共に楽しむことができます。


メニューはアラカルトからコース料理、月限定のものなどたくさんあります。


20名以上で貸切にもできるなど、そのときに応じた使い方ができるお店です。


コースは2時間飲み放題付きで4500円からあります。


 



Wayang Bali(ワヤン バリ)インドネシア小皿居酒屋




Wayang Bali


六本木駅1丁目駅直通の泉ガーデンの2Fにあります。


営業時間は11:00~23:00(LO22:00)となります。


本格的なインドネシアのお料理を、居酒屋感覚で楽しむことができます。


ランチメニューは880円から(日替わりスペシャルランチもあります)、


グランドメニューはSATE(サテ)360円から、豊富な種類が揃っています。


 




SuraBaya(スラバヤ)




SuraBaya


ゆりかもめ台場駅から徒歩1分、りんかい線東京テレポート駅から徒歩5分の


ところにあります。


他にも調子店、浦和店、横浜店、港北店があります。


台場店の営業時間は11:00~23:00(LO22:00)となります。


インドネシア人のシェフが腕を振るう本場のお料理がいただけます。


風味豊かなスパイスは直輸入。


ランチセットは1110円から、コースは2580円からあります。


 


ここでは5店舗紹介しましたが、東京にはまだまだインドネシア料理のお店が


たくさんあります。


旅行に行く前に、味わってみるのもいいと思います。

2015年1月18日

written

by tabisapo


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop