現在17271個の困ったを解決できます!

2015月1月14日更新

【絶景】南仏プロヴァンスのラベンダー畑が美しすぎる・・・

5577 views

はじめに



美しい自然と多種多様な気候に恵まれたこの地球上には、様々な絶景が存在します。筆者は絶景が大好きで、世界中の絶景を収めた写真集を見ては「次ここに行こう」とか「ここ行ってみたいな」などと妄想を膨らませています。自然の作り出す絶景が好きなため、必然的に選ぶのは海とか山とか岩場などが多くなります。


 


そんな筆者が「これは凄い!」と思った、人の手が入った絶景とは…それは南フランス、プロヴァンス地方を旅行していた時に訪れた場所でもあります。そこは、美しいラベンダー畑でした。ちょうどラベンダーが美しく咲き乱れる時期に訪れることができたのは、本当にラッキーでした。今回はそんなラベンダー畑を『【絶景】南仏プロヴァンスのラベンダー畑が美しすぎる…』と題してご紹介してまいりたいと思います。


 


美しい、ラベンダーの咲き乱れる様子を想像しながら読んでみて下さい。それでは、どうぞ!



Marc


 



南仏プロヴァンスはどんな所?



美しいラベンダー畑を紹介する前に、そんなラベンダー畑の存在する南仏のプロヴァンスについてご紹介してまいりましょう。南仏プロヴァンスとは、フランスの南東部の地方のことを言います。地中海に面しており、1年中過ごしやすい地中海性気候に属しています。夏は暑く乾燥しており、冬は海岸に近い程過ごしやすいのですが、ミストラルと呼ばれる突風が年間120~160日間も続くと言われています。


 


南仏プロヴァンスと言えば、ヨーロッパでも屈指のリゾート地です。アヴィニョンやニースなどのプロヴァンス地方を代表する大都市でも、どこかのんびりとした南仏特有の空気が流れていてとても心地良いです。アヴィニョンは歴史的な建造物も多く、街歩きがとても楽しい場所で、ニースは世界中の富裕層が集まる、フランスが誇るリゾート地です。どちらも人が多いのですが、せかせかとした印象は少なく、のんびりとしています。


 


美食の国、フランスのプロヴァンスと聞いて真っ先に思い浮かぶこと、それはもちろんプロヴァンス料理です。新鮮な魚介類のたっぷり入ったブイヤベース、イワシを揚げた物をマリネしたエスカベシュ、色鮮やかな野菜で作るラタトゥイユ、トマトにお肉を詰めて焼いたトマトのファルシなど、プロヴァンス特有の料理が多く存在しています。


 


どれもとても美味しく、特にプロヴァンス料理の代表格であるブイヤベースは是非食べて頂きたい一品です。地中海の新鮮な魚介類を使って作られているのですが、お魚が苦手な人でも美味しく頂けると思います。普段はお肉派という人にも食べてほしいお魚料理です。



Connie Ma


 



一面に広がる、美しいラベンダー畑



さて、いよいよ本題に入ります。一面に広がる美しいラベンダー畑はプロヴァンスの内陸部、いわゆる山側の方へ行けばいたる所で見ることができます。特に観光客が多いのはラベンダー街道と呼ばれる場所です。いくつかの街をまたいで続くこの街道は、美しいラベンダー畑が延々続いて見え、とても美しいです。死ぬまでに見たい絶景特集などでもよく取り上げられており、その景色の壮観さと美しさは折り紙付きです。


 


日本でもアロマ好きの人が増えてきたので、草花から抽出された精油もだいぶメジャーなものとなってきました。その精油の中でもメジャーな物と言えば、やはりラベンダーでしょう。リラックス効果があるとして根強い人気をもっています。このラベンダーの産地として有名なのが南仏プロヴァンスのラベンダー街道なのです。


 


この地方のラベンダーの見頃は6月下旬から8月中旬頃までとなっています。その時期に南仏プロヴァンスを訪れると、天然のラベンダーの香りで満ち溢れ、とても幸せな気分になります。どこまでも続いて見える美しい紫の海と合わせて、リラックス効果は抜群です。ラベンダーの見頃は8月の中旬頃と先程触れましたが、これはラベンダーの最終収穫日が8月15日となっています。実はこの日、ラベンダー街道にあるソーという小さな村では収穫祭が行われます。


 


この収穫祭には多くの人が集まり、普段は静かな村なのですが、この時ばかりは活気に溢れてお祭りムード一色です。ラベンダーの早摘み大会やパレード、大昼食会が行われ、とても楽しいです。イベントの場所まで村から無料のバスが往復しているので、移動面も安心です。ちなみに普段はこのラベンダー街道は公共交通機関が普及しているわけではないため、ツアーに参加している場合は連れて行ってもらえますが、個人で行く場合はレンタカーを借りて行くことになります。


 


収穫祭は活気に溢れてとても楽しいのですが、人がとても多いので、静かに景色とラベンダーの天然のアロマに浸る…ということは難しいです。のんびりゆっくり、静かに楽しみたいという人には収穫祭の日以外に訪れることをおススメします。



decar66


 




まとめ



植物の作り出す美しい絶景、南仏プロヴァンスのラベンダー畑を『【絶景】南仏プロヴァンスのラベンダー畑が美しすぎる…』と題してご紹介してまいりましたがいかがでしたでしょうか?写真で見ても十分幻想的なのですが、現地を訪れると美しい景色プラスラベンダーの良い香りが広がっているため、断然実際に訪れた方が良い場所です。


 


のんびりと紫の景色の中に立っていると、その香りと景色にとても癒されます。筆者はこれまで7月頃にこの地方を訪れています。気候も良く、プロヴァンス地方の他の都市を訪れるにも良い時期ですのでおススメです。今回ご紹介したのはラベンダー畑だけでしたが、プロヴァンス地方には他にも美しい風景がたくさん溢れています。そして美味しい料理もたくさん!是非訪れて頂きたい場所です。


 


この記事を読んで、南仏プロヴァンスが次の旅行の候補地の1つになれば嬉しいです。それでは、良い旅を!



decar66

2015年1月14日

written

by tabisapo


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop