現在17271個の困ったを解決できます!

2015月1月14日更新

ファンタジー映画に出てきそうなソコトラ島の世にも奇妙な「竜血樹」

71 views

はじめに



世界には不思議な形状をした植物や珍しいカラーリングの動物など、「なんでこの形?」「なんでこの色?」と思わず感じてしまうような生物がたくさんいます。とりわけ植物は多種多様であり、世界の特定の地域には原生していて、日本国内には原生しない物は山のようにあります。もちろん逆も然りです。


 


そんな多種多様な植物、その中でもとりわけ不思議な形状と名前で筆者の心を捉えた植物がありました。それは、思わずその名前にびっくりしてしまう「竜血樹」。今回はそんな「竜血樹」にスポットを当ててご紹介してまいりたいと思います。題して『ファンタジー映画に出てきそうなソコトラ島の世にも奇妙な「竜血樹」』。それでは、どうぞ!



Rod Waddington


 



竜血樹はどこにある?



まずは竜血樹のあれこれ、と言うことで竜血樹はどこ原産なのか、そしてそこはどんな所なのか?ということをお話ししてまいりたいと思います。竜血樹には、その名前を使う植物が、狭義のものとやや広義のもの、広義のものの3種類存在しています。今回ご紹介したい竜血樹とは、やや広義のものとされている、インド洋に浮かぶ島・ソコトラ島のものです。


 


ではまず、ソコトラ島とは一体どんな所なのでしょうか?ソコトラ島はインド洋に浮かぶイエメン領の島です。北にアラビア半島、西にソマリアがあります。インド洋のガラパゴスと称されることも多いこのソコトラ島ですが、外界から隔絶された地域独特の生態系が育まれていることで有名です。そこはソコトラ島の固有種の宝庫であり、そこに存在している植物はどれもユニークな進化を遂げています。


 


ソコトラ島の生態系のユニークさは特筆すべきものがあり、その景観は「奇観」と呼ばれることが多いそうです。ちなみに何故こんなにユニークな生態系を持った島が、近年までさほど有名ではなかったのでしょうか。それは、このソコトラ島が1999年に空港ができるまで、外国人の立ち入りが禁止されていたからです。その後2008年に世界遺産に登録されたため、近年急激に注目を集めるようになりました。


 


今回ご紹介する竜血樹以外にもソコトラ島の固有種は多くあるのですが、その固有種が原生している所はさながらファンタジーかSFの世界に迷い込んでしまったような景観です。同じ地球上に存在しているとは思えないような風景が、ソコトラ島には広がっています。



Rod Waddington


 



竜血樹はどんな植物?



さて、いよいよ本題です。ソコトラ島に原生している不思議な植物の中でも一際異彩を放っているのが「竜血樹」です。名前もさることながら、見た目からして他に似ているような植物はいない、とてもユニークな植物です。その見た目は幻想の世界からやってきたような木となっています。竜血樹は世界的に見てもとても珍しいのですが、ソコトラ島に原生している物はその中でも固有種としてよく知られています。


 


それにしても「竜血樹」というのは何とも恐ろしいネーミングだと思いませんか?ちなみに英語ではドラゴン・ブラッド・ツリーというそうです。和名にしても英名にしても、恐ろしい響きであることに変わりはありません。何故竜血樹という名前がついたのかと言いますと、その答えは樹液にあります。竜血樹の樹液は、なんと赤色なのです。樹皮を傷付けると真っ赤な樹液がまるで血液が滴るかのように流れ出るのです。その様子から、「竜血樹」と名付けられたのだそうです。


 


竜血樹から採れる樹脂は竜血と呼ばれ、古来から薬として使われ、貴重な品として取引されてきたそうです。ソコトラ島にはそんな貴重な竜血を採ることのできる竜血樹がたくさん群生しています。



Rod Waddington


 




まとめ



『ファンタジー映画に出てきそうなソコトラ島の世にも奇妙な「竜血樹」』と題してソコトラ島に群生する固有種、竜血樹についてご紹介してまいりましたがいかがでしたでしょうか?筆者も竜血樹はまだ生で見たことがありません。


 


写真で見ても迫力があるのに、ソコトラ島で見ることができたら、きっとその迫力に圧倒されると思います。これまであまり植物に対して「見たい!」と思ったことはないのですが、竜血樹を始めとしたユニークな生態系を持つソコトラ島は是非訪れてみたい場所です。



Rod Waddington

2015年1月14日

written

by tabisapo


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop