現在17271個の困ったを解決できます!

2015月1月14日更新

絶景も食事も最高!リゾート地「ポールヴァンドル」の見どころまとめ

309 views

はじめに



この地球上にはリゾート地と呼ばれている場所が数多く存在しています。それは多くの場合は海の近くだったり山の中だったりします。日頃生活している都会から離れ、たっぷりと休息をとるのに最適な場所であり、休みの時期には多くの観光客が押し寄せて賑わいます。今回ご紹介するのは世界に数あるリゾート地の中でもヨーロッパの人気リゾート地、南仏のポールヴァンドルです。


 


ポールヴァンドルはフランスとスペインの国境にある港町です。温暖な地中海性気候で1年を通して過ごしやすく、いつ訪れても眩しい太陽と美しい街並み、そして美しい海が人々を待っています。日本からの行き方は、日本からフランスのパリまで直行便で約12時間、パリからポールヴァンドルまではフランス国鉄の高速鉄道TGVで約6時間となっています。日本からは少し遠いため、まだ日本人観光客に出会うことは少ない場所の1つです。


 


今回は、このポールヴァンドルの景色や食事などの見どころをまとめてみました。題して『絶景も食事も最高!リゾート地「ポールヴァンドル」の見どころまとめ』です。それでは、どうぞ!



Jane drumsara


 



ポールヴァンドルの見どころ~景色編~



ポールヴァンドルの景色の見どころと言えば、やはりそのかわいい街並みでしょう。白い壁にオレンジ色の屋根をした建物の街並みはとてもかわいらしく、しかも南仏の眩しい太陽に照らされてキラキラと輝いています。何だかそんな街並みを見ただけでも、日常のビル群からは離れているため、リゾート地に来た!という感じがします。


 


また、ポールヴァンドルは港町のため、美しい海がすぐ近くにあります。海沿いの景色もまた美しく、ヨットや小型のクルーザーが泊まっているハーバーなどを歩いて散策するのも楽しいです。街並みも海沿いの景色もどちらも日本にあるそれとは雰囲気が全く異なりますので、写真をたくさん撮りたくなるような場所が多くあります。


 


ポールヴァンドルは街全体がとてもフォトジェニックな場所ですので、特に観光名所ではない所で撮った写真でも、何だかそのまま絵葉書にでもできてしまいそうな雰囲気に仕上がります。ですので街並み全体が見どころと言えるでしょう。


 


筆者のおススメは海沿いの景色です。そこまで大きな港ではないのですが、北アフリカや地中海諸国などを結ぶコンテナ船が多数乗り入れます。もちろんフェリーも乗り入れるため、小さな港町に大きな船という何ともミスマッチな風景が広がります。そのミスマッチさが何とも言えず、おススメです。またビーチも波がとても穏やかで透明度も高く、美しいビーチのため見どころとしてははずせません。



thierry llansades


 



ポールヴァンドルの見どころ~ワイン&食事編~



続いてご紹介したい見どころは、旅の醍醐味の1つと言っても過言ではないお食事関係についてです。美食の国フランス、しかもそんなフランスの海沿いの街ということで、シーフードは是非食べて頂きたい物の1つです。日本人も大好きな生牡蠣は大ぶりでとっても濃厚な味わいで、南フランスを訪れる際は必ず食べた方が良いと思います。


 


ヨーロッパでの牡蠣のシーズンは9月上旬頃からで、Rのつかない月(5~8月)以外は食べることができます。牡蠣は産地によって味わいが大きく異なりますので、ポールヴァンドルの牡蠣は日本の牡蠣とはまた一味異なります。


 


牡蠣以外のシーフードで特筆すべきは、フランス料理と言えばムール貝!のムール貝です。なんとポールヴァンドルでは生で食べることができる物もあるのです。筆者も生のムール貝はポールヴァンドルで初めて食べたのですが、加熱した物とは一味も二味も異なり、一口でファンになってしまいました。


 


貝好きの方でしたら美味しく頂けると思います。貝があまり得意ではない…と言う人にも一度はトライしてもらいたいです。とても新鮮で、貝独特の臭みも少ないため、貴重な機会に是非!と言った感じです。


 


生牡蠣も生ムール貝も街のシーフードバーや牡蠣のスタンドで食べることができますが、お店もいろいろあるので好みに合わせて選ぶと良いと思います。地中海に面した街の中心部にはそれらのお店が多く軒を連ねていますので、探すのは割と簡単です。


 


付け合せのパンやオリーブ、チーズなどと一緒にオープンテラスで食べるシーフードは最高に美味です。もちろんそれ以外にもタパスバーやカフェ、パン屋さんなども中心部に集まっていますので、散策ついでに覗いてみると良いでしょう。


 


さて、フランスと言えばワインですが、もちろんポールヴァンドルにも美味しいワインが多くあります。と、言うのも、ポールヴァンドルはワインの生産が盛んなラングドック・ルシヨン地域圏にあるため、中心部から少し離れると、ワイン畑が一面に広がるのです。フランスでも最も注目の地域のワインということだけあり、どれもとても美味しいので、お酒が好きな方はお食事の際に一緒に飲まれると良いと思います。新鮮なシーフードと美味しいワイン、まさに美食の国です。



Dan


 




まとめ



ヨーロッパでも人気のリゾート地ということで、ポールヴァンドルは本当に良い所でした。食べ物が美味しいというのはやはりポイントが高いと思います。もちろん景色も日本では見ることのでいないヨーロッパのリゾート地の風景で、日常を忘れるにはとても良い場所です。


 


『絶景も食事も最高!リゾート地「ポールヴァンドル」の見どころまとめ』と題してお送りしてまいりましたが、いかがでしたでしょうか?おススメの南仏のリゾート地です。それでは、良い旅を!



thierry llansades

2015年1月14日

written

by tabisapo


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop