現在17271個の困ったを解決できます!

2015月3月9日更新

就活成功者が行ったSPI対策まとめ

3990 views

 SPI対策って具体的に何をすればよいのですか?(大学3年・男性)



SPIとはリクルートキャリアが運営しているマークシート方式の総合適正試験のことです。
Synthetic Personality Inventoryの省略語で、
受講者個人の総合的な職務能力や、仕事への適性を試験によって測るのです。

試験は、インターネット経由で、自宅からパソコンから受講する形式と
テスト会場にいってパソコンで受講する形式があります。

コンピューターにより採点されるため、時間も短縮できるので、
多くの応募者の選考おこなう企業にとっては、非常に効率的な選考テストなのです。

またSPIのテスト結果は、客観的な評価基準としても信頼ができるもので、
中途採用の際にはSPIの結果を、そのまま入社後の配属の参考にする企業も多いくらいです。

今日はそのSPI試験の概要と、
内定を勝ち取った就活生が、実際に行なっていたSPI対策を解説させて頂きます。

どんな試験?



大学卒業者向けのSPIは能力検査と性格検査の2つで構成されております。

「能力検査」は語彙・文法・長文読解などの言語問題、
そして計算・数学の非言語問題で構成されます。

「性格検査」は行動的側面(行動力、社交性)、意欲的側面(やる気、活力)、
職務適応性(どんな職種に適しているか)などの性格的な特徴が診断されます。

実施時間は、能力検査:約35分、性格検査:約30分となっております。

(参考:株式会社リクルートキャリア http://www.spi.recruit.co.jp/

対策1「能力検査」 練習、練習、そして練習



まず非常に設問数が多い試験です。
時間も限られているので適切な時間配分ができるように、
練習問題で充分に慣れておくことが大切です。

あらかじめ充分に慣れておくことで、余裕を持って試験に臨むことができるでしょう。
設問自体は中学生レベルの基礎的な内容です。
しかし、多くの就活生が問題の解き方を忘れていると思います。

その「解き方」思い出すための、設問練習を充分におこなって本番に望んでください。

対策2「性格検査」 自分に正直に



特に性格検査は非常に精巧にできています。
どのように精巧かというと、あなた自身の性格が明確にでるような検査になっているのです。

たとえ「自分をよく見せようとする回答」をおこなっても、
それが容易に見分けられるような設問構成の仕組みになっているのです。

結果、自分を偽って、よく見せようとする貴方の性格が露呈されることになるのです。

つまりSPIの性格検査は試験対策をおこなえば、
点数があがるという性質のものではないのです。

なぜなら、性格検査は数多くの実証試験に基づいた、
「人間の基本的な思考能力や理解力」を測る設問内容になっているからです。

つまり、今まで生きてきた中で形成された、あなたの性格的な部分を検査するテストなのです。
就活生の皆さんが、学生時代に行なってきたような試験対策で点数があがるという性質のものではないのです。

つまり、小手先の対策というのは存在しないのです。
ただ自分に正直に答えることが唯一の検査対策といえるでしょう。

最後に



人事採用担当が面接でうけた印象とSPIの結果は、ほぼ一致しています。
それぐらいこのSPIというのは優れた検査なのです。

しかし、就活生の皆さまは何も恐れる必要はありません。
「能力検査」はとにかく練習してください。
「性格検査」はとにかく正直に回答してください。

そしてSPIを突破して、是非、志望企業からの内定を勝ち取ってください。

2015年3月9日

written

by yamatetsu


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

就活・キャリア記事ランキング

pagetop