現在17271個の困ったを解決できます!

2015月1月30日更新

【イオニア海の至宝】ギリシャ人が大好きな「コルフ島」

515 views

はじめに



真っ青な太陽と青く透明度の高い海、そして建物の白…。いつの時代、どんな民族もこの3つが嫌いな人はなかなかいないと思います。想像するだけでわくわくしてしまう、そんな光景です。欧米諸国の人々は、景色の輝く夏の時期には長いバカンスを取り、たっぷりの太陽と海を楽しむ人が多いと言われています。そのため、海辺のリゾート地はどこも人がいっぱい!特に、ヨーロッパから近い所にある地中海周辺には人が溢れんばかりに集まります。


 


日本から行くには時間も費用もかかってしまうため、メジャーな渡航先には入らないであろう地中海に浮かぶ島々…今回はその中の1つをご紹介してまいりたいと思います。地中海の海域の1つであるイオニア海に浮かぶ、ギリシャ人が住みたい島No.1に選ばれたこともある大人気の島、「コルフ島」です。題して『【イオニア海の至宝】ギリシャ人が大好きな「コルフ島」』。それでは、どうぞ!



Kurt Bauschardt


 



ギリシャ人が住みたい島No.1!?コルフ島へ行ってみよう



まずはコルフ島の基本的な情報をご紹介してまいりましょう。コルフ島はギリシャの島であり、地中海の海域の1つであるイオニア海の北東部に位置しています。ギリシャ語では「ケルキラ島」と呼ばれ、その名前は日本人にはあまり馴染はありませんが、ヨーロッパでは大人気の高級リゾート地として有名です。ギリシャ以外の国が治めていた過去もあるため、ギリシャとヨーロッパの文化が入り混じって独特の雰囲気が漂っている、そんな島です。


 


日本からコルフ島まで行くには、まずはギリシャまで行く必要があります。日本からギリシャまでは直行便が就航していないので、第3国を経由して行くことになります。経由地にはヨーロッパやアジア、中東などがあり、就航している航空会社も多いため、出発時間や料金なども様々であり、個人個人の条件に合ったお好みのものを探すことができるでしょう。参考までに、ヨーロッパの主要都市を経由した場合は約14~17時間程のフライト時間となります。


 


アテネからコルフ島までは国内線が就航しており、それに乗ってしまえば約1時間でコルフ島へ到着します。それ以外にもアテネからバスが出ており、バスとフェリーを使っての上陸も可能です。アテネからコルフ島の対岸にあるイグメニッツァまでバスで約8時間、そしてイグメニッツァからコルフ島まではフェリーで約1時間半と計9時間半程かかりますが、お値段は安いです。しかし、飛行機はシーズンによって値段が大きく変わりますのでチェックは必須です。



Robert Pittman


 



イオニア海の至宝とも呼ばれる美しい島



「イオニア海の至宝」、「ギリシャ人が住みたい島No.1」とも言われる大人気のコルフ島。人気の高級リゾート地というだけあり、シーズン中は多くの人々で賑わっています。先程も少し触れましたが、ただ海が綺麗なだけではなく、ギリシャ以外の国が治めていた過去から、ギリシャとヨーロッパの文化が入り混じって独特の雰囲気漂わせている、そんな島です。


 


リゾートと言えば海!と言うことで、最初の絶景ポイントはやはり海でしょう。コルフ島はイオニア海に浮かぶ島ですが、このイオニア海の透明度はとても高いことで有名です。ですので、コルフ島の海はとにかく綺麗!透明度が高く、ビーチでは海底がとてもクリアーに見えます。地中海の眩しい太陽を浴びて海面がキラキラと光る様子は絶景と言ってよいでしょう。イタリアやクロアチアからも近く、この美しい海を求めて、ギリシャ国内のみならずその周辺の国々からもバカンスの時期には観光客が集まります。


 


先程から何度も触れている、コルフ島の持つ独特な雰囲気についてですが、こちらは街を歩くとよくわかると思います。ギリシャのみならず、イタリア、フランス、トルコなどの国々の影響を受けた街並みが今なお残されており、そしてその様々な国の街並みが入り混じりつつも上手に調和しているからです。この街並みはヨーロッパの他のリゾート地ではなかなか見ることができない景色のため、こちらも必見です。


 


この島で特筆すべき点として他には、ギリシャで唯一のアジア美術館があることが挙げられます。ここには日本の浮世絵師である写楽の肉筆画が世界で初めて発見され、所蔵されています。肉筆画以外にも1万点を超えるとも言われている東洋美術品も所蔵されており。コルフ島を訪れた際には是非訪れて頂きたい場所です。


 


また、コルフ島の中心都市であるケルキラ近郊の岬にはカノニと呼ばれる場所があり、こちらからは海を一望できます。高台のため、そこからの景色はとても美しく、絶景と言って良いでしょう。カノニのちょうど向かいに位置するネズミ島はホメロスの叙事詩「オデュッセイア」にも登場する有名な島であり、コルフ島のランドマークである教会があります。



Maria Rosaria Sannino


 




まとめ



コルフ島は大人気のリゾート地として有名なだけあり、とても風光明媚な島です。日本人にとっては馴染が薄い場所のため、日本人観光客に出会うことはほとんどありません。実際、筆者が行った時は誰にも会いませんでした。ギリシャ本土では多くの日本人観光客に出会ったのですが、不思議なものです。


 


海の他にも独特の雰囲気を持つ街並み、そして高台からの眺め…小さい島ではありますが、見どころの多い島となっています。日本から行くには少し時間も費用もかかってしまいますが、是非訪れて頂きたい、そんな島です。また、写楽の肉筆画は日本人としては必ず見ておきたい物でもありますので、訪れた際には是非アジア美術館へ足を運んで頂きたいと思います。それでは、良い旅を!



Aris Tsagaridis

2015年1月30日

written

by tabisapo


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop