現在17271個の困ったを解決できます!

2015月1月30日更新

メキシコの絶景レジャーを楽しめる「イスラ・ムヘーレス」の徹底ガイド

1734 views

スペイン語で「女たちの島」という意味のイスラ・ムヘーレスは、カンクンの沖合い10kmほどにある長さ7.5km、幅0.7kmの細長い島です。カンクンからは定期船で30分程。カンクンから気軽に行ける島だけに、日帰りツアーもたくさん揃っています。


 


ツアーで行くのも良し、気ままに行くのも良し、イスラ・ムヘーレスで数日を過ごすのも良し。自分に合った旅を楽しめるのもイスラ・ムヘーレスの魅力です。


 



photo by mystuart


 



カンクンからの行き方と島内の回り方



ツアーだとカンクンからの往復フェリーも含まれていますが、ツアー利用でない場合、カンクンからウルトラマール社が出している定期船を利用するのが便利です。プエルト・フアレス、プラヤ・トルトゥーガス、エル・エンバルカデーロ、プラヤ・カラコルからそれぞれ出発しますが、便数が一番多く、早朝&深夜まで船が発着するのはプエルト・フアレスです。


 


詳しくはウルトラマール社のサイトでご確認下さい。サイトから予約も可能です。



photo by David Stanley


 


南北に長いイスラ・ムヘーレスですが、港は北西に位置しています。ノースビーチなら徒歩でも行けますが、プンタ・スールその他へはゴルフカートのレンタルが便利。港周辺にはレンタルゴルフカートのお店が何件もありますので、料金を比較することも可能です。レンタルには日本の運転免許証が必要です。



photo by David Stanley


 



プラヤ・ノルテ



ダウンタウンの北に位置し、波の穏やかなココスビーチがあるのがここ。小さなビーチですが、遠浅で透明な水がどこまでもどこまでも続いています。天気が良ければカンクンの北に細長く伸びるイスラ・ブランカが水平線に見えるかも。近くにはレストラン、バー、ホテルなどもあり、のんびりと一日をここで過ごすのも楽しいですよ。


 



photo by Dolan Halbrook


 



プンタ・スール



細長いイスラ・ムヘーレスの北部は遠浅のビーチですが、南部は岩場の崖地となっており、イグアナの岬とも呼ばれるほどたくさんのイグアナが気持ち良さそうに日光浴しています。この岬は海抜20mと島内で最も標高が高い絶景ポイントで南にはカンクンのホテル街が見えます。メキシコでキューバの最西端サン・アントニオ岬に一番近いのもここで約196kmの距離になります。


 


またここには世界23人の作品が展示されている彫刻公園(有料)、マヤの愛と子宝と月の女神イシュチェルの像が見つかった遺跡も残されています。



photo by Robert Pittman


 




水中美術館(MUSA



2010年11月に海洋と珊瑚礁の保護を目的としてオープンした水中博物館。現在はジェーソン・テイラーら6人の彫刻家による500体の作品が海中に展示されており、ダイビングやシュノーケリングで見ることができます。自然の海中に展示されているので、彫像の間を魚達が泳ぎまわっていたりもしますよ。


 


展示場は2つあり、マンチョーネスは深さ8mとダイビング、シュノーケリングのいずれにも適していますが、ニスクの方は深さ4m、シュノーケリング向けとなっています。彫像は美術品としてのみならず、海洋生物の生息を促すためのものでもあります。


 


Webサイト http://musacancun.org/ (英語・スペイン語)



photo by Scuba Catalog


 



ジョイスキー(JOYSXEE)



マカシュ湖に浮かぶ、ゴミとなったペットボトルを使って作られた人工の浮島。現在はペットボトル15万本で25m×35mの大きさですが、この島の主であるリシャート・ソーワはまだまだ大きくする計画を持っているのだとか。この島にあるものは家を含めて皆不用品を利用して作られたもので、まさしくイスラ・ムヘーレスの夢の島。


 


リシャートが在宅ならば、ボートにて訪問することが可能です。入場料代わりに50ペソの寄付金が必要。ボート代別途。


 



photo by Emmanuelle Bourgue


 



ウミガメファーム



ウミガメの保護施設。観光用のきれいな施設ではありませんが、卵の保護、孵化、飼育、放流の他、病気の亀のケアも行っています。珊瑚礁に生息し、絶滅の危機にあるタイマイも見られるかもしれません。亀以外の海洋生物もいます。入場料は施設の維持に使われます。


 



photo by Be Alman


 




ガラフォン珊瑚礁公園とドルフィン・ディスカバリー



ガラフォン珊瑚礁公園とドルフィン・ディスカバリーは姉妹施設で、どちから一つだけ、または両方利用することも可能です。


 


カンクンからガラフォン珊瑚礁公園へ行くツアーもありますが、現地でももちろんチケットの購入可。ガラフォン珊瑚礁公園ではシュノーケリング、カヤック、海の上を渡るジップラインを楽しんだり、プールやジャクジーやハンモックでのんびりしたり、プンタスールへぶらりと歩いて行くこともできます。レンタル自転車でここから島内の探検に行くことも可能。


 


ドルフィン・スイミングのできるドルフィン・ディスカバリーは小さなお子様から大人まで、誰でも楽しめるところです。イルカだけではなく、マナティを見られるプログラムなんてのもありますよ。


 


カンクンからの往復ツアーはガラフォン珊瑚礁公園またはドルフィン・ディスカバリーのサイトから予約できます。


 



photo by Dolphin Discovery


 


カンクンよりもゆっくりとした時の流れるこの島は、小さいながらも魅力がぎっしりと詰まった楽園です。カンクンで数日滞在するのなら、是非一度は訪れてみてくださいね。

2015年1月30日

written

by tabisapo


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop