現在17271個の困ったを解決できます!

2015月1月31日更新

お店がクローズする日も!インドの祝日一覧

369 views

インドには、独自の祝日があります。


年によって日にちが変わる祝日もありますが、ここでは2015年の祝日を紹介します。


 



1月26日 共和国記念日




Ramesh Lalwani


インドで最も重要な国家の祝日とされている共和国憲法発布記念日です。


この日はインド各地で祭典が開かれます。


最も盛大なのは首都デリーで、軍隊の行進や、インド各州から集まってきた


民族衣装の代表団たちが趣向を凝らした山車を引くパレードを繰り広げます。


ラクダのキャラバンや、飾り付けられた象なども登場し、


世界各地から集まった観光客を楽しませます。


 



3月6日 ホーリー




VasenkaPhotography


もともとは豊作祈願のお祭りでしたが、各地の悪魔払いの伝説などが混ざって現在の形になりました。


ホーリー祭の特徴は色粉や色水の掛け合いで、カシミール地方の伝承でこの日に


人家に押し入ってくる悪鬼を追い払うため泥や汚物を投げつけたのが始まりと


されています。


祭りの前週から繁華街では色粉などを販売する露店が多数出ます。


祭りが始まると、友人知人はもとより通りかかった見知らぬ人にも色粉を塗りつけたり、色水を掛け合ったりします。


 



3月28日 ラーム生誕日



 



4月2日 マハーヴィーラ生誕日



 



4月3日 グッド・フライデー



 聖金曜日



5月4日 仏陀生誕日



 



7月18日 ラマダーン・イード



 イスラム教断食明け祭り



8月15日 独立記念日



 



9月5日 クリシュナ生誕日



 



9月17日 ガネーシュ・フェスティバル




PraveenaSridhar


ヒンドゥ教の神「ガネーシュ」のお祭りで、インドのマハラシュトラ州を中心に11日間行われます。


 


フェスティバルの時には大きな仮の寺院を作り、そこに神体のガネーシャの象を飾ります。


フェスティバル初日、ガネーシュの像を近くの大きな寺院に連れて行き目隠しをして


自分の寺院に持ち帰ります。個人でも、小さなガネーシュの像を買い求め、目隠しして自宅に持ち帰ります。


 


 


ガネーシュの像は飾り付けられた山車の上に座り、


大きな太鼓を中心とした音楽隊が先導するなか地域を練り歩きながら自分の寺院に戻ります。


 


このとき、先導隊は爆竹を大量に炸裂させながら、ガネーシュの先を


洗浄します。夜になって目隠しが取り除かれます。


 


その後、毎晩のように音楽や太鼓隊などのイベントが続きます。


最終日、ガネーシュの像は川に持っていかれ、


人々から取り除いた障害と共に川に流されます。


 


 


大きなガネーシュの像は流されることなく、一緒に飾られていた小さな像や、大きな像につけられていた飾りが川に流されます。


 



9月25日 イード・ウル・ズハー



イスラム教謝肉祭


 



10月2日 マハトマ・ガンジー生誕日



 



10月22日 ダシャハラー



ヒンドゥ教の祭りのひとつで、10日間行われます。


秋の始まりを祝う祭りで、秋まきの小麦の予祝を含みます。


また、家業で使う道具の供養をする仕事納め・仕事始めの要素も含みます。


 



10月24日 ムハラム



アラビア語において「禁じられた」という意味の「ハルマ」に由来しており


この月の間における争いごとは宗教的に禁じられています。


 



10月27日 ヴァールミーキ生誕日



 



11月11日 ディワリ



ヒンドゥ教の新年のお祝いです。


 



11月25日 グル・ナーナク生誕日



 



12月24日 モハメッド生誕日



 




12月25日 クリスマス



 


以上が2015年の祝日です。


ところどころ、説明文を入れました。


お祭りなどは盛大なものもあるので、もしこの期間に滞在する機会がありましたらぜひ


参加してみてください。

2015年1月31日

written

by tabisapo


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop