現在17271個の困ったを解決できます!

2015月10月7日更新

ホノルル国際空港を始めとするハワイの空港ガイド

129 views

ハワイは島国です。ハワイ州の州都はホノルルですが、離島への交通手段は船または飛行機です。




今回はハワイ州の交通手段である空港、そして空港までの交通手段を紹介しましょう。


ハワイの路線のことは、インターアイランドと呼ばれ、主要な交通手段としています。




航空会社



出典:Larry Coker




◯ハワイアン航空


◯アイランド・エアー


◯モクレレ航空




あとは、デルタ航空とユナイテッド航空はハワイアン航空とコードシェアしています。




国際空港


では、国際線のある飛行場を紹介しましょう。




◯ホノルル国際空港(オアフ島)


太平洋地域のハブ空港として、そして24時間空港として、ハワイの玄関口になっています。




◯コナ国際空港(ハワイ島)


小さい空港の為、タラップを使った乗客の乗り降りがされています。北アメリカ方面への渡航には便利な空港です。





出典:jennafu



◯ヒロ国際空港(ハワイ島)


国際空港ですが、定期便もそれほどある訳ではありません。





国内線


国内線だけの空港も紹介しましょう。




◯カフルイ空港(マウイ島)


◯リフイ空港(カウアイ島)




空港を使うのは離島に渡航しない場合は、大抵2回ほどです。入国時と帰国時ですね。空港までの交通手段を少し紹介しましょう。




タクシー


入国の際は、空港出口にタクシーが待機していますが、帰国の際、空港に向かう際には、ホテルまたはコンドミニアムにはタクシーが待機していない事もあります。


事前に予約しておく事も大切です。




ホノルル国際空港利用の際、ホノルルのホテル、またはコンドミニアムからはおよそ$40ほどですが、(もちろんチップも払いましょう!)時間によっては、出発時間の2時間前に出発する際、交通渋滞の時間にかぶってしまうかもしれません。




すこし早くから行動する事をおすすめします。




エアーポートシャトル


出発前日までの予約をおすすめします。




各ホテル、またはコンドミニアムを回るので、40分ほどで空港に着くのですが、時間に余裕を持ってシャトルの予約をした方が良いでしょう。


交通渋滞に巻き込まれない様にです。3時間前がいいようですよ。




大人片道$8ですが、往復お願いすると往復$13です。


荷物は2つまで無料ですが、ゴルフバックやサーフィンは$2から$5かかります。前もってお金を用意しておきましょう。




ザ・バス



出典:Wilson Hum



滞在中には便利なバスですが、帰国時にはスーツケースなど荷物が大きくなかなか大変です。


膝に乗せれる程度の大きさでなければ嫌がられます。




所要時間は40から60分ほどで、空港に着くので、荷物がある際はタクシーの方がベストです。




その他にも、代理店で渡航前に予約する乗り合いバスの方が、一番便利かとおもいますよ。滞在中にドタバタせずにすみますからね。




出入国の際、またはネイバーアイランドへの乗り継ぎの際の使用も前もって、交通の便を調べておくとすんなり楽しい旅行になるでしょう。


億劫にならずに、事前の準備で楽しい旅にしてくださいね。

2015年10月7日

written

by tabisapo


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

海外・留学記事ランキング

pagetop