現在17272個の困ったを解決できます!

2015月10月7日更新

海外旅行初心者必見!ホテル毎の使用料、リゾートフィーについて

357 views

この頃良く聞く様になった、リゾートフィーとはどんなものでしょうか?


よく聞く、観光税や宿泊税というものと一緒なのでしょうか?疑問にはいっぱいです。


そこで、今回はリゾードフィーがどのようなものか、またどのようにそのお金を払う必要があるかを紹介しましょう。


ホテルによってはリゾートフィー、エネルギーサーチャージ、観光税、宿泊税、ホテル税、客室税等が別途かかる場合もあるのですが、どれも、地域差やホテルによっても違います。







リゾートフィー


リゾートフィーは簡単に言えば、宿泊料とは違う、サービス料金のような追加料金のことです。


ホテルによっては、客室からの現地の市内通話、高速インターネットサービス、客室に置いてあるコーヒーや紅茶のサービス、毎朝の新聞のサービス、レンタカーなどの駐車場、フィットネスセンターが宿泊者に無料で使う事が可能になるという利点もあります。


地域や、ホテルによっては、クリーニングフィーなどと名前が違ったりもします。


ホテルのチェックアウト時に請求されますので、問題も多々あるようですが、ホテル予約時にフィーがあるか、聞くのも忘れない様にしましょう。





出典:Salah Maraashi




例えば、イタリアのミラノなら、1泊€1から€5かかり、2週間以上の滞在では免除されます。


ハワイでは1日$10から$35ほど、払わなくてはいけないホテルもあります。


アメリカ・ラスベガスでは1日$10から$25です。







出典:Eli Goren




2008 年頃から世界中のホテルで始まったリゾートフィーの制度ですが、まだまだ広がって行くでしょう。


宿泊費を安くして、リゾートフィーでサービス料を賄う所も あるようです。


格安でもリゾートフィーがいくら払わなければいけないかは、予約時にホテルの公式ホームページ、または代理店で聞いておく事もしておきま しょう。




観光税


観光税は、宿泊税、出入国税、ホテル税、リゾートフィーなどに置き換えて、観光客から国または地域などによって決められた税金です。


観光が盛んな地域ほど重要視する傾向があります。




宿泊税


観光の盛んな土地ほど、宿泊税はかかってきます。


なんと、ホテルのグレードが高いほど、宿泊税は高くなるとの事ですよ。


宿泊日数、宿泊期間でもお金は変わってきますよ。





出典:Loves_To_Travel




どうでしょうか。


リゾートフィーのような税もいろいろありますが、観光税や、宿泊税の様に、観光を地方の第一収入にするような観 光地では、その税金を施設整備のお金しているところもあります。


リゾートフィーは反対という人も居るかも知れませんが、むしろリゾートフィーがないようなところは、サービスなどに不安が生じるかもしれないです。


どちらがいいか、選ぶのは旅行者です。


格安旅行で宿泊するときは、リゾートフィーがないところも良いかも知れませんが、せっかくのバケーションであれば、前もってリゾートフィーを調べておくと現地で追加料金を払う際の戸惑いもなく、楽しい旅になると思いますよ!







2015年10月7日

written

by tabisapo


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

海外・留学記事ランキング

pagetop