現在17271個の困ったを解決できます!

2015月10月7日更新

Airbnbの使い方基本ガイド【初心者向け】

10533 views

Airbnbと書いてエアービーエンビーと読みます。




旅好き、新しいモノ好きの方はご存じかもしれません。


2008年にサンフランシスコでたった一部屋からはじまり、あっという間に世界190カ国、3万都市以上に広がったこのサービス。




日本語サイトも充実して、日本では新しいビジネスとしても人気が高まっています。いったいどんなサービスなのでしょう?





公式サイトはこちら




airbnbのキホン


 AirbnbのbnbはBed and Breakfastのこと。民宿のような位置付けです。




世界中の人がユニークな宿泊施設をネットや携帯で掲載・発見・予約できる信頼のコミュニティー・マーケットプレイスです。アパートで1泊、お城で1週間、ヴィラで1か月―どんなご要望でもAirbnbにお任せください。公式サイトより。



そう、一般人がホストとなり空き部屋を宿泊施設としてネットに掲載。旅行者は場所や施設のタイプ、値段などで物件を選んで宿泊できるというしくみ。




物件は都会のアパート、自宅の一室、コンドなどのリゾート物件、実際にお城の登録は600以上もあります。


さらにはボートやゲル、テントやツリーハウスまでと実にバラエティ豊か。ホテル滞在では飽き足らない人や、地元の人との交流を楽しみたい旅行者に受けています。





Heather and Mike




Airbnbの使い方


サービスの利用にはまず、ユーザー登録をしなければなりません。部屋を提供する側はホスト、旅行者はゲストと呼ばれます。両者の信頼があって成り立つサービスですので、身元の確認は厳格です。




どちらも公式の身分証明書の提出を求められ、またオプションで利用中のSNS(フェイスブックなど)との連動も推奨されます。




ここではゲストとしての使い方を説明します。


ゲストとして登録を完了したら、まずは旅先の地名で検索。


地図と物件の写真・価格のリストが隣り合わせで表示されて選びやすいレイアウトになっています。




物件のタイプは3つあり、個室、シェアルーム、まるまる貸切り となっています。


個室は、ホストの自宅の空き部屋を提供。朝食が付いていることが多く、まさにベッド&ブレックファスト。ホストや他のゲストとの交流が楽しめます。




シェアルームは、1室に他のゲストまたはホストと宿泊。友達に泊めてもらう感覚です。


プライベートはありませんが、わいわいやりたい人にはおススメ。




まるまる貸切りとはその名の通り、ホストも在住しておらず、カギを預かって物件を借りるという形。家族や仲間との旅行には便利な物件です。


各物件のリスティングはとても詳しく、また利用者のレビュー(日本語に翻訳可)も参考になります。しっかり読んでお気に入りの物件をみつけましょう。





Phil Campbell




予約と支払い


借りたい物件が決まったらカレンダーから日程を決めます。まるまる貸切りタイプには「最低宿泊日数」の設定があるものが多いので注意が必要です。物件や周辺について質問がある場合はホストに連絡をクリックし、メッセージのやりとりもできます。




予約には予約をリクエスト今すぐ予約の2種類が設定されています。




予約をリクエストでは、ゲストがリクエストを送信すると、Airbnbへ支払い手続きをします。ホストは24時間以内にゲストのプロフィールなどを見てから予約の承認ができるしくみで、ホスト側の承認後に決済が行われます。




また今すぐ予約は、予約の承認が不要ですぐに支払、決済が行われます。ホストとの直接のお金のやり取りは一切ないので安心ですね。


支払い後には、領収書と予約の詳細がメールで送られてきます。あとはホストと連絡を取りながら旅行を楽しむだけです。





旅行中に便利なアプリ


旅行中に便利なのがAirbnbのアプリ




ホストとのメッセージのやりとりや、予約の変更やキャンセル、万が一のトラブルの相談などに使えます。


次の旅行は今までと違った体験ができそうですね。サイトを見ているだけでも楽しくなってきます。




でも、知らない人の家に泊まるこのサービス、トラブルはないのでしょうか?


こちらでは、トラブルを防ぐためのヒントを紹介します。

2015年10月7日

written

by tabisapo


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

海外・留学記事ランキング

pagetop