現在17271個の困ったを解決できます!

2015月3月10日更新

雨でもおしゃれを楽しむ!梅雨を乗り切るファッションテク

1217 views

雨の日は着るものに困ります…雨をもろともせずおしゃれするコツを教えてください!(大学1年生・女性)


雨でもおしゃれを楽しむ

© Chepko Danil - Fotolia.com

 

6月に入り、気温が高く本格的に暑い日が増えてきましたね!
6月と言えば「梅雨」を思い浮かべる人も多いのでは?
梅雨に入ると暑さが一旦落ち着くのは良いのですが、
湿気が多くじめじめしていますし、雨で傘を差すのも大変なので
なんとなく嫌なイメージを持っている人も多いはず。

特に、雨の日はどんな服を着ればよいのかわからなくなりますよね。
いつもと変わらない服装で出かけた結果、
足元は濡れるし服も汚れるし、おまけに髪の毛まで湿気で広がり、
一日ブルー気分で過ごした経験は誰にでもあるはず。
しかしこの「梅雨鬱」は、事前の準備や工夫で
乗り切ることができるんです!

天候が悪いからといって約1か月の梅雨の期間を
ブルーな気分で過ごすなんて絶対にもったいないです。
今からでも間に合う、梅雨までに準備しておくべきことを解説します!

 

足元が主役のコーディネートにせよ!




雨の日に一番不快に感じるのは、靴や靴下が濡れることですよね。
よって、レインシューズで雨の日の不快は8割軽減できる
といっても過言ではありません。
ここ最近はレインシューズの普及率が急激に上がり、
価格やデザインもバリエーションも豊富ですよね。

ここで大事になってくるのが、
レインシューズを主役としたコーディネートがきちんと組めているかです。
レインシューズの色やテイストに合う洋服や
ブーツの場合はブーツの丈とバランスの合うボトムを
事前に用意しておきましょう。

またこれからの時期、ロングのレインブーツは暑くてむれてしまう原因になります。
ロングで乗り切ろうとしている人は、
ショートパンツやミニを合わせるなど温度調節を工夫して。
これからレインシューズを買う場合はパンプスタイプがおすすめです。

 

ボトムは汚れにくさと乾きやすさを重視!





雨や泥水で汚れる可能性が高いボトムは、
汚れが目立たないものをチョイスしましょう。
白っぽい色は避けた方が無難。
また、ジーンズなど厚地の素材は
濡れたままだと乾きにくく嫌なにおいを発する危険性が。
薄手の乾きやすいものを選んで。

またパンツの場合は、フルレングスではなく
クロップド(半端丈)を選ぶと裾が汚れにくくなります。

 

速乾性のある羽織りものはマスト





雨で体が濡れると冷えてしまうので、
気温が高くても梅雨時期は羽織ものが必須です。
速乾タイプのカーディガンや、
裏地がなく通気性の良いジャケットを用意しておきましょう。

とはいえ汗をたっぷりかく時期でもあるので、
洗える素材のものを選びましょう!

 

いかがでしたか?
今すぐ梅雨対策に取り掛かり、今月も楽しい1か月にしちゃいましょう!
=================


ライター:Kanako Nagahama(パーソナルカラーアドバイザー)


1988年東京都生まれ。



立教大学卒業後、アパレル会社に勤務。

その傍ら、for*styleファッションビジネススクールにて

パーソナルスタイリスト久野梨沙に師事、


パーソナルカラーの技術を身につけ、現在はカラーアドバイザーとして活動中。



販売の経験を活かし、

パーソナルカラーに基づいたファッションアドバイスを行っている。


ニーズや生活スタイルに合ったリアルクローズの提案を得意とする。

2015年3月10日

written

by forstyle


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

ファッション・美容記事ランキング

pagetop