現在17271個の困ったを解決できます!

2015月3月18日更新

スーパーでも買える!イタリアのお土産にぴったりなパスタ7選

4067 views

イタリアの魅力の1つといえば食文化。


中でもパスタは絶対はずせない、イタリアを代表する食の1つ。


そこで今回は、お土産にぴったりな現地のスーパーでも手軽に購入できるパスタを厳選しました。



タリアテッレ(tagliatelle)



パスタ・ルンゴ(長いパスタ)の1つ、タリアテッレ


卵がふんだんに使われた、きし麺に似た平たいパスタ。


ほうれん草入り、トリュフ入りなど、色とりどりの品揃えが豊富で、お土産としても喜ばれるパスタの1つ。


ゆで時間も短く、調理方法も簡単。


ラグー(ミートソース)などこってりソースから、トマト、きのこ、生クリームソースなどバラエティ豊かなソースに合う万能パスタ。


おすすめは、パッケージも可愛らしく現地の人びとからも人気の定番ブランド、デ・チェッコ。


トスカーナなら猪肉のソース、ローマならカルボナーラなど定番ソースを添えてあげても素敵です。



De Cecco 公式サイト



フジッリ(fusilli)



現地では、たくさんの種類がある、パスタ・コルタ(ショートパスタ)。


その中でも定番の1つ、フジッリ


形が可愛く、ソースとのからみが抜群のちょうどいい歯ごたえも感じられるパスタ。


冷製パスタとして、トマト、モッツアレラチーズ、バジリコでヘルシーに食しても、大人気のジェノバソース(バジリコのソース)に絡めるだけで、美味しく出来上がっちゃう飽きないパスタ。


ぐるぐるとばねのような、インパクト大な形が口に入れるのを楽しくさせてくれます。


おすすめは、ガローファロもしくはボイエッラのフジッリ。


上品なパッケージのパスタに、ジェノバソースのびん詰めを一緒にするのもお洒落です。


 



公式サイト


 



オレッキエッテ(orecchiette)



パスタの生地を親指でくるっとひねって作る、小さな耳という意味の名のショート・パスタ、オレッキエッテ


他のパスタにはない、もちもちっとした食感が魅力的です。


おすすめの調理方法は、オレッキエッテ発祥の地、プーリアでの定番、かぶの芽のソースで。


炒めたにんにくとかぶの芽(ブロッコリーで代替しても)に茹でたオレッキエッテを混ぜるだけ。


クリーミーなソースにも合うパスタです。


おすすめはガローファロ、もしくは定番のバリッラ。


イタリアならではの、他ではなかなか味わえないパスタです。



Barillaitalia


 



パッケリ(paccheri)



イタリア以外ではあまり知られていない、でも現地の人には定番、そして大好きな人が多いパスタ、パッケリ


マカロニを巨大にしたようなパスタで見た目も印象的。


定番の調理方法はトマトソース、ちょっと贅沢に海の幸を加えても。


パッケリの穴にソースが絡み、満足度、食べ応え大のパスタ。


おすすめは、デ・チェッコ、もしくはルンモ。


表面がギザギザになっているのと、ツルツルのとあるので好みで選んでみては。


同じくスーパーで購入できる、イタリア人からも好評の、バリッラのトマト・バジリコソースを添えるのもおすすめです。



公式サイト De Cecco



ピーチ(pici)



トスカーナ州、アレッツォ州の伝統パスタ、ピーチ


うどんのような太いパスタで、食べ応え、噛みごたえが抜群。


調理方法も簡単で、定番ソースはカーチョ・エ・ペーペといってチーズと胡椒で味付けしただけ。


もしくは、ミートソースで。


パスタそのものの歯ごたえ、味を楽しむことができるパスタの1つ。


猪肉のソースと、赤ワインを添えてプレゼントすると、喜ばれること間違いなしです。



Gustavo Pierini



ファルファッレ(farfalle)



ショートパスタの定番の1つ、ファルファッレ


その名のとおり、蝶の形をしたパスタでとってもかわいい。


ファルファッレはあっさりとしたソースに合わせることが多いパスタの一つ。


エビとズッキーニのソースや、冷製パスタとしてミニトマトとバジリコでなどと合わせると美味しく仕上がります。


おすすめは、バリッラ。



公式サイト Barilla



コンキッリエ(conchiglie)



名前からもわかるように、貝の形をしたパスタ、コンキッリエ


とろっと絡むソースには相性抜群のパスタ。


見た目もかわいく、料理をするのが楽しくなります。


トマトソースからクリームソースまで、上級者はラザーニャの生地の代わりにこのパスタを使っちゃいます。


おすすめは、ガローファロのコンキリオーネ(少し大きめのコンキッリエ)。



公式サイト garofalo




番外編



イタリアでもナチュラル志向から、全粒粉パスタ、オーガニックパスタが豊富。


定番ブランドの商品から、各スーパーが作るパスタも上質なパッケージでお土産にもおすすめ。



公式サイトConad


そしてバリラからのシリーズ、子ども用パスタ。


すべてのパスタが子ども用としてミニサイズになっているという可愛さ。


パッケージも一回り小さいのでお土産としても嬉しい一品。



公式サイト Piccolini


イタリアの食文化を代表するパスタ。


多くの種類があり、1つ1つにこだわりが感じられます。


観光客向けの、色とりどりのパスタもかわいくて好まれます。


でも、せっかくなので、現地の人たちが実際に口にする、本当に美味しいパスタをスーパーに探しに行ってみてはいかがでしょうか。


 


 

2015年3月18日

written

by tabisapo


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop