現在17271個の困ったを解決できます!

2015月3月1日更新

アメリカ唯一の宮殿!イオラニ宮殿の歩き方ガイド

1358 views

リゾートアイランドとして人気の高いハワイは、ビーチアクティビティやショッピングなど様々な魅力で何度も足を運ぶリピーターが多い旅行先の1つです。


しかし、このリゾートアイランドにハワイ王国があったことをご存知でしょうか?


アメリカには建国以来王制が存在しなかったため、ホノルルのダウンタウンにあるイオラニ宮殿は、アメリカ国内唯一の王宮として現存する建物で、現在は博物館として宮殿内を見学することができます。


次のハワイ旅行では是非、このアメリカ唯一の宮殿を訪れて、ひとつの民族国家が消失したという現実と歴史にふれてみませんか。


イオラニとは「天国の鳥」という意味です。


きっと今までとは違ったハワイを知ることができると思います。



Lawrence Wong


 



ハワイ王国の歴史とロイヤルファミリー



1750年(1753年説もあり)カメハメハ1世はハワイ島北部にあるコハラのハヴィで生まれ、当時ハワイの島々でいくつもの戦いが繰り広げられていましたが、1795年、このハワイの戦乱を統一しハワイ国として基礎を固める偉業を成し遂げた彼を人々は敬意を表して大王と呼んでいます。


そして地域間の争いがなくなるとカメハメハ1世は当時、捕鯨基地としてまた貿易港として栄えていたマウイ島ラハイナを首都としました。


ハワイ王国の国旗はそのままハワイ州の州旗になっています。


ユニオンジャックが入っているのは、これまでにイギリスに支配されたことはないのですが、当時カメハメハ1世と友人だったジョージ・バンクーバー船長がハワイの島々はイギリスによって守られるべきであると感じ、カメハメハ1世同意のもとにイギリスの旗を揚げました。


イギリスの旗を見ただけで、他国からは攻撃を逃れ島民たちは平和に暮らしていたそうです。


その名残がこの旗になります。



Loren Javier


1845年にカメハメハ3世がオアフ島ホノルルに首都を移しましたが、それ以前にホノルル港はハワイの正面玄関として栄え、政務の実質的な中心はすでにホノルルに移行していました。


首都が移される前の1844年、オアフ島大酋長マタイオ・ケクアナオアによりこの地に建てられた宮殿がイオラニ宮殿の前身であるといえます。


マタイオの妃はカメハメハ大王の娘キナウであり、その子供たちがカメハメハ4世、5世となります。


イオラニ宮殿の周辺の土地の重要性は古代にまでさかのぼります。


それは、この土地が古代からのヘイアウ「礼拝所」であったと考えられていたからです。


そのためこの神聖な場所にカメハメハ3世は、大きな官邸を建てました。


ハワイ王国の紋章にはカメハメハ3世の「大地の生命は正義によって保持される」の言葉が記されています。


これは現在のハワイ州の紋章にも記されています。



Owen and Aki


その後、イオラニ宮殿の向かい側に建つハワイ州最高裁判所は本来カメハメハ5世が宮殿にしようと建てさせたものです。


市内観光でも定番の、カメハメハ大王像の背後にある歴史的な建物です。


しかし、建物が完成する2年前1872年にカメハメハ5世は他界し、結局宮殿として使われることはなく幻の宮殿となりました。


この宮殿の元祖はハワイ語でアリイオラニ・ハレと言われ、「天界に通じる首長の館」という意味があります。



Brian Ferrell


カメハメハ大王の直系で血を引く後継者が途絶え、初めて遠縁であるウィリアム・ルナリロが王に選ばれましたが、わずか1年1ヶ月で亡くなり、再び選挙で1874年にデビッド・カラカウア王が誕生しました。


カラカウア王は、即位してすぐに宮殿を解体し、より大きく現代的な宮殿を1882年に完成させたのが現在のイオラニ宮殿です。


 


1891年、カラカウア王が病気療養で訪れたサンフランシスコで亡くなり、実妹のリリウオカラニが女王となりました。


リリウオカラニ女王が王権を拡張する憲法改正をひそかに進めている計画に、白人勢力がクーデターを起こし1893年に女王はイオラニ宮殿に幽閉され、1894年ハワイ王国は消滅し彼女はハワイ王国最後の国王となったのです。


その後、臨時政府のもと共和制のハワイ共和国となり女王は一市民となりました。


 


1898年アメリカ合衆国の領土ハワイ準州となり、1959年にアメリカ合衆国の50番目の州になりました。


 



イオラニ宮殿の見学には予約が必要



現在、イオラニ宮殿の1階と2階のインテリアなどは細心の注意を払って復元されており、ガイドツアーのために一般に公開されています。


ハワイ王国が消滅した時に宮殿内の備品は、ほとんど無くなってしまい、展示されているものはスタッフが修復や復元し、取り戻して集めたものです。


写真撮影はできますが、フラッシュ、三脚、ビデオ撮影はできません。


大きな荷物はロッカーに預け、床を傷つけないようにシューズカバーを履いて見学をします。


地下1階のギャラリーの見学は予約の必要がありません。



Michelle Lee



ガイドツアー(予約が必要です。)



大人21.75ドル 子供(5~12歳)6ドル (0~4歳)入場不可 


グループ10人以上(1人あたり)16.75ドル


火・水・木 9:00~10:00 金・土 9:00~11:15 15分毎に出発


日本語ガイドは、月~土 11:30~ (20名定員)


ガイドはボランティアでマニュアルなどなく、自分の思いと言葉で案内しています


ガイドの案内によって1時間前後でしょうか、スケジュールは余裕を持ってください。


 



オーディオツアー(予約が必要です。)



大人14.75ドル 子供(5~12歳)6ドル (0~4歳)入場不可


グループ10人以上(1人あたり)11.75ドル


月 9:00~16:00 火・水・木 10:30~16:00 金・土 12:00~16:00 10分毎に出発


オーディオガイドは45分ですが、各自ポイントでオーディオガイドを聞きながら見学するようになります。


こちらも実際には、1時間前後かかるようです。


英語、ハワイ語、フランス語、ドイツ語、日本語、中国語、スペイン語の対応があります。


 



ギャラリーツアー(自由見学)



大人7ドル 子供(5~12歳)3ドル (0~4歳)入場可


月~土 9:30~16:00


時間制限なく自由に見学することができます。


地下ギャラリーでは様々な装飾品の展示のほかに、厨房、食器室、執事やメイド、掃除係など宮殿で働く人の部屋を再現しています。


 


時間、料金など変更になる場合があるため、事前に確認することをおすすめします。


 



予約について




Jshyun


チケットの販売は宮殿敷地内にあるイオラニ兵舎にて月~土の8:00~16:00の間で、電話予約またはオンライン予約が必要です。


 


電話 808-522-0832または808-522-0823


インターネット こちらから


 


どちらも英語での予約となります。


英語が苦手であれば、お泊りのホテルコンシェルジュにお願いしてもOKです。


旅行会社のツアーで参加されていればツアーデスクで予約の代行をしてもらえますね。


ツアー予約時間の15分前には手続きを済ませてください。


チケット購入のほかに、ギフトショップ、トイレがあります。


ツアー中に抜けるわけにはいきません!早めに行ってトイレはここで済ませましょう。


 



宮殿への行き方



レンタカーならダウンタウン方面へ


サウスキングストリートからリケリケストリートに左折して入ると左手に駐車場に入る門があります。宮殿の周りにも駐車場はあり、いずれもコインパーキングです。


25セントコインを多めに用意しておきましょう。


 


ワイキキからザ・バス(2番または13番)で約20分 ハワイ州政府庁舎前下車


帰りは、サウスキング通りのバス停からワイキキ方面へ


 


ワイキキトロリーの乗車券をお持ちなら、レッドライン ハワイ州政府庁舎前下車


帰りは、カメハメハ大王像からワイキキ方面へ


ワイキキトロリーの乗車券は旅行会社のツアーで来ている場合、各社のツアーカードで乗車できる場合もあります。現地係員に確認してみましょう。


 


 



イオラニ宮殿内を歩いてみよう



ツアーは宮殿の裏玄関からスタートします。



1階



 【グランドホール】


1階中央のグランドホールは、まさしく宮殿の玄関ホールです。


1階の公的スペースと2階のプライベートな空間をつなぐ大きな階段はハワイ固有のコアの木でできています。


飾りの部分にもハワイ固有のカマニやクルミの木を使用しており、コア材が使われた現存している階段としては、ハワイでもとても貴重なものです。


 


壁にはハワイ王国の10人の王、王妃の肖像画が飾られており、イギリス、インド、フランスなどから贈られた貴重な花瓶や彫像が展示されています。



Daniel Ramirez


【王座の間】


ホール左手には、イオラニ宮殿で一番栄華を誇った王座の間があります。


深紅の絨毯にカーテン、金色の調度品で装飾されたこの部屋で盛大な舞踏会やパーティーを開き、メリー・モナーク「陽気な君主」と呼ばれたカラカウア王とカピオラニ王妃両陛下が正装でダンスを披露し、王族や作家、芸能人、スポーツマン、外交官などあらゆる方面からゲストを招待し楽しませ、王座の間のラナイでは、ロイヤルハワイアンバンドが生演奏を奏で、その宴は朝まで続いたといわれています。


一方、正式な外交レセプションなどもここで開催され謁見の間としても使用されました。


 


カラカウア王がサンフランシスコで亡くなりハワイに戻った時、この部屋に安置され、


リリウオカラニ女王の裁判もこの部屋で行われました。


正面の王座は当時のオリジナルですが、鮮やかな絨毯はレプリカで一部他の博物館で見つかった部分からオリジナルに忠実な絨毯が作られました。



Joel


【ステートダイニングルーム】


ホール右手には、来客をもてなし公式行事に使われた正餐の間です。


地下の厨房から料理を運ぶためのエレベーターも設置されています。


ウエスタンスタイルの食事でカラカウア王が世界からのゲストを招待したもっとも大切な部屋です。


ハワイの民族料理ではないところがカラカウア王らしいところですね。


一回り大きな王の椅子はゲストと共に位置し、当時の世界の情報をここで収集しました。



Joel


【ブルールーム】


正餐の間の隣にあるのが青の間です。


非公式の歓迎会や、音楽会、正餐の前のティールームとして利用されていました。


ロイヤルブルーで統一された部屋はとても落ち着く雰囲気です。


この部屋には、カラカウア王とリリウオカラニ女王の肖像画が飾られています。



Daniel Ramirez


各部屋には当時交流のあった国々より贈られた調度品や美術品が飾られており、カラカウア王の社交家的な部分がうかがえます。


また各部屋には電気が発明されて間もない当時、電気設備を導入して作った豪華なシャンデリアが特徴です。


これはイギリスのバッキンガム宮殿やアメリカ本土のホワイトハウスより早かったそうです。


これも新しい物に興味のあるカラカウア王らしい趣味でしょう。


 



2階



カラカウア王とカピオラニ王妃のプライベートスペースになります。


【カラカウア王の部屋】


山側の部屋に、カラカウア王の執務室と寝室があります。


執務室には王が集めた本の一部や国際的に交流のあったイギリスの首相の肖像画や外交で訪れた時の日本での写真が展示してあります。


カラカウア王は明治政府最初の国賓で、移民の要請、姪のカイウラニ王女と山階宮の婚姻の要請、ハワイと日本間の海底電線敷設の要請がありましたが、移民以外は実現しませんでした。


また、この執務室には最古といわれる電話機もあります。


王のベッドに掛るハワイ王国紋章のキルトはカラカウア王50歳の誕生日に贈られたレプリカで、スタッフがオリジナルに近いキルトを作り上げ展示しています。



Daniel Ramirez



Matthew Saunders



Daniel Ramirez



Daniel Ramirez


【黄金の間】


海側の部屋は、金色で統一した音楽室でイエロールームとも呼ばれています。


この部屋で作曲や楽器の演奏をして、音楽や歌を楽しみました。


カラカウア王はハワイ州歌「ハワイ・ポノイ」の作詞者として、またリリウオカラニ女王は「アロハ・オエ」の作者、ハワイの天地創世神話「クムリポ」の英語訳者として有名です。


部屋の中央には戴冠式のドレスを身にまとったカピオラニ王妃の肖像画があります。



Spanish Dilettante


 【カピオラニ王妃の寝室】


ワイキキ側にはカラカウア王の妻、カピオラニ王妃の寝室があります。


カラカウア王の部屋と比べると女性らしい可愛い感じがし、マホガニーの家具と赤のカーテンで内装装飾を備えています。


王妃のベッドには、彼女のモットーである「Kulia Ika Nuu」(最善を尽くす)と刻まれたサテンキルトが掛けられています。


また、彼女の2人の姉妹(プーマイケラニ、キノイキ・ケカウリケ)のためのゲストルームも兼ね備えていました。



Daniel Ramirez



Daniel Ramirez


【幽閉の間】


ハワイ王国が消滅した2年後、王制支持派のクーデターが起き、その首謀者と疑われたリリウオカラニ女王は、血を流す戦いを避けるために自ら逮捕され、かつて栄華を極めた王座の間で裁判を受けました。


結果、女王本人の謀反ではありませんでしたが、反乱に加担した罪で5年間の重労働と5000ドルの罰金が課せられ、この2階の部屋に8ヶ月も幽閉されました。


幽閉の間は、なにも装飾の無い家具と殺風景な部屋で、キルトが展示されています。


これは、女王本人が幽閉中に自身のドレスのサテンやシルクの一部、ヘッドバンドを使って作成したものです。


ハワイアンキルトとは違い、当時アメリカ本土で流行ったクレイジーキルトといわれる手法で、言葉通りクレイジーにいろいろな生地をつなぎ合わせ、飾り刺繍で継ぎ目を縫ったものです。


華やかな宮殿の中には、こんな切ない部屋もあるのです。



Jason Raia


 



 宮殿の外も見逃さないで!



見どころは宮殿の外にもあります。


こちらは時間に余裕があったら是非、見ていただきたいポイントです。



イオラニ兵舎



チケット購入のために立ち寄る建物です。


元はカメハメハ5世の警備と儀典を務める兵隊のための兵舎でした。



コロネーションスタンド



カラカウア王とカピオラニ王妃が西欧風の戴冠式を行うために建てたものです。


宣教師によって禁止されていた「フラ」を王は自分の戴冠式に復活させフラは現代まで生き延びることになります。


毎週金曜日12:00~13:00には、伝統あるロイヤルハワイアンバンドの無料コンサートがあります。



Wally Gobetz



王室霊廟跡



イオラニ宮殿東側の門から入り、左側の芝生の中に低い石積の土台と低い鉄柵で囲われた一角が旧王室墓所です。


柵の内側にはハワイでは邪悪な霊を追い払うと信じられている神聖な植物、ティーリーフが植えられています。


 


1865年、カメハメハ4世の時代に、ホノルル港を見下ろすヌウアヌの高台にハワイ王家の霊廟として「ロイヤル・モザリアム」が建設されました。


現在、カメハメハ大王とルナリロ王を除く、ハワイ王国の全君主と主な王族、カメハメハ大王の参謀だったヨーロッパ人を含む53人が眠っています。


 


宮殿敷地内でよく見かける、カプ「KAPU」とは禁止を意味します。


元々、古代からヘイアウ「礼拝所」として宮殿を建てた場所ですが、「神聖な」または「聖体拝領」という神聖さを尊重し、立ち入り禁止より重要で神聖な場所という意味で「KAPU」がマークされます。



Herb Neufeld



Loren Javier



リリウオカラニ女王像



ハワイ州政府ビルの海側正面にビルに向かって立っています。


イオラニ宮殿には背を向けていることになりますが、これは宮殿を守る姿勢だと言う人もいます。


「政変に関して、ハワイ人から罪人を出さない」ことを条件に退位した彼女の左手には、発布できなかった新憲法、アロハ・オエの楽譜、ハワイの天地創世神話クムリポの英語訳の3つを持っています。



Loren Javier



ワシントン・プレイス



リリウオカラニは23歳の時に、中国との交易で財を成したドミニス船長の息子ジョン・ドミニスと結婚しましたが、彼女が即位したわずか7ヶ月後に夫を亡くしました。


1898年8月12日にイオラニ宮殿の国旗が降ろされ、アメリカ合衆国の星条旗があげられた時、王朝関係者は、リリウオカラニ元女王の住居ワシントン・プレイスに集まりひっそりと王朝消滅の日を過ごしたそうです。


ここはドミニス家の私邸でありリリウオカラニが生涯を閉じたことで知られる建物です。


夫のジョン・ドミニスがオアフ島知事を務めていたこともあり、彼女が亡くなった後も長年、州知事公邸として使われていました。



Bentley Smith


 




最後に



ハワイの通り、ホテル、建物の名前にはハワイ王家の人々の名前が多く使われています。


カラカウア通り、リリウオカラニ通り、クヒオ通り、シェラトンプリンセスカイウラニ、クイーンカピオラニホテル等など・・・今でもハワイ王家の人々は愛され、尊敬されているのです。


ご紹介した歴史背景をふまえて是非、アメリカ唯一の宮殿へ足を運んでみてください。


イオラニ宮殿は、ハワイ観光では絶対に外せない貴重な場所です。


イオラニ宮殿公式HP http://www.iolanipalace.org


 


 

2015年3月1日

written

by tabisapo


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop