現在17271個の困ったを解決できます!

2015月3月18日更新

早めの申請を!!ミャンマービザの取り方ガイド

1254 views

ミャンマーに入国するためには、その入国形態により それぞれビザが必要になります。


今回はミャンマービザの種類と申請方法についてご案内します。



Jose  Javier Martin Espartosa



ビザの種類・条件



1、観光ビザ



入国時6ヶ月以上のパスポート残存期間、ビザ捺印用ページが2ページ以上残っていること。


滞在可能期間 : 最長28日間


有効期限    : 3ヶ月


申請料金    : 4,000円


※西日本ビザセンターで申請の場合:上記料金に1,500円の取扱手数料が加算されます。



2、商用ビザ(シングル、マルチプル)



入国時6ヶ月以上(6ヶ月数次の場合:1年以上、12ヶ月数次:1年半以上)のパスポート残存期間、


ビザ捺印用ページが2ページ以上残っていること。


滞在可能期間 : 10週間


有効期限    : 3ヶ月


申請料金    : シングル    5,500円


            6か月数次 13,000円


           12か月数次 25,000円


※西日本ビザセンターで申請の場合:上記料金にシングル2,000円


                        マルチプル3,000円の取扱手数料が 加算されます。



3、入国ビザ(瞑想ビザ・ソーシャルビザ)



入国時6ヶ月以上のパスポート残存期間、ビザ捺印用ページが2ページ以上残っていること。


滞在可能期間 : 4週間


有効期限    : 3ヶ月


申請料金    : 5,500円


※西日本ビザセンターで申請の場合:上記料金に3,000円の取扱手数料が加算されます。



申請に必要な書類



申請書や申請に必要な書類はミャンマー大使館西日本ビザセンター


各ビザ申請要項ページからダウンロード出来ます。



1、観光ビザ



1)観光ビザ申請用紙  1通


  ※参考:サンプル



ミャンマー大使館ホームページ


2)カラー証明写真   1枚 ※背景白の無地


                    6ヶ月以内撮影35mm×45mm


                    記入済み申請用紙に糊付けしてください。


3)パスポート原本


4)職業証明書 ※以下よりいずれか


    ○名刺(オリジナル)


    ○在籍証明書(手書き不可、社判、代表者名要)


    ○休暇証明書(手書き不可、社判、代表者名要)


    ○社員証コピー(写真付きのもの)


    ○源泉徴収書コピー


    ○在学証明書コピー(学生対象)


    ○非課税証明書(主婦、無職者対象)


    ○営業証明書(経営者対象)


    ○会社履歴事項全部証明書(経営者対象)


    ○年金受給通知書コピー(年金受給者対象)


4)ミャンマー滞在中のスケジュール表(出入国フライト・訪問地・滞在ホテル等)


5)高校生以下の方が保護者の同伴なく渡航する場合:保護者の同意書


6)メディア関係者の観光ビザ申請:観光目的の渡航であり、取材活動をしない旨を


                       記した誓約書及び、会社からの休暇証明書



 2、商用ビザ



1)商用ビザ申請用紙  1通


 ※参考:サンプル



ミャンマー大使館ホームページ


2)カラー証明写真   1枚 ※背景白の無地


                    6か月以内撮影35mm×45mm


                    記入済みの申請用紙に糊付けしてください。


3)パスポート原本


4)勤務先からの英文推薦状(Company Recommendation) 1通


    社内での氏名・立場・渡航目的・訪問期間・訪問先会社名又は機関名・


    渡航費用の保証と滞在中ミャンマーの法律を厳守する旨等明記。


    会社レターヘッド用紙を使用。


    代表者が署名し、社印を押す。 :サンプル



 ミャンマー大使館ホームページ


5)ミャンマー受入先企業または団体からの招聘状 1通  :サンプル



ミャンマー大使館ホームページ


6)シングル(一時)商用ビザを1年間に3回以上取得された方は、


  初回6か月有効数次商用ビザを、次回より1年間有効数次商用ビザを申請することが出来ます。


  数次商用ビザの申請には、上記必要書類のほかに  


  MJEV Business Data Form(数次ビザ質問書)-カラー写真添付- が必要になります。



3、入国ビザ



1)商用ビザ申請用紙  1通


2)カラー証明写真   1枚 ※背景白の無地


                    6か月以内撮影35mm×45mm


                    記入済みの申請用紙に糊付けしてください。


3)パスポート原本


4)勤務先からの英文推薦状(Company Recommendation) 1通


    社内での氏名・立場・渡航目的・訪問期間・訪問先会社名又は機関名・


    渡航費用の保証と滞在中ミャンマーの法律を厳守する旨等明記。


    会社レターヘッド用紙を使用。


    代表者が署名し、社印を押す。 


5)ミャンマー受入先団体からの招聘状 1通 


6)留学生は入学許可証・一時帰国中の留学生は再入許可証を提出してください。


7)Meditation Visa:瞑想ビザ申請者はミャンマーの瞑想センターから


  期間・氏名・旅券番号が明記されたサイン入り受入承諾書を提出してください。


  (手書き不可)


8)Social Visit Visa:ソーシャル(ミャンマー人の家族、元ミャンマー人)


    ビザ申請者はミャンマー人配偶者のパスポートコピー、戸籍謄本、


    Request Letter(ミャンマー語で作成) 


    CV form(ミャンマー語で作成、ミャンマー人の写真添付)



申請方法



1、窓口申請



在東京ミャンマー大使館 


 申請時間:月曜~金曜  9:00~12:00


 受領時間:月曜~金曜 15:30~16:30


 ※受領の際に振込み明細書(オリジナル)の提出が必要です。申請書類を提出されたら、早めにお振込みください。


 ※受領は、申請日の翌日以降です。


 


西日本ビザセンター


 申請時間:月曜~金曜  9:30~12:00


 受領時間:月曜~金曜 14:00~15:00


 ※申請時に、必要書類と申請代金・取扱手数料をお持ち下さい。


 ※受領は、申請から『3~5営業日』後となります。


  (現地事情により変わります。現在観光ビザの普通申請の場合、取得まで1週間前後かかっているようです。)



2、郵送申請



在東京ミャンマー大使館


 必要事項を明記した全ての申請書類・パスポート・申請料金を振り込んだ際の領収書(オリジナル)を


 下記住所あてに送付してください。


 


  〒140-0001 東京都品川区北品川4-8-26


   ミャンマー連邦共和国大使館 VISA section


 


 ※返信用封筒:郵便局のレターパックを同封してください。(住所・氏名 明記)


 ※郵送での申請は申請受付日より大使館業務日5日間で返送になります。


 ※書類に不備がある場合は大使館より連絡が有りますので、申請者からの


   電話問い合わせはしないようにしてください。


 


西日本ビザセンター


 必要事項を明記したすべての書類をビザセンター宛に送付してください。


 ※別紙に必ず住所・氏名・電話番号を明記してください。


 


  〒550-0005 大阪市西区西本町1-11-7 エイトビル西本町3F 


   ミャンマー大使館公認西日本ビザセンター


   TEL:06-6536-9002


 


 ※ビザ代・手数料・返送料は書類と同封して現金書留で送付するか、銀行にてお振込みください。


 ※返送料は、窓口受取の場合不要です。


 ※返却の返送は、窓口受取日がビザセンター発送日になります。余裕をもって申請してください。


 ※返送料について:返送をご希望のばあい、 返送料が必要となります。地域によって異なります。


 


   近畿・中国・中部・北陸       940円


   四国・信越・関東・九州地区  1,040円


   東北地区              1,150円


   沖縄地区              1,570円


   北海道地区             1,570円



3、オンライ申請



   2014年9月1日より、ミャンマー連邦共和国のE-VISAが開始されました。


   現在、オンライで申請可能なビザは『観光ビザ』のみになります。


   ミャンマー政府公式ウェブサイト(evisa.moip.gov.mm)へアクセスして確認・申請してください。


   英文のページになります。


   詳しい申請方法は、機会が有れば作成したいと思っています。



4、アライバルビザ申請



   2012年6月1日より、ビジネスビザ・入国ビザがヤンゴン空港で取得可能となっています。


   ※観光ビザは、対象外です。事前に申請・取得をしてください。


 


   【詳細】


    1.パスポート残存期間:入国時6ヶ月以上必要です。


    2.ビジネスビザ     費用:US$50  滞在期間:70日


    3.入国ビザ         費用:US$40  滞在期間:28日


    4.トランジットビザ    費用:US$20  滞在期間:24時間


    5.申請者は、現地からのINVITATION LETTERが必要です。


    6.申請には写真が2枚必要です。(4×6cm:6ヶ月以内に撮影された証明写真)


    7.申請者は、政府によって許可された宿泊先を明記してください。(宿泊先が確定していること)


    8.申請者は、ミャンマーの法律を遵守してください。


    9.事前の許可なく、入域制限地域への立ち入りは出来ません。


   10.入国を拒否された場合、出国元へ自費で戻ることになります。


   11.7歳以下の子供は両親と同じパスポートの場合は、無料となります。


      別のパスポートの場合、親子関係が証明できる書類が必要になります。


   12.ビザ申請書に指定された職業以外の仕事は出来ません。


 


  【注意】


   ○アライバルビザに関しては、情報の徹底が遅れている部分があり、航空会社によってはチェックイン時に


    トラブルになることが有ります。アライバルビザ申請用紙を必ずお持ちください。


   ○到着時申請者多数で入国に時間がかかる場合があります。


   ○アライバルビザは100%入国を保証するものではありません。審査により、入国できない場合もあります。


   ○その他、詳しくは西日本ビザセンターの『アライバルビザ申請要項』をご参照ください。



申請料金支払い方法 



ミャンマー大使館



 支払いは、銀行振込のみとなります。


 ※一度振り込まれた料金は返金されません。よくご確認の上お振込みしてください。


 ※振込先: 大使館公式ホームページをご参照ください。



西日本ビザセンター



 申請時に窓口で支払ってください。


 郵送にて申請の場合は、書類を同封して現金書留での支払い、もしくは銀行振込みも可能です。


 ※振込先: 西日本ビザセンター公式ホームページをご参照ください。



アライバルビザ



 ヤンゴン空港でのビザ申請時にお支払いください。




その他申請について



西日本ビザセンターの記述をかくにんすると、


 


 ○申請書はなるべくパソコンで作成してください。


  各ビザページの申請書をクリックするとダウンロードでき、そのまま打ち込めます。


  打ち込んだものを出力し、パスポートと同じサインを自署してください。


 ○フライトスケジュールが確定していなくてもビザ申請は可能です。


 ○現地事情、大使館事情等により発給が遅れる場合もあります。


 ○査証は3ヶ月間有効です。


 


と、有りますので、渡航が決まれば早めに申請したほうが良いでしょう。

2015年3月18日

written

by tabisapo


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop